モンベルのサンダードームはソロキャンプにおすすめのテントです

thunder-dome

Quotationモンベル

最近、ソロキャンプに行きたくなってきたごーじぃです。
まだ行くとは決めた訳ではありませんが、行くとなったら一人でシュナーベル5は淋しいため、ソロ用テントが必要になってきます。

シュナーベル5初張り!設営が簡単で驚きです!
シュナーベル5初張り!設営が簡単で驚きです!
昨年末のキャンパルジャパンの価格改定により、2015年12月21日(月)以降、98,000円(税別)だったシュナーベル5の価格が、一気に...

ソロ用テントと言っても、様々な種類があるのでどうしても迷ってしまいます。
購入前に悩んだらええやん!って言う話ですが、優柔普段な性格なので直前だとかなり迷うだろうということで、下調べも兼ねて今後ソロ用テントを探していきたいと思っています。

スポンサーリンク
もくじ

モンベル(mont-bell)

モンベルは、“Light & Fast”“Function is Beauty”をコンセプトにテント、バックパック、寝袋、登山靴、レインウェア等各種アウトドア商品を扱う日本のアウトドア総合メーカー

どちらかといえばファミリーキャンプ向けではなく、トレッキングや登山関連のギアを取り扱うメーカーで、そのようなところからソロ向きな商品が多いと思われます。

実際にテントは持っていませんが、トレッキング用に購入したTシャツや半ズボン等は撥水性がよく、キャンプや日常でも使用している好みのメーカーです。

沖縄にも実店舗もあることだし…

サンダードーム

thunder-dome2

Quotationモンベル

広々とした室内空間と抜群の通気性を実現した3シーズン対応のテントです。独自のH型フレーム構造を採用し、側面をほぼ垂直に立ち上げることで、圧迫感を軽減しました。

この側面をほぼ垂直に立ち上げるというところに、かなりの魅力を感じました。

また、インナーがほぼメッシュというところも、魅力の一つです。

仕様(素材)

  • 本体:20デニール・ナイロン・メッシュ [難燃加工]
  • フライシート:40デニール・ナイロン・リップストップ  [耐水圧1,500mmウレタン・コーティング・難燃加工]
  • フロア:70デニール・ナイロン・タフタ [耐水圧2,000mmウレタン・コーティング・難燃加工]
  • ポール:7001超々ジュラルミン [アルマイト酸化皮膜加工]
  • ポール径 メインポール:Φ9.0mm サブポール:Φ10.2mm

サイズ

1型と2型があり、幅と長さが微妙に異なります。

1型

サイズ:100×220×(h)115cm
収納サイズ:約Φ15.5×約36cm(本体)、約Φ7×約44cm(ポールバッグ)
重量:1.96kg(2.24kg) ※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量。

2型

サイズ:130×230×(h)115cm
収納サイズ:約Φ16.5×約37cm(本体)、約Φ7×約47cm(ポールバッグ)
重量:2.23kg(2.51kg) ※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量。

その他

本体とフライシート前後ベンチレーターにより抜群の通気性を備えている。

全てのポールがショックコードで一体となっているため、素早く設営・撤収が可能。

まとめ

収納時は本体とポールが分かれますが、かなり軽量でコンパクトに収納が可能です。
また、インナーテントがほぼメッシュになり、通気性も良さそうです。

暑い時期のキャンプにタープの下に張ればインナーテントだけでも良さそうです。
(プライベート感は全くありませんが…)

価格も1型が¥37,152(税込)で、2型が¥39,528(税込)なので、個人的に手が届きそうな感じです。

今後も気になるソロ用テントを探していきたいと思います。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする