テント・タープ

テンゲル コンパクト|ノマディカ×テンマクのコラボテントにコンパクトサイズが登場!

テンゲル コンパクト TOP

フットプリントは別売 出典: tent-Mark DESIGNS

モーターサイクル×アウトドアを楽しむブランド「nomadica」(ノマディカ)とtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)がコラボしたテント「テンゲル(Tenger)」にコンパクトサイズが登場です!

名称は「テンゲル コンパクト

コンパクトにはなったものの、ヘルメットやバイク用ウェアを室内に入れても、一人であれば十分余裕の広さになっています。

それでは「テンゲル コンパクト」をご紹介します。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

テンゲル コンパクト / テンゲル コンパクトライト

オートバイで自然の中へと出かけること、太陽の下で遊ぶこと、人とつながっていくことを、もっともっと楽しみたい!

ノマディカ

ノマディカ(nomadica)とは?

ノマディカ(nomadica)とは、「モーターサイクル × アウトドアをもっと楽しく、ここちよく」のコンセプトの元、誕生した女性ライダーが発信するMOTOアウトドアブランド。

そのノマディカとtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)がコラボしたテントが初代テンゲルになります。

初代テンゲルは長いキャノピーが特徴のテントでしたが廃盤になり、現在のテンゲル スタンダードと入れ替わりました。

今回ご紹介する「テンゲル コンパクト / コンパクトライト」は、スタンダードよりもコンパクトなサイズに仕上がっています。

それでは特徴からご紹介します。

特徴

テンゲル コンパクト / コンパクトライト の特徴は以下の通りです。

  • キャノピーできてサイドウォールあり
  • プライバシーの確保もできる
  • インナーの大きなポケット
  • ランタンフック装備
  • 天井にメッシュポケット
  • ポケットにドアが収納できる
  • 前後入り口がメッシュで風が通り抜ける
  • シェルターとしても使用可能

キャノピーできてサイドウォールあり

テンゲル コンパクト キャノピー
フットプリントは別売 出典: tent-Mark DESIGNS

フロントフラップを跳ね上げてキャノピーすることが可能です。

キャノピーポールは別売

また跳ね上げることで、前室を設けることができます。

またフロントフラップは、サイドウォールを装備しているため、雨や風を軽減してくれます。

フロントフラップを立ち上げるポールは別売りで、推奨高さは110cmです。

プライバシーの確保もできる

テンゲル コンパクト プライバシーを守る張り方
フットプリントは別売 出典: tent-Mark DESIGNS

画像のように、前室横のパネルを開けることで、プライバシーを確保しつつ、出入りすることが可能です。

インナーの大きなポケット

インナーテント内には、画像のように大きなポケットが装備されています。

ランタンフック装備

天井にはランタンなどを吊るすフックが備わっています。

ココに注意

ただしテント内のため、吊るす場合はLEDランタンを吊るしましょう。

天井にメッシュポケット

天井にはメッシュのポケット付き。

ヘッドライトを下向きに入れれば、ランタン代わりにもなります。

ポケットにドアが収納できる

インナーテント入り口は、トグルで留めることなく、ポケットにドア部分を収納することができます。

前後入り口がメッシュで風が通り抜ける

テンゲル コンパクト 前後メッシュ
フットプリントは別売 出典: tent-Mark DESIGNS
テンゲル コンパクト 風通し
フットプリントは別売 出典: tent-Mark DESIGNS

インナーテントの前後はメッシュになっており、また開放的な前後の入り口があるため、夏場の暑い季節でも、風が通り抜け快適に過ごせそうです。

シェルターとしても使用可能

テンゲル コンパクト フットプリント(別売)でシェルター
フットプリントは別売 出典: tent-Mark DESIGNS

別売りのフットプリントを使用すれば、シェルターとしてインナーテントを張らずに設営ができます。

種類

テンゲル コンパクトは2種類あり、ポール(フレーム)の素材が異なります。

サイズなどは同じですが、重量が異なります。

  • テンゲル コンパクト:ポールの素材がグラスファイバー
  • テンゲル コンパクトライト:ポールの素材がアルミ合金

仕様

テンゲル コンパクト

使用時サイズ(約)フライシート:2,100×2,800×1,150 (高)mm
前室奥行き:1,150 (高)mm
後室奥行き:450 (高)mm
インナーサイズ(約)2,050×1,200×1,080 (高)mm
収納時サイズ(約)500×180(高)mm
重量(約)総重量:4.13kg(ペグ/張り綱/ポール/収納ケース含む)
本体:3.75kg(フライシート/インナーテント/ポール)
ポール(3本計):1,440g
材質フライシート:ポリエステルリップストップ68D、PUコーティング加工
インナー:ポリエステルリップストップ68D
フロア:ポリエステルタフタ75D、PUコーティング加工
メインポール(GRAY色):ファイバーグラス製9節継ぎ (φ9.5mm・8.5mm/3,600mm)×2本
フロントポール (BLACK色):ファイバーグラス製10節継ぎ (φ9.5mm/3,960mm)×1本
付属品ペグ×13本、張り綱×4本、収納ケース×3

キャノピーポールは別売

テンゲル コンパクトライト

使用時サイズフライシート:2,100×2,800×1,150 (高)mm
前室奥行き:1,150 (高)mm
後室奥行き:450 (高)mm
インナーサイズ2,050×1,200×1,080 (高)mm
収納時サイズ500×180(高)mm
重量総重量:3.51kg (ペグ/張り綱/ポール/収納ケース含む)
本体:3.13kg (フライシート/インナーテント/ポール)
ポール(3本計):820g
材質フライシート:ポリエステルリップストップ68D、PUコーティング加工
インナー:ポリエステルリップストップ68D
フロア:ポリエステルタフタ75D、PUコーティング加工
メインポール (GRAY色):アルミ合金製10節継ぎ (φ9.0mm/3,600mm)×2本
フロントポール (BLACK色):アルミ合金製11節継ぎ (φ9.0mm/3,960mm)×1本
付属品ペグ×13本、張り綱×4本、収納ケース×3

キャノピーポールは別売

価格

テンゲル コンパクトと、テンゲル コンパクトライトの価格は以下の通り。

  • テンゲル コンパクト:¥19,800(税込)
  • テンゲル コンパクトライト:¥27,280(税込)

2022年1月21日現在

販売予定時期

2022年4月下旬発売予定

2022年1月21日現在

テンゲル コンパクト / テンゲル コンパクトライト あとがき

テンゲル コンパクトは税込み価格も¥20,000を切っており、コスパの良さそうなソロキャンプ用テントだと思いました。

ただテンゲル コンパクトは、ポール(フレーム)がグラスファイバーのため、耐久性がどのくらいなのかが気になるところです。

関連記事
テンゲル スタンダード ヤマブキ TOP
【テンゲル スタンダード】tent-Mark DESIGNSよりコスパの高いドーム型テント登場!

続きを見る

関連記事
Yukazuro Modelテント TOP
タンスのゲンよりYoutuberオノウエユウカズロウ氏とのコラボテント登場!

続きを見る

関連記事
フカヅメフライ TOP
フカヅメフライ|フカヅメカンガルーテントに広い前室をプラスするフライシート登場

続きを見る

関連記事
わがやのテント TOP
【わがやのテント】DODより簡単に一人で設営できるファミリーテントが登場!

続きを見る

関連記事
エリクサー2 TOP
【エリクサー2 レビュー】コスパに優れたおすすめのMSR オールインワンドーム型テント!

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-,

もくじ