買ってよかったキャンプ用品 こちら

ソリッドステークデルタ|スノーピークから新機能を搭載したペグ登場

本ページはプロモーションが含まれています
ソリッドステークデルタ TOP
出典: snow peak

スノーピーク2024 New Productsが発表されたばかりですが、その中で個人的に気になるのが、ソリッドステークが進化した「ソリッドステークデルタ」。

「ペグにこの機能があったら便利だな」という機能を備えたペグです。

それでは、どのような機能を搭載したペグなのか、「ソリッドステークデルタ」の特徴や仕様などを紹介します。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

ソリッドステークデルタ 特徴

ソリッドステークデルタ
出典: snow peak

ソリッドステークから進化した「ソリッドステークデルタ」には、様々な特徴があります。

主な特徴は次の通り。

  • 打ち込みやすくひねると抜きやすい形状
  • 抜く際の負担が軽減
  • 2か所に設けたフック
  • 適正角度が目視確認しやすいデザイン

打ち込みやすく捻ると抜きやすい形状

ソリッドステークデルタ 抜きやすい構造
出典: snow peak

ソリッドステークデルタは、その名の通りに地面に打ち込みやすくかつ、ひねることで抜きやすくなる三角形状(デルタ)を採用しています。

今までのソリッドステークは円形状をしていたため、抜けにくい構造をしており、撤収時も抜けにくいというデメリットがありましたが、三角形状になったことで抜きにくさが軽減されています。

抜く際の負担が軽減

ソリッドステークデルタ 打ちやすいヘッド
出典: snow peak

ハンマーのフックをかける穴が、ソリッドステークはフック側(打ち込まれた際に下側)にありましたが、ソリッドステークデルタはフックと反対側(地面に打ち込まれた際に上側)にあることで、抜く際の負担を軽減しています。

また天面の面積が広く、打ち損じが起きにくい形状をしています。

2か所に設けたフック

ソリッドステークデルタ 抜かずにロープなどが掛けられる
出典: snow peak

2か所に設けたフックが特徴的で、シェルターの設営後でも、インナーテントなどのゴムやロープを上側のフックに引っかけることができるため、ペグの打ち直しが必要ありません

これは本当に便利な機能だと思いました。

適正角度が目視確認しやすいデザイン

ソリッドステークデルタ 適正角度がわかりやすいデザイン
出典: snow peak

ペグを打ち込む際の適正角度である45度が、目でわかりやすい形状にデザインされているのも特徴の一つです。

ソリッドステークデルタ サイズ・仕様・価格など

次に、ソリッドステークデルタのサイズや、仕様・価格を紹介します。

サイズ

ソリッドステークデルタには、4種類のサイズがあります。

  • ソリッドステークデルタ20(200mm)
  • ソリッドステークデルタ30(300mm)
  • ソリッドステークデルタ40(400mm)
  • ソリッドステークデルタ50(500mm)

仕様

スクロールできます
デルタ20デルタ30デルタ40デルタ50
サイズ200mm
(ヘッド部33×9.8mm)​
300mm
(ヘッド部36×13mm)
400mm
(ヘッド部39×15mm)
500mm
(ヘッド部43×17mm)
重量90g196g341g584g
素材スチール(S55C、カチオン黒色電着塗装)
表の都合上、名称のソリッドステークは省いています

価格

ソリッドステークデルタの価格は以下の通り。

  • ソリッドステークデルタ20:¥538(税込)
  • ソリッドステークデルタ30:¥660(税込)
  • ソリッドステークデルタ40:¥1,210(税込)
  • ソリッドステークデルタ50:¥1,650(税込)

あとがき

筆者も以前に、ソリッドステークの20、30、40を所有していましたが、数が多くなるに連れて気になるのが重量。

ソリッドステークデルタも、残念ながら1本あたりの重量がソリッドステークの同じサイズよりも重くなっています。

太くて抜けにくいという安心感がありますが、数十本所有するだけで相当の重量になるため、この形状でチタンのペグが出て欲しいところです。

もちろん、価格は高いでしょうけど…

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ