trangia トランギア ケトル0.6ℓ TR-325!焚火缶 M にスタッキングできて超便利

ケトル3

先日購入した「焚火缶 M/L セット」と一緒に「トランギア ケトル0.6ℓ TR-325」を購入しました。そう!このケトルは焚火缶 M にスタッキングできて超便利なんです!

ソロキャンプ用のクッカーとしてDUG (ダグ) 焚火缶 M/L セットを購入
ソロキャンプ用のクッカーとしてDUG (ダグ) 焚火缶 M/L セットを購入
ソロキャンプ用のテントを購入もしていないのに、続々とソロキャンプ用のギアを揃え始めているごーじぃです。ソロキャンプでも食事は必ず取るので、簡...

持ってらっしゃる方も多いかと思いますが、今回は「トランギア ケトル0.6ℓ TR-325」をご紹介します。

スポンサーリンク
もくじ

trangia トランギア ケトル0.6ℓ TR-325

ケトル

昨年キャンプでも美味しいコーヒーが飲みたくて、HARIO の「コーヒードリップケトルヴォーノ」を購入したばかりですが、トランギア ケトル0.6ℓ TR-325を購入したのには理由があります。

HARIO コーヒードリップケトルヴォーノ!アウトドアコーヒーで至福のひと時を…
HARIO コーヒードリップケトルヴォーノ!アウトドアコーヒーで至福のひと時を…
自然の中で飲むコーヒーは、家や仕事場で飲むコーヒーより一段と美味しく感じませんか?キャンプで美味しいコーヒーが飲みたくて購入した書籍や道具をご紹介します。

購入した理由

HARIO の「コーヒードリップケトルヴォーノ」を購入してからというもの、毎回キャンプにいく際に持って行っていたのですが、注ぎ口が長いためどうしてもかさ張るのでなんとかしたいなと思うようになってきました。

そこで、キャンプに必ず持って行くユニフレーム「 fan 5 duo 」の鍋でコーヒーを入れようかとも思いましたが、やっぱり鍋だと一気にお湯がコーヒーにかかってしまうため美味しいコーヒーを淹れることができません。

ユニフレーム fan5duo はデュオキャンプにおすすめです!
ユニフレーム fan5duo はデュオキャンプにおすすめです!
焚き火、BBQにはユニフレーム「ファイアグリル」をオススメしましたが、その同じユニフレームの「fan 5 duo」はデュオキャンプにおすすめ...

そこで同じくユニフレームの「山ケトル 700」の購入を検討しましたが、注ぎ口がどうもしっくりこないため色々と探していたところ、注ぎ口の気に入るケトルを発見!

それが、このトランギア ケトル0.6ℓ TR-325でした。

仕様

ケトル2

  • サイズ:内径13.5cm×高さ7.5cm 厚さ0.9mm
  • 表面加工:なし
  • 素材:アルミニウム
  • 満水容量:660ml

Made in SWEDENなんですね。また、輸入販売元はイワタニ・プリムス株式会社。

外観

ケトル5

こうして見ると普通のケトル(ヤカン)に見えます。

…が、比較対象物を入れるとこんな感じに…

ケトル6

まいどの比較対象物、コープのただの炭酸水500ml

率直に言いますと、思っていたより小さく感じました(^^;)

本当に600mlも入るのかと…
見た感じ居酒屋で泡盛(焼酎)の一合〜二合を頼んだら出てきそうな感じの大きさです。

人間の目って不思議なもんですね(笑)

内部

ケトル4

内部っていい方もなんですが、ケトルの中です。
キズもあったりと焚火缶同様、かなり雑な作りになっていました。

アウトドアで使う物なので、そんなに気にはなりません。

続いてスタッキングに関してですが…

焚火缶 M にスタッキング

購入した最大の理由と言っても過言ではないでしょう。先日購入した「焚火缶 M 」にスタッキングができるんです。

…というか、トランギア ケトル0.6ℓ TR-325 を先に購入しようと思い、これをスタッキングできるクッカーを探して購入したということです。

焚火缶 S に入れば、「焚火缶 3点セット」の購入も考えたのですが、数値でいくとMサイズ以上でないと入らないため、「焚火缶 M/L セット」を購入しました。なので、物理的にスタッキングできるはずなのですが、実際にスタッキングするまで入らなかったらどうしようと少々冷や冷やしていました(^^;)

ケトル7

無事に焚火缶 M にスタッキングすることができました。

ただ思っていたよりも、隙間があきました。スタッキングは難しいですね。

ケトル8

もう少しスタッキングがわかり易い写真を貼ってみました。こちらを見てもわかるように、トランギア ケトル0.6ℓ TR-325の持ち手を曲げても隙間があいているため、車での移動中に中でカラカラとぶつからないかなと…

…ということで、焚火缶を包んでいたビニールでケトルを包むことにしました。

ケトル9

案外いい感じになったかなと思います。

まだ実際にこの状態で車で移動していないため、音が鳴るか微妙ですがとりあえずこの状態で移動してみようと思います。

ソロキャンプ用のクッカーとしてDUG (ダグ) 焚火缶 M/L セットを購入
ソロキャンプ用のクッカーとしてDUG (ダグ) 焚火缶 M/L セットを購入
ソロキャンプ用のテントを購入もしていないのに、続々とソロキャンプ用のギアを揃え始めているごーじぃです。ソロキャンプでも食事は必ず取るので、簡...

まとめ

軽くて、コンパクトで、焚火缶にスタッキングできるところなど超便利だと思います。価格も手頃なため、躊躇することなく購入することができました。

まだ実践で使用していないので、焚火缶とともに早くキャンプに投入したいものです。

コンパクトなケトルを探されている方は、候補の一つに入れてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする