tenki.jp の豪雨レーダーは雨天のキャンプ設営・撤収時におすすめです

tenki

雨天のキャンプ時は、幕を設営・撤収するタイミングってなかなか難しいですよね。
そんな際は、iPhoneアプリ「tenki.jp」の豪雨レーダーがかなり便利なのでご紹介します!

※この記事では、iPhoneアプリ「tenki.jp」の豪雨レーダーを使って説明をしています。
※AndroidアプリやWebでも見ることができますが、使用方法は異なる場合があります。ご了承下さい。

スポンサーリンク
もくじ

tenki.jp

今まで様々なiPhoneの天気アプリを使用してきましたが、似たり寄ったりのアプリばかりでした。そんなアプリの時間ごとの予報は1時間単位で、結構な確率で外していました。

しかし、このtenki.jpアプリの豪雨レーダーは凄いです!

何が凄いかというと、かなりの精度で雨が降るのを予想し的中させます。

使用方法

まず、iPhoneのApp Storeより、iPhoneに「tenki.jp」のアプリをインストールします。

次にアプリを起動させます。※ここでは最初の設定等は省きます。

tenki2

次に左下の豪雨レーダーをタップすると、豪雨レーダーが起動します。

まず白地図の画面が出てきます。
アプリで位置情報を許可していれば、現在地が表示されます。

tenki3

右上の「カラー・写真」をタップすることで地図が変わりますが、雨の移り行きを見るのはこの白地図が一番見やすいです。

下のバーを動かすかをタップすると、雨の移り行きが表示されます。

左上の時間は、過去の時間〜現在〜予報と雨の移り行きが時間軸で見ることができます。
単位は10分で、細かく見れるので使いやすいです。

また、予報が変更された場合はすぐに更新されるため、高確率で雨が降るのを知ることができます。

まとめ

camp-rainy

シュナーベル5を張りに行った5月末はすでに梅雨入りをしていた沖縄。撤去日の朝は晴れていましたが、雨が降ったりやんだりで、幕を撤収するタイミングを見計らっていました。

そんな時に、たまたまインストールしていた iPhoneアプリ「tenki.jp」の豪雨レーダーを使用したところ、予報通りに雨が一旦上がっても30分後にまた雨が降るのを予想したりとなかなかの精度で、最終的には幕を乾燥させて撤収することができました。

このアプリを利用しなければ、雨の中撤収をしていたと思うので、大変助かりました。
アウトドアにもってこいのアプリだと思います。

iPhoneを使われている方に是非オススメします!
※AndroidアプリやWebでも見ることができますが、使用方法は異なる場合があります。ご了承下さい。

tenki.jp
豪雨レーダーでは、気象庁の高解像度降水ナウキャストを利用し、詳細な雨雲の実況と予報を確認できます。過去1時間から目先30分後までは250m解像度、40分から60分先までは1km解像度で、局地的な豪雨も正確に捉えます。
スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする