テント・タープ

【Ten Ger STANDARD】tent-Mark DESIGNSよりコスパが高そうなドーム型テント登場!

Ten Ger STANDARD4

Quotation: tent-Mark DESGINS

tent-Mark DESIGNSから秋の新作テントが登場です。

今回登場するテントは、現在も発売されているTenGer(テンゲル)のスタンダード版になり、名称は「Ten Ger STANDARD

そのままですが、わかりやすいですね!

タイトルにもあるように、コスパが高そうな理由を挙げていきたいと思います。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

Ten Ger STANDARD

TenGer(テンゲル)といえば、「ノマディカ代表 小林夕里子さん」プロデュースのバイクツーリング専用テントで、バイクツーリングの為だけに考えられたテントになります。

今回のTen Ger STANDARDは、既存のTenGer(テンゲル)の広い室内をそのままに、フレームと生地のコストを見直されて、かなりお求めやすい価格が実現しています。

コスパが高そうというのは、ここからきています。

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

 使用時サイズ(約)フライ:全長310×幅225×前室高さ150cm、前室奥行き120cm、後室奥行き50cm
インナー:140×220×H128cm
重量(約)フライ:1,282g
インナー:1,276g
ポール:1,647g
アクセサリー:108g
収納袋:120g
素材フライ:ポリエステル68Dポリウレタンコーティング、1,500mm耐水圧
インナー・ウォール:ポリエステルリップストップ
フロア:ポリエステルタフタ75D、1,500mm耐水圧
フレーム:グラスファイバー
付属品収納ケース、ペグ、張り綱
キャノピーポールは付属しておりません

価格

¥21,780(税込)

2021年3月29日現在

特徴

大きめの前室がある

この価格で前室があるんです!しかも奥行きが120cmぐらいの前室なんです。

また前室にフレームを入れることによって大きな空間を確保できるので、雨の日も快適に過ごせそうです!

ちなみにチェアは付いていません。

インナーが吊り下げ式

インナーが吊り下げ式のため、設営が容易です。

あとがき

価格が税抜きで¥20,000を切っているため、かなりコスパの高そうなテントですね!

ただ少し気になるのがフレーム。素材がグラスファイバーで見た目細そうなので、耐久性がどのくらいあるのかだけが少々気になりました。

あとはカラーは完全に好みになると思いますので、今回は触れていません。

" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

グランドハット2
【グランドハット1】tent-Mark DESIGNSから秋の新製品にドーム型テントが登場!

続きを見る

ヴィガス
【ヴィガス】ogawaからコンパクトだけど居住性のいいドーム型テント登場!

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-,

もくじ