コールマン トンネル2ルームハウス 5モデル比較

Quotation: Amazon

比較・まとめ

【コールマン トンネル2ルームハウス】Amazon, アテナ, オリジナルなど5モデルを比較!

投稿日:2018.10.03 更新日:

なんか今更感がありますが、コールマントンネル2ルームハウスが熱いです!

2018年10月現在、コールマンより2018年秋冬モデルの登場により、トンネル2ルームハウスのモデルが5モデルになりました。

購入を予定されている方にとっては、選ぶことができるのはありがたいことですが、何が違うかが気になるのでは?と思い、5モデルを比較してみました。

スポンサーリンク

トンネル2ルームハウス

トンネル2ルームハウス バーガンディ

Quotation: Amazon

コールマンのトンネル2ルームハウスは、2016年秋冬の数量限定アイテムとして登場し、初期予約分が完売したテントになります。

この2016年は、DODのカマボコテントが発売され、トンネル型テント人気に更に火がついた年でもありました。

最初に登場したのが、トンネル2ルームハウス バーガンディ

関連記事
2016年秋冬数量限定 トンネル2ルームハウス(バーガンディ)を調査!

Quotation: Coleman Japan Facebook コールマンの2016秋冬販売アイテムが発表されてからというもの、このトン ...

現在のカラーとは全く違うバーガンディカラーで、ワインレッドより暗く茶色味の強い色とのこと。見た目かなりパンチのあるカラーでしたが、秋のキャンプ特に紅葉の季節によく似合うカラーでした。

2018年10月現在、確認できる5モデルは3カラーがグリーン系のカラーをしています。残りはコールマン インディゴシリーズのデニムカラーとスポーツオーソリティオリジナルモデルのアテナのグレーカラーになります。

5モデルの共通仕様は、テント前方にひさしがあり、メインフレームが4本のトンネル型テントというところです。

早速それ以外の仕様に違いがあるのか、各モデルを調べてみたいと思います。

トンネル2ルームハウス/LDX スタートパッケージ(オリーブ/サンド) 2018秋冬モデル

トンネル2ルームテント オリーブ

Quotation: Amazon

2018年秋冬モデルということから、2016年秋に発売された、トンネル2ルームハウス バーガンディの後継機種と言っていいのかな…と勝手に思っています。

アメリカを代表する大自然 ヨセミテ

キャンパーならだれもが憧れる壮大な景色。

ヨセミテの大地に生い茂る樹木と一面に広がる岩肌の色からインスピレーションを受けたFall & Winter Collection

引用:Coleman

ヨセミテの大地に生い茂る樹木と一面に広がる岩肌の色からインスピレーションを受けたカラーリングになり、オリーブ+サンドカラーになります。

オリーブカラーにサンドカラーがアクセントで入っており、優しい感じのカラーリングに仕上がっています。

仕様

使用時サイズ(約) 660×330×200(h)cm
収納時サイズ(約) 72×31×31cm 
インナーサイズ(約) 300×235×185(h)cm 
重量(約) 16kg
耐水圧(約) 2,000mm(フロア:2,000mm)
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO,)
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:210Dポリエステルオックス
メインポール:アルミ合金、バイザーポール/FRP

価格

¥92,664(税込)

2018年10月3日現在

特徴

テントインナーシートとグランドシートが付属

スタートパッケージというだけあり、標準でテントインナーシートとグランドシートが付属しています。その分価格は他のモデルの本体価格よりも割高になっていますが、初めてテントを購入される方にとってはわかりやすく、迷わないのではないかと思います。

その他の特徴
  • テント前方にひさし(庇)がある。
  • ひさしがあるため、リビングスペースがギリギリまで使用できる。
  • 4本のポールをスリーブに通すだけの簡単設営。
  • 吊り下げ式インナーテントで雨天時の撤収も楽になります。

【Amazon.co.jp限定】トンネル2ルームハウスLDX(オリーブ)

トンネル2ルームテント オリーブ Amazon

Quotation: Amazon

Amazon.co.jp限定モデルで、当然のことながらAmazonのみでの販売になります。

2018年10月3日のAmazonタイムセール祭りでは、特選タイムセール商品として選ばれ、通常Amazonで販売されている価格¥80,000から、約20%OFFの¥63,480になっていました。

ただし、2018年9月のタイムセールでは同じく特選タイムセール商品でしたが、¥74,800だったため特選タイムセールとは言えども、価格は異なるようです。あくまでも参考程度にしておいてください。

個人的には、このモデルのカラーリングが一番好みです!

仕様

使用時サイズ(約) 660×330×200(h)cm
収納時サイズ(約) φ31×72cm
インナーサイズ(約) 300 x 235 x 185(h)cm
重量(約) 16㎏
耐水圧(約) 2,000mm(フロア:2,000mm)
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、
インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、
フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)、
ポール:(メイン)アルミ合金 約φ16mm、(バイザー)アルミ合金 約φ9mm

価格

¥80,000(税込)→¥61,795(2018年10月4日現在)

2018年10月4日現在、販売価格自体が下がったのか、セールで安くなっているのか不明のため、購入時は必ずお確かめください。

特徴

特徴は、先程のコールマン2018秋冬モデル(オリーブ/サンド)とテントインナーシートとグランドシートが付属していないところ以外、変わりはありません。

  • テント前方にひさし(庇)がある。
  • ひさしがあるため、リビングスペースがギリギリまで使用できる。
  • 4本のポールをスリーブに通すだけの簡単設営。
  • 吊り下げ式インナーテントで雨天時の撤収も楽になります。
テントインナーシートとグランドシートは付属していません
関連記事
トンネル2ルームハウス オリーブ Amazon.co.jp限定1
【トンネル2ルームハウスLDX(オリーブ) 】Amazon.co.jp限定カラーが渋くていいかも!

Amazon限定のコールマントンネル2ルームハウスLDX(オリーブ)の仕様やナチュラム限定カラーとの比較です。

続いてナチュラム限定カラーです。

ナチュラム【限定カラー】トンネル2ルームハウス スタートパッケージ

トンネル2ルームテント オリーブ×コヨーテ naturum

Quotation: naturum

2018年5月には、ナチュラム限定カラーのトンネル2ルームハウスが登場しました。

カラーはオリーブ/コヨーテというカラーで、他のモデルのオリーブより少し薄めのような感じがします。

発売当初は価格が¥91,584(税込)だったのが、¥89,800(税込)に変更になっていました。もしかしたら、コールマン2018秋冬モデル(オリーブ/サンド)が発売されたため、価格が下がったのかもしれません。

仕様

使用時サイズ(約) 660×330×200(h)cm
収納時サイズ(約) φ31×72cm
インナーサイズ(約) 300 x 235 x 185(h)cm
重量(約) 15.5kg
耐水圧(約) 2000mm (フロア:2000mm)
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)
ポール:メイン/アルミ合金 約φ16mm、バイザー/FRP 約φ8.5mm

価格

¥89,800(税込)

2018年10月3日現在

特徴

テントインナーシートとグランドシートが付属

こちらもコールマン2018秋冬モデル(オリーブ/サンド)と同じく、スタートパッケージというだけあり、標準でテントインナーシートとグランドシートが付属しています。

その他の特徴

こちらは共通して変わりはありません。

  • テント前方にひさし(庇)がある。
  • ひさしがあるため、リビングスペースがギリギリまで使用できる。
  • 4本のポールをスリーブに通すだけの簡単設営。
  • 吊り下げ式インナーテントで雨天時の撤収も楽になります。
関連記事
トンネル2ルームハウス ナチュラム限定カラー2
【トンネル2ルームハウス】コールマンのトンネル型テントにナチュラム限定カラーが登場!

ナチュラムとコールマンのコラボテント「トンネル2ルームハウス ナチュラム限定カラー」の仕様等をご紹介します。

アテナ トンネル2ルームハウス/LDX 

トンネル2ルームテント  アテナ

Quotation: Amazon

スポーツオーソリティのみで取り扱いのある、アテナ トンネル2ルームハウス/LDX 

画像で見た感じ、ホワイトのような薄いグレーのような感じがしますが、CAMPSITEさんのサイトを覗いてみると、白に近いグレーということがわかります。

他のモデルとは全く違ったカラーで、このカラーもかなり良さげです!

また他のモデルとは全く違うところが数箇所あるモデルで、一番後方のインナーテントの外側に窓(メッシュ)があったり、ルーフフライが付属していたりします。

インナーテントの外側に窓があるテントは意外と少なく、私も以前にかなり探しました。沖縄でキャンプしているため、春から秋まで暑いというのが理由なのですが、最終的に現在のogawaのシュナーベル5に落ち着きました。インナーテントの外側に窓があった方が、夏キャンプが快適になるかと思います。

仕様

使用時サイズ(約) 678×380×200(h)cm
収納時サイズ(約) φ33×78cm
インナーサイズ(約) 360 x 240 x 185(h)cm
重量(約) 20㎏
耐水圧(約) 2,000mm(ルーフフライ:2,000mm)
材質 フライ:75Dポリエステルリップストップ(PU防水、撥水加工)
インナー:68Dポリエステルタフタ
ルーフフライ:210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、撥水加工)
ポール:メイン/アルミ合金 約Φ18.5mm、バイザー/アルミ合金 約Φ9mm

価格

¥89,980(税込)

2018年10月3日現在

特徴

インナーテント外側に窓(メッシュ)がある

先述もしましたように、インナーテント外側(フライ部分)に窓(メッシュ)があるというところが最大の特徴だと思います。

ルーフフライが標準で付属している

雨天時に雨を流してくれたり、直射日光を和らげてくれるルーフフライが標準で付属しています。

全体的に大きい

後ほど比較しますが、他のモデルよりもサイズが大きいです。

その他の特徴

こちらは共通して変わりありません。

  • テント前方にひさし(庇)がある。
  • ひさしがあるため、リビングスペースがギリギリまで使用できる。
  • 4本のポールをスリーブに通すだけの簡単設営。
  • 吊り下げ式インナーテントで雨天時の撤収も楽になります。
テントインナーシートとグランドシートは付属していません

ILトンネル2ルームハウス LDX デニム

トンネル2ルームテント デニム

Quotation: Amazon

かなり斬新なカラーリングのテントで、初めて見たとき、度肝を抜かれた記憶があります。

INDIGO LABEL(インディゴ レーベル)のテントで、一時期はAmazonなどでも販売があったのですが、2018年10月現在は、Colemanオンラインショップ以外で見かけることが少なくなりました。

キャンプサイトで目立つこと間違い無しのテントですね。

仕様

使用時サイズ(約) 660×330×200(h)cm
収納時サイズ(約) 72×31×31cm 
インナーサイズ(約) 300×235×185(h)cm
重量(約) 16kg
耐水圧(約) 2,000mm(ルーフフライ:2,000mm)
材質 フライ:75Dポリエステルタフタ(耐水圧2000㎜、UVPRO)
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:210Dポリエステルオックス
ポール:メイン/アルミ合金

価格

¥86,400(税込)

2018年10月3日現在

特徴

特徴は、先程のコールマン2018秋冬モデル(オリーブ/サンド)とテントインナーシートとグランドシートが付属していないところ以外、変わりはありません。

  • テント前方にひさし(庇)がある。
  • ひさしがあるため、リビングスペースがギリギリまで使用できる。
  • 4本のポールをスリーブに通すだけの簡単設営。
  • 吊り下げ式インナーテントで雨天時の撤収も楽になります。
テントインナーシートとグランドシートは付属していません

公式Colemanオンラインショップ

スポンサーリンク

5モデルを比較!

需要はあるのか?と言われれば、ないかもしれませんが、上記で挙げました5モデルを比較したいと思います。

かなり表が大きくなったので、横にスライドできるかと思います。

  2018秋冬モデル Amazon.co.jpモデル ナチュラム限定モデル アテナ
スポーツオーソリティ
インディゴレーベル
カラー(約) オリーブ/サンド オリーブ オリーブ/コヨーテ 記載なし(グレー) デニム
サイズ(約) 660×330×200(h) cm 660×330×200(h) cm 660×330×200(h) cm 678×380×200(h) cm 660×330×200(h) cm
インナーサイズ(約) 300×235×185(h) cm  300x235x185(h) cm 300x235x185(h)cm 360x240x185(h) cm 300×235×185(h)cm
収納サイズ(約) 72×31×31cm  φ31×72cm φ31×72cm φ33×78cm 72×31×31cm 
重量(約) 16kg 16㎏ 15.5kg 20㎏ 16kg
インナーマット
グランドシート付属
インナーテント外窓
ルーフフライ
素材 フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO,)
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:210Dポリエステルオックス
メインポール:アルミ合金、バイザーポール/FRP
フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、
インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、
フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)、
ポール:(メイン)アルミ合金 約φ16mm、(バイザー)アルミ合金 約φ9mm
フライ:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)
ポール:メイン/アルミ合金 約φ16mm、バイザー/FRP 約φ8.5mm
フライ:75Dポリエステルリップストップ(PU防水、撥水加工)
インナー:68Dポリエステルタフタ
ルーフフライ:210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、撥水加工)
ポール:メイン/アルミ合金 約Φ18.5mm、バイザー/アルミ合金 約Φ9mm
フライ:75Dポリエステルタフタ(耐水圧2000㎜、UVPRO)
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:210Dポリエステルオックス
ポール:メイン/アルミ合金
価格 ¥92,664(税込) ¥80,000(税込) ¥89,800(税込) ¥89,980(税込) ¥86,400(税込)

表からわかるように、スポーツオーソリティで販売されている「アテナ トンネル2ルームハウス/LDX 」は、他のモデルと比べると、サイズが全く異なります。

またフライの素材が、他のモデルがポリエステルタフタを使用しているのに対して、ポリエステルリップストップを採用してます。

リップストップとは?
裂け目を止めるため. 格子状に糸が織り込りこまれた生地

また、メインポールが他のモデルよりも太いです。(2018秋冬、インディゴレーベルは、重量からφ16mmと推測)

以上のことから、スポーツオーソリティで販売されている「アテナ トンネル2ルームハウス/LDX 」は、名称はトンネル2ルームハウスといえども全く違う仕様だということがわかります。

カラーは好みに分かれるため何とも言えませんが、仕様だけで見てみると「アテナ トンネル2ルームハウス/LDX」が、かなり良さげな感じがしました。

個人的には、インナーテント外側の窓(メッシュ)が一番気に入っています!

あとがき

個人的な意見だと、アテナ トンネル2ルームハウス/LDXに、Aamazon.co.jp限定カラー(オリーブ)が出ればいいのにと思います。まずありえないと思いますが…(^^;)

ご購入時の参考にされば幸いです。

長文を最後までお読みいただきありがとうございます。

  • スポーツオーソリティにて、【トレッキング応援フェア】開催中!
    購入点数に応じて最大30%OFFに!
    期間:2018年12月24日まで icon
  • 使っていない登山用品や、キャンプ・アウトドア用品をマウンテンシティ で、無料査定してみませんか?
    今なら買取強化アイテム・ブランドの買取金額が20%UPのキャンペーン実施中!
    期間:2018年11月末まで

スポンサーリンク

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-比較・まとめ

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.