DIYに便利な作業台!BLACK & DECKER ワークメイト225

ワークメイト

DIYをされる際、皆さんは作業台を使用されてますか?

私は今まで使用していなかったのですが、まっすぐに切れない原因の一つだったので、先日紹介しました「ソーガイドF 鋸セット」と一緒に購入しました。

ソーガイドF 鋸セットは手軽にDIYをする方におすすめです!
ソーガイドF 鋸セットは手軽にDIYをする方におすすめです!
DIYをこよなく愛する皆様! 木材を鋸でまっすぐに切れずに、イライラしたことはありませんか?私はDIYをこよなく愛するのですが、それに伴う技...

まだまだ腕は上がっていませんが、材木などを固定することができるため、格段にまっすぐに切れるようになりました。そんな便利なDIY作業台「BLACK & DECKER ワークメイト225」をご紹介します。

スポンサーリンク
もくじ

BLACK & DECKER

ブラックアンドデッカー

BLACK & DECKER」はアメリカ合衆国の電動工具メーカーで、黒とオレンジのカラーリングでホームセンターなどでもよく取扱いの多いメーカーです。

現在インパクトドライバーを所有していますが、購入時他のメーカーよりも少し値段が安かった記憶があります。

今回購入したのも、所有しているインパクトドライバーが使いやすかったのと、アマゾンで作業台のベストセラーになっていたので購入してみました。

ワークメイト225

ワークメイト2

箱を開けると、ほぼ完成されていますが、数ヵ所組み立てる必要があります。
1ヶ所はカナヅチが必要になり、結構硬かった記憶があります。

全て組み立てて完成したのがこちら。

ワークメイト3

影で見にくいですが…(^◇^;)

組み立てると言っても、天板をのせたり手前の天板を動かすための物を組み立てるぐらいなので、1ヶ所が硬いのを除けばすぐに組み立てできます。

脚を折りたたんで使用も可能ですが、

ワークメイト4

脚を広げて使用する方が、高さが上がり踏み台が使用しやすくなるため、力が入りやすく使いやすいです。

ワークメイト5

天板上のストッパーは場所を変更する場合、外して他の穴に入れて移動することができるため、様々な材木などに対応します。

実践

ワークメイト6

実践というほどの物でもありませんが、実際に固定をした場合です。

写真のように横幅がない物は、4つあるストッパーの内2つしか使用ができないため、クランプ等で更に固定した方が、しっかりと固定ができ切りやすいです。

また、横幅がある物に関しては、4つのストッパーで固定ができます。

アイアンフレームラック3

現在まっすぐな材木を切ったり、ヤスリ掛けくらいしか使用していませんが、以前よりかなり作業がスムーズになりました。

実際に切ったのがこちら

IMG_4496

アップじゃないのでわからん(^^;)

まとめ

以前より作業台を購入しようとは思っていましたが、収納場所がなく購入せずに時間が過ぎました。

このワークメイト225は折り畳みができるため、収納場所が少なくて済むと思い購入に至りました。さすがに家の中には置けないので、私は大きめ(70ℓ)のビニール袋を2重にして被せてベランダに放置しています(笑)
※雨風がきつくあたる場合は別の方法を考えた方がいいです。

使用してわかったことは、断然作業効率は上がります!
高さもいい高さで、力が入りやすく固定ができるため、作業がはかどります。

ただ個体差なのかも知れませんが、奥側の天板は奥にスライドさせて前の天板と挟んで固定するのですが、使い方によって(ソーガイドF鋸セットと併用すると)は少々ずれました。
奥側の天板を単体でボルトか何かで固定ができれば、更に使い易いかと思いました。

色々と固定方法があるので、今後更に使用しながら試していきたいと思います。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする