キャンプにおすすめ!軽くてコンパクトなコーヒードリッパー!Tetra Drip(テトラドリップ)

Tetra Drip 02S

先日の沖縄県北部の東村にある又吉コーヒー園のソロキャンプで初めて使用した MUNIEQ の「Tetra Drip 02S」が、めちゃくちゃ薄くて軽く、コンパクトなコーヒードリッパーなのでご紹介します。

持ち運びもかなり便利ですよ!

スポンサーリンク
もくじ

Tetra Drip 02S / MUNIEQ

見たことある!という方も多いかと思います。

必要な機能を突き詰めていくと、その物はシンプルになる。シンプルな物は収納性に優れる。

ミニマルな機能をもつアウトドア・旅用品を、ユニークなデザインで実現し、アウトドア・旅ライフの新たな選択肢を提案します。

見たものを引きつけるコーヒードリッパー「Tetra Drip 02S」は、MUNIEQ より発売されています。

munieq

仕様

Tetra Drip 02S-2

  • サイズ:132 x 90 x 0.9mm
  • 容量:3.5cup
  • 重量:40g
  • 素材:ステンレス鋼

組み立て

Tetra Drip 02S-3

パッと見ため、これがコーヒードリッパーになるとは思いもよりませんよね!

組み立て方法は、上記写真だと上部斜めになっているところの突起を、下部斜めの凹んでいるところに入れて三角形になるように組み立てます。

多分わかりにくいので、動画をご覧下さい。

最終的に組み上がるとこんな感じになります。

Tetra Drip 02S-4

Tetra Drip 02S-5

何とも言えないかっこよさです!

ドリップ

Tetra Drip 02S-6

実際に先日のキャンプで使用しましたが、いい感じにドリップできました。

Tetra Drip 推奨のペーパーフィルターは円錐型のフィルターになります。

うちは自宅でハリオのドリッパーを使用しているため、円錐型のフィルターを使用しているので切らすことはないのですが、出先で円錐型フィルターが手に入らない時など、比較的手に入りやすい台形型のペーパーフィルターをTetra Drip用に改造する方法が MUNIEQ のブログで紹介されています。

munieq

こんな方法があるとは、便利ですね。

あとがき

私が購入した「Tetra Drip 02S」は、家族で飲めるよう3.5カップ分入れることが出来ますが、1.5カップの「Tetra Drip 01S」や、カラーバリエーションのある「Tetra Drip 01P」もあります。また、レザーケース付きの「Tetra Drip 02SL」という商品も発売されています。

個人的にはかなりおすすめの商品です!

気になられる方は、覗かれてみてはいかがでしょうか。

Tetra Drip 02Sで美味しいコーヒーを入れてみませんか?

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする