【2024年】フラットバーナーテーブル10選 こちら

【トゥーガ】スノーピークよりちょうどいい広さの2ルームシェルター登場

本ページはプロモーションが含まれています
トゥーガ TOP
出典: snow peak

2022年年末に発表のあった「スノーピーク2023 New Products」で気になるシェルター「トゥーガ (Tuga)」が遂に登場です。

「軽量化」と「少人数で快適に使える、ちょうどいい広さ」が欲しいと言う、ユーザーの声から生まれた2ルームシェルター。

どんな2ルームシェルターなのか、「トゥーガ(Tuga)」を紹介します。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

トゥーガ (Tuga) の特徴

トゥーガ3
出典: snow peak

トゥーガの主な特徴は、以下の通りです。

  • 4名以下にちょうどいい広さ
  • 軽量化
  • 快適な居住性
  • 遮光ピグメントPU加工
  • オールシーズン対応

4名以下にちょうどいい広さ

トゥーガ2
出典: snow peak
トゥーガ インナーテント
出典: snow peak

ユーザーの声から生まれた2ルームシェルター「トゥーガ」の課題の一つ「少人数で快適に使える、ちょうどいい広さ」を実現しました。

インナーテントは吊り下げ式で、別売のスノーピーク「キャンピングマット2.5w」を最大4枚まで収容可能の広さ。

デュオキャンプや、夫婦2人と子ども1~2人でのファミリーキャンプに最適な広さです。

軽量化

トゥーガ5
出典: snow peak
トゥーガ7
出典: snow peak

今までの前後のフレーム構造を見直して、前方にはバイザーフレームを用いることでフレームの全体量を減らし、軽量化を実現しています。

サイドからの画像を見るとわかりますが、前方のフレーム「バイザーフレーム」には、CフレームのようにAフレームと交差後の脚が見当たらないことがわかります。

快適な居住性

トゥーガ8
出典: snow peak
トゥーガ6
出典: snow peak

不動の人気を誇る大型の2ルームシェルター「ランドロック」を踏襲した天井の高さやメッシュパネルだけでなく、両サイドのフレームの立ち上がりの角度や、前後のフレームの高さを調整して、室内空間の有効面積の広さを最大化させることで、快適な居住性を追求しています。

遮光ピグメントPU加工

トゥーガ3
出典: snow peak
トゥーガ4
出典: snow peak

夏の暑さ対策として遮光ピグメントPU加工が施されており、生地を通す光を軽減。

体感温度を低くしています。

オールシーズン対応

トゥーガ1
出典: snow peak

フルクローズはもちろんのこと、本体裾には冷気や風の侵入を軽減してくれるスカートを装備しているため、オールシーズン対応となっています。

トゥーガ (Tuga) の仕様と価格

次にトゥーガの仕様や価格を紹介します。

仕様

トゥーガ スペック
出典: snow peak
サイズ(最大値)595×380×225(内寸215)cm
インナーサイズ(最大値)220×340/305×185cm
収納サイズ(キャリーバッグ)75×32×35cm
重量18.3kg
材質本体ルーフ部:75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工、
本体ウォール部:75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工
インナーウォール:68Dポリエステルタフタ
ボトム:210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
セット内容本体、インナールーム、リッジポール、Aフレーム(×2)、
センターフレーム(×2)、Cフレーム、バイザーフレーム、
ジュラルミンペグ(×25)、自在付ロープ(3.5m×6、2m×6、1.5m×2)、
セーフティーベルト、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース

価格

¥184,000(税込)

2023年9月16日現在

トゥーガ (Tuga) あとがき

非常に魅力的な2ルームシェルターだと思います。

ただ価格が高額なため、スノーピーカーの方以外はなかなか手が出せないシェルターだと感じました。

シェルター自体は非常に良さそうなため、2ルームシェルターをお考えの方は、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ歴10年のキャンパー。キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップやWebストアなどのセール情報などを紹介しています。ソトシル公式メディア。

タップできるもくじ