メスティンを購入する理由とは?キャンプ用品最強のクッカーかも!

tr-210-top

ソロキャンプへ行くにあたり、様々なクッカーやマグカップを調べましたが、最終的に炊飯だけでなく様々な調理に使えるトランギアのメスティンがいいと思い、購入しました。

先日実際にキャンプで使用してみて、多くのキャンパーの方が、メスティンを購入する理由がわかった気がします。

メスティン・エスビットで初炊飯!ソロキャンプ@又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
メスティン・エスビットで初炊飯!ソロキャンプ@又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
先日沖縄北部の東村にある、又吉コーヒーファーム(旧沖縄かぐや姫)へソロキャンプへ行ってきました!晴れてましたが、意外と寒い思いを体験…
スポンサーリンク
もくじ

メスティン

tr-210

トランギアのメスティンは、昔からある黒っぽい色で真ん中辺りが凹んでいる日本の飯ごうとは違い、取手付きアルミ製飯ごうで小物入れにも便利です。熱伝導率の高いアルミ製のため、熱が全体に回り、アルコールバーナーでもごはんが大変美味しく炊けるという代物。

大きさは2種類あり、メスティン(約1.8合)とラージメスティン(約3.5合)と区別されています。スウェーデン製でイワタニプリムスが日本の代理店を行なっています。

仕様

tr-210-2

メスティン(TR-210)
  • 重量:150g
  • サイズ:17×9.5×6.2cm
  • 容量:750mℓ
  • 材質:アルミ製(無垢)
  • 炊はんの目安:約1.8合まで
ラージメスティン(TR-209)
  • 重量:270g
  • サイズ:20.7×13.5×7cm
  • 容量:1350mℓ
  • 材質:アルミ製(無垢)
  • 炊はんの目安:約3.5合まで

同梱物

tr-210-3

メスティンのフタを開けると中に紙で包まれたものが入っています。

tr-210-4

中身は取っ手で、メスティンに装着します。

バリ取り

tr-210-7

メスティンのフチを触るとわかるのですが、フチがかなりギザギザしており、最悪の場合指が切れそうになるため、バリ取りが必要になります。

tr-210-6

私はスポンジのヤスリと、紙ヤスリを購入してバリ取りを行ないました。

バリ取りを行なったあと、アルミ臭さを除くためにシーズニングをされる方も多いのですが、私は気にならなかったのでシーズニングは行なっていません。

キャンプ用品最強のクッカーの理由

キャンプ用品最強のクッカーかもしれないと思ったのには理由があるのですが、その理由を並べてみました。

私の所有する、メスティン(TR-210)での感想です

1. コンパクト

tr-210-5

まずはコンパクトなところです。

17×9.5×6.2cmという、サイズからしてもわかりますようにコンパクトです。

tr-210-13

手の小さな私の手のひらからは出ますが、こんな感じにかなりコンパクトです。

更にわかりやすいように、比較対象物を入れるとこんな感じです。

tr-210-16

余計わかりづらいですね(笑)

わかりやすいよう、iPhone6sを乗せてみるとこんな感じのサイズ

tr-210-18

iPhone6sを少し大きくした感じのサイズになります。
もちろん厚さは6.2cmありますが…

2. エスビットやミニ焚き火台が収納できる

次にメスティンの中にエスビットやミニ焚き火台を収納することができるため、かさ張らずに済みます。

tr-210-14

まずは、エスビットから。難なくスムーズに収納ができ、空きスペースがかなりあります。

下にはシュウマイなどを蒸す時に使用する「長バットアミ 18型」を敷いた状態でも入ります。

tr-210-15

またfam付録のミニ焚き火台も入るので、今期発売のSOTOのミニ焚き火台 テトラも収納することができます。

tr-210-12

ただ両方ともすす等の汚れが少し気になるので、私はエスビット用に購入したケースに入れて収納しています。

tr-210-19

また、エスビットに某100均のジェル燃料を2つ入れケースに収納してメスティンに入れ、空いたスペースに2つ、「長バットアミ 18型」の下に2つ入れ、更にケースの上にも2つ入れると、合計8つのジェル燃料を入れることができます。

先日行ったキャンプでは、8つのジェル燃料で夕食(シュウマイ、炊飯、おかず、みそ汁)と、朝食(パスタ、ベーコンエッグ)、コーヒーを作ることができたので、1泊2日ならこのくらいの個数で済むかもしれません。

人数や気温、料理の内容によって使用するジェル燃料の個数は変わります。

3. 半自動で炊飯ができる

メーカーでは炊飯目安が約1.8合とありますが、ソロキャンプなどでは1合の米をエスビットなどで固形燃料を使用して、半自動で炊かれている方が多いです。

私も先日のキャンプで、米1合を半自動で炊いてみました。

メスティン 炊飯

まずは米1合を洗い、メスティンのリベット真ん中まで水を入れ、30分程水にさらしておきます。

あとは、エスビットにジェル燃料を置いて火をつけるだけで、ジェル燃料が消えてから約10分ほど蒸らします。

tr-210-10

これだけで私は焦げ付かずに炊飯ができました。

4. 様々な調理に使える

メスティンは炊飯だけでなく、様々な調理に使えます。

例えば定番のシュウマイ!

tr-210-9

これも他メーカーで別売だけど定番の「長バットアミ 18型」を底に置き、水を入れクッキングペーパーを敷いて今回はエビシュウマイを乗せてフタをして蒸しました。

この場合もジェル燃料が消えるまで放ったらかしにしていましたが、上手く蒸すことができました。

tr-210-11

それ以外にもナポリタンなどのパスタ料理や炊き込みご飯、シチュー、極めつけはパウンドケーキをメスティンで焼いたりとこれ一つで何でもできてしまいます。

鍛錬は必要でしょうが…

あとがき

以上の理由からメスティンはオールマイティーに料理ができ、かつコンパクトで収納性もあるため、キャンプ用品最強のクッカーなのかもしれないと思いました。

どうりで皆さんがメスティンを購入する理由(わけ)だ!

今後使い倒して、色々な料理をしてみたいと思います。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする