ヴォールト

Quotation: snow peak

テント・タープ

【ヴォールト】スノーピークから遂にトンネル型テントが登場!2018 新製品

更新日:

来年のスノーピークは、今までのスノーピークとは一味違う気がします。

ワンポールシェルターが登場したのも意外だったのですが、なんとスノーピークからもトンネル型テントが遂に登場します!

スペアヘッドPro.L
【スピアヘッド Pro.L 】スノーピークからワンポールシェルターが登場!2018 新製品

価格といい、かなり気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

ヴォールト

名称ヴォールトを調べてみると

アーチを平行に押し出した形状(かまぼこ型)を特徴とする天井様式および建築構造の総称である
via : ウィキペディア

とあります。そのまんまの直球の名前です!でもスノーピークが使うと、なぜだかカッコイイですね(笑)

エントリーラインに属するテントのため、初めてテントを購入される方におすすめな幕となりそうです。

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

使用時サイズ 明記なし
収納サイズ 60×23×23(H)cm
重量 7.65kg
対応人数 4名
材質 本体:75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
テフロン加工、UV加工 
インナーテント:68Dポリエステルタフタ
ボトム:210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
フレーム:A6061(φ13mm)
セット内容 テント本体、フレーム長(×1)、フレーム短(×2)、ジュラルミンペグ(×28)、
自在付ロープ(2.5m×10、3.5m×6) 、リペアパイプ(×1)、キャリーバッグ、
フレームケース、ペグケース
何故だか使用時のサイズが明記されていませんでした。また取り扱い説明書もWebサイトに上がっていなかったため、2017年12月16日現在のところ「明記なし」としています。

価格

¥29,800+税

2017年12月16日現在

発売日

未定

2017年12月16日現在

特徴

ヴォールト2

Quotation: snow peak

本当にシンプルなトンネル型テントです。インナーテントもオーソドックスなタイプで、エントリーモデルというのもうなずけます。

初心者向けのテントとして、アメニティードームと双璧になりそうな感じがしますね!

ヴォールト3

Quotation: snow peak

インナーテントが吊り下げ式のため、取り外せばシェルターとしても利用でき、多様なシーンに対応することができます。

ただ見たところ、エントリーモデルということもあってか、メッシュになる所がなさそうで、夏場は少々暑そうです。

スポンサーリンク

あとがき

スノーピークにしては、比較的求めやすい価格設定ということと、トンネル型テントが現在人気ということもあり、2018年はこのヴォールトも人気が高まりそうな予感がします。

あくまでも予感です(笑)

初めてキャンプにテントを購入しようと思う方に、アメニティードームと一緒におすすめしたくなるようなテントです!

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/c/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88/p/121239

  • 好日山荘にて、冬のウェア・クリアランス ザ・ファイナル開催中!
    最大50%OFFの商品もあるのでお見逃しなく!
  • eSPORTS にて、在庫限りのスペシャルプライス OUTLET SALE!開催中
  • ナチュラムにて、ogawaの人気定番アイテムが数量限定で販売中!
    ピルツ19 】通常価格¥124,200が、廃盤特価の¥99,800(税込)に!
     是非このチャンスに!
  • キャンプには行きたいけど、キャンプ用品を揃えるまではという方へ…
    キャンプスマイル」で、お得なファミリーセットを一度レンタルしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

Copyright© Yosocam , 2019 All Rights Reserved.