美しい浜辺でキャンプ!屋我地ビーチキャンプ場情報

屋我地ビーチ

沖縄のキャンプといえば、ビーチキャンプを想像される方も多いかと思います。
目の前はビーチで、海水浴シーズンは遊泳もでき、夜は波音を聞きながら眠りにつけるキャンプ場。そんな自然豊かな「屋我地ビーチキャンプ場」をご紹介します。

スポンサーリンク
もくじ

基本情報

沖縄北部、橋で渡れる離島「屋我地島」の入口に位置します。
海水浴シーズンになると海水浴が可能。
海は遠浅で引潮時には向かいの無人島に歩いて行くことができます。
羽地内海と東シナ海に挟まれているため、風が比較的強い。

住所:沖縄県名護市字屋我143番地
電話:0980-52-8123(9:00〜18:00)
料金:1張あたり1,500円(テントとタープだと2張)
   入場料:大人 600円(中学生以上) / 小人 300円(3歳以上)
   駐車料:1台 600円
チェックイン:応相談~17:00 チェックアウト:11:00

沖縄県名護市の屋我地ビーチの【公式】ホームページ | キャンプ場、バンガロー、海水浴
沖縄県名護市の北部、屋我地島にあります屋我地ビーチの公式ホームページです。海水浴、キャンプ場、バンガローなどの宿泊施設もあります。

※2016年6月30日現在です。

サイト

フリーサイトで、車はテントの横に駐車できる。
(GWなど繁忙期は、海向けに縦列して欲しいといわれる場合もあり)

テント等を設置する場所にもよりますが、海に面して設営が可能です。

屋我地ビーチ

木が少なく、ほとんど木陰のないところや

屋我地ビーチ3

木が沢山茂っているところもあり。
地面はほとんど芝で、その下は砂地のため、細めのペグだと抜けやすい。

炭は使用可能ですが、直火・キャンプファイヤー等は禁止。

BBQ機材以外のレンタルは一切無いので、全て持ち込みが必要。

屋我地ビーチ

施設

屋我地ビーチ4

トイレは、入口近くの建物に1ヵ所。
炊事場というところがなく、給水と食器洗いができる箇所が1ヵ所。

別料金にてBBQコンロのレンタル(要予約)はあるが、テントやタープ等のレンタルは無いため、泊まる際は必ず持ち込みが必要。

シャワーは管理棟横にあり、料金を払ってから使用。(温水300円 / 1人)

管理棟で氷、炭の販売はあり。
ジュースの自動販売機が1台あり。

また、バンガローの宿泊施設もあり

アクティビティ

シーカヤック、貸しボートも有り。(要予約)
満潮時前後の限られた時間のみとなります。

また、干潮時には向かいの島まで歩いて行くことができます。

屋我地ビーチ5

時期にもよりますが、もずくが取れることもあります。

買い出し

名護の市街地に「サンエー為又シティ」、「イオン名護店」、「JAおきなわAコープモーレ店」などがあります。Aコープを過ぎると、スーパーはありません。

屋我地島に入る手前にコンビニがあります。

グルメ

あいあい手作りファーム

ゆったりとした時間を過ごしたい場合は、今帰仁の「あいあい手作りファーム」がおすすめ!
廃校になった小学校を利用して営業されています。

あいあいファーム

校庭ではひーじゃー(ヤギ)が飼育されています。
癒されます!

あいあいファーム2

【公式】今帰仁の里 あいあいファーム
校舎、校庭、体育館、学校当時の面影を残しながら、レストラン・直売所・体験教室・手づくり工房を備えた宿泊施設へ生まれ変わりました。

きしもと食堂

美味しい沖縄そばが食べたい時はこちら「きしもと食堂」が個人的にオススメです!

きしもと食堂

まとめ

私が沖縄でキャンプを初めたきっかけのキャンプ場です。

目の前は海で、波音を聞きながら眠ることが出来ます。
景色も綺麗で海水浴シーズンは海水浴もでき、引潮の際は向かいの島まで歩くこともできます。

最近は、古宇利島に行かれる観光客の方の車がかなり増え、道が近いこともあって少々車の音が気になりますが、それを差し引いてもかなりオススメなキャンプ場です。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする