ZANE-ARTS-ZEKU-M-2

Quotation: 楽天

テント・タープ

【ZEKU-M / ゼクーM】ワンポールのデメリットを解決したシェルター!ZANE ARTS2019新製品

更新日:

この形にやられました!

年末セールの「楽天」で発見した、かっこよくて機能がいいシェルター、しかもワンポールのデメリットを解決したシェルター「ZEKU-M(ゼクーM)/ PS-003

長野で立ち上がった、新しいアウトドアブランド「ZANE ARTS」が、2019年4月に発売予定しているシェルターになります。

早速、詳細を調べてみました。

ZANE ARTSとは?

関連
ZANE-ARTS-ZEKU-M
【ZANE ARTS / ゼインアーツ】2019年人気が出そうなアウトドアブランドです!
スポンサーリンク

ZEKU-M(ゼクーM)/ PS-003

パッと見た目は、ワンポール(モノポール)には見えませんね。

ですが、メインのポールは1つのみになります。

ワンポール(モノポール)の最大のデメリット(ポール付近しか高さが無く、4隅が地面に付いているため高さが低いのが欠点)である、「空間の狭さ」をエクステンションフレームにより大幅に解決したシェルターになります。

これによって、床面積はミドルサイズでありながら、ラージ並みの居住空間を実現下とのことです。

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

使用時サイズ
(最大値)
440×380×H250cm
収納サイズ 記載なし
総重量 11.5kg(内リビングシート1.5kg)
素材 本体:75Dシリコーンポリエステルリップストップ・遮光PU加工(耐水圧1,500mm)
リビングシート:150Dポリエステルオックス・PU加工(耐水圧1,500mm)
センターポール:A6061・φ30mm・全長250cm
エクステンションフレーム:A6061・φ16mm
トライアングルハンガー:ポリプロピレン
Yペグ:ジュラルミン・25cm
Vペグ:ジュラルミン・17cm
3mロープ:ポリプロピレン
1.5mロープ:ポリプロピレン
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース:150Dポリエステルオックス
セット内容 本体×1
リビングシート×1
センターポール×1
エクステンションフレーム×3
トライアングルハンガー×1
Yペグ×6
Vペグ×15
3mロープ×15
1.5mロープ×3
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1
シェルターのため、インナーテントは付属していません。また2018年12月現在、インナーテントの発売予定もありません。

価格

¥76,800+税

2018年12月5日現在

発売予定時期

2019年4月発売予定

2018年12月5日現在

続いて特徴です。

特徴

独特の形状をしている「ZEKU-M(ゼクーM)」には、様々な特徴があります。

ワンポール(モノポール)のデメリットを解消

最大の特徴は、前述もしましたようにワンポール(モノポール)のデメリットを解消したところではないでしょうか。

ワンポール(モノポール)使用したことのある方はご存知かと思いますが、メインポール付近しか高さがないため、どうしてもメインポール付近での活動になってしまいがちなのを、エクステンションフレームにより解消してくれます。

これにうよって、床面積はミドルサイズでありながら、ラージ並みの居住空間を実現するとのことです。

設営が簡単

ビルディングテープが取付けられた4コーナーをペグダウンし、センターポールを入れると自立する設計のため、簡単に設営ができます。

ベースがワンポール(モノポール)テントなので、慣れれば設営時間もかなり短縮できるかと思います。

リビングシートが付属

グランドスタイルで楽しめるように、リビングシートが付属しています。

ZEKU-M(ゼクーM)本体の床は六角形ですが、リビングシートは五角形のため、土間がつくられるので、出入りの際の靴置きや雨具の脱ぎ着に大変便利です。

パネル1面がフルオープンできる

上の画像のように、6面中1面ですがフルオープンすることができるので、風抜けが良くなり、ワンポール(モノポール)のもう一つのデメリットである、夏場の暑さを軽減してくれます。

また土間に当たる部分がフルオープンするため、雨天時の出入りなどが便利になります。

下部ベンチレーター

上部のベンチレーター以外に、下部ベンチレーターを3箇所に備えています。

3箇所もあるため、状況により吸気位置を変えることができ、便利です。

トライアングルハンガー

ランタンなど吊るすために便利なテープハンガーが付属しています。

3本のテープには、上部からボトムにかけて3箇所のポイントがあり、状況に応じた高さにランタンが吊るせるようになっています。

ファブリック(生地)にポリエステルリップストップを採用

生地には、ポリエステルリップストップを採用しており、表面にシリコーン、裏面にポリウレタン(PU)を加工する事で、高いレベルの引裂強度と防水性能を実現しとたとのことです。

一般的に使用されるフッ素加工と異なり、シリコーン加工は生地に浸透する事で引裂強度を格段に高める効果があり、通常のテント・シェルター・タープに使用される素材よりも薄く軽い生地を選択できるため、軽量で高強度の製品に仕上げる事が可能になったとのことです。

2016年から人気の「カマボコテント」は、150Dや210D、耐水圧3000mmのため、意外と低いのかなと思いましたが、耐水圧は50D、75D共に1,500mmに留め、耐水圧(ポリウレタン)加工時の熱による生地劣化を抑え、引裂強度を維持しているとのことです。

スポンサーリンク

あとがき

既に形にノックアウトされたというのに、カラー、仕様、特徴で更に欲しくなってきている自分がいます。

めちゃくちゃどストライクなシェルター「ZEKU-M(ゼクーM)

私以外にもたくさんの方がそう思われているかと思います。

これ絶対に人気出るな…年末ジャンボ当たらないかな…

\ TRY NOW /

おすすめ記事一覧へ

各カテゴリーのおすすめ記事を読んでみませんか?

  • 好日山荘にて、冬のウェア・クリアランス ザ・ファイナル開催中!
    最大50%OFFの商品もあるのでお見逃しなく!
  • eSPORTS にて、在庫限りのスペシャルプライス OUTLET SALE!開催中
  • ナチュラムにて、ogawaの人気定番アイテムが数量限定で販売中!
    ピルツ19 】通常価格¥124,200が、廃盤特価の¥99,800(税込)に!
     是非このチャンスに!
  • キャンプには行きたいけど、キャンプ用品を揃えるまではという方へ…
    キャンプスマイル」で、お得なファミリーセットを一度レンタルしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

Copyright© Yosocam , 2019 All Rights Reserved.