楽天スーパーセールおすすめアイテム

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 レビュー|VENTLAX 男心をくすぐるテーブル

VENTLAX 焚き火サイドテーブル

焚き火をする際、焚き火の横にはどのようなテーブルを置かれますか?

ユニフレームの「焚き火テーブル」や、カシワの「グリルスタンドM」などを使われている方が多いのでは?

筆者もその一人なのですが、「こうもっとコンパクトで、カラーがサンドっぽくて、カッコいいテーブルが欲しいな」と思っていた時に、目に止まったのが VENTLAX(ヴェントラクス)の「TAKIBI SIDE TABLE(焚き火サイドテーブル) VLAT-M70 SAND」でした。

人気のテーブルで入荷すると即完売してしまうのですが、タイミングよく購入することができましたので、「焚き火サイドテーブル VLAT-M70」をご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 / VENTLAX(ヴェントラクス)

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 と2way焚き火チェアワイドTC
※テーブル以外は別売です

今回ご紹介するのは、唯一無二のフォルムをした「焚き火サイドテーブル VLAT-M70」

「2WAY焚き火チェアワイドTC」と同じブランド「VENTLAX(ヴェントラクス)」が手掛けるテーブル。

非常に個性的で、使うものを魅了してやまないテーブルです。

それでは、どのようなブランドなのかご紹介。

VENTLAX(ヴェントラクス)とは?

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 ロゴ2

VENTLAX (ヴェントラクス) とは、大阪泉州 (大阪府南西部) 発のアウトドアブランドで、2020年1月にキャンプ用品の企画、開発を開始された新鋭ブランド。

個人的に、昔この辺りの地区で仕事をしていたため、凄く親近感のあるブランドです。

風車をイメージしてデザインされているロゴが、個人的には好みです。

それでは、VENTLAX(ヴェントラクス)「焚き火サイドテーブル VLAT-M70 」のセット内容からご紹介します。

セット内容

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 セット内容
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 付属部品

焚き火サイドテーブル VLAT-M70のセット内容は、以下の通り。

  • 天板
  • レール
  • バイポッド
  • ネジ
  • 六角
  • 説明書

バイポッドの開き方

開き方

これは筆者だけなのかもしれませんが、今までにバイポッドを開閉したことがなかったため、最初開き方に苦戦しました。

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの開き方1
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの開き方2

バイポッドのレバー(突起部)を下げる(横へスライドさせる)ことで、開いたり閉じたりできるのですが、必死に突起部をネジのように回していました(^^;)

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの開き方3
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの開き方4

これで開き方は完了です。

閉じ方

次にバイポッドを閉じる際の画像をどうぞ!

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの綴じ方
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの綴じ方2

先程と同じように、バイポッドのレバー(突起部)を下げる(横へスライドさせる)ことにより、バイポッドの開閉が可能になります。

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの綴じ方3
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 バイポッドの綴じ方4

あとは折りたたむだけです。

人間の思い込みって怖いですね。必死に「開かない」とレバーの突起部を回し続けていました(^^;)

ディテール

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 正面
正面
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 背面
背面

焚き火サイドテーブル VLAT-M70は、正面・背面・両サイドの画像を見ていただいてわかるように、前後左右対称になったテーブルです。

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 サイド1
サイド1
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 サイド2
サイド2

画像のように、天板端には長方形と三角形の穴が設けられており、様々なキャンプギアを掛けることができます。

スポンサーリンク

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 の特徴

実際に使用して感じた、焚き火サイドテーブル VLAT-M70の特徴をピックアップしてご紹介。

  • 天板はアルミで軽量
  • ソロにベストなサイズ
  • 唯一無二のフォルムでカッコいい

天板はアルミで軽量

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 サイズ感

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 は、3mm厚のアルミ天板にバイポッドを装着する構造で、重量が約2kgとユニフレームの「焚き火テーブル」よりも300g程軽く、焚き火テーブルと名の付くものの中では、比較的軽い部類に入ります。

実際に持ってみると、「えっ!2kgあるかな…」と思うくらいです。

ソロにベストなサイズ

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 と2way焚き火チェアワイドTC 2

焚き火サイドテーブル VLAT-M70は横に長いという独特の形状をしており、ソロキャンプにベストなサイズだと感じました。

理由はコンパクトにまとまっており、奥行きはありませんが横に長く、様々なギアを横に並べれるため、あらゆるギアが手元から近く扱いやすいと感じたからです。

また天板端には様々な穴が空いており、ギアを掛けて使用することができるため、あらゆるギアを焚き火サイドテーブル VLAT-M70に集中させることで、ソロキャンプだとイスから離れなくてもいい状態になりそうです。

まるで、抜け出したくない冬のコタツみたい…

唯一無二のフォルムでカッコいい

焚き火サイドテーブル VLAT-M70

今までに見たことのない唯一無二のフォルムをしており、正直一目惚れをしました。

なんと言えば伝わるか難しいところですが、男心をくすぐるカッコよさがあります。

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 メリット・デメリット

実際に使用して感じた、焚き火サイドテーブル VLAT-M70 のメリット・デメリットは、以下の通り。

メリット
  • いろいろなギアが掛けられる
  • 高さを変えれる
  • カスタムできる
デメリット
  • バイポッドを閉じると重なる
  • 収納袋が欲しい

メリット

いろいろなギアが掛けられる

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 ステンシル
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 使い勝手がいい

焚き火サイドテーブル VLAT-M70の天板端には、三角形や長方形の穴が空いているため、様々なギアを掛けることができます。

例えば画像のように、シェラカップなども掛けることができるため、使用後の乾燥などでも使えて便利です。

高さを変更できる

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 脚を伸ばしたタイプ

バイポッドの脚の根もとを回すと、バネによって脚が伸びます。

最初は急に出てくるため、驚くかもしれませんが、慣れると半自動で脚が伸ばせるため重宝しますよ。

カスタムできる

カスタムをしたい方の為に、あえてバイポッドを接着していないとのこと。

それゆえに、レールに合うバイポッドを別途用意すればカスタムができます。

バイポッドはカラーリングされたものや、独特な形状のものまで様々な種類があります。

今後、新たな沼に脚を突っ込みそうです…

デメリット

個人的感想です。ご了承下さい。

バイポッドを閉じると重なる

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 裏面バイポッド

個人的にちょっと残念だと思ったところは、バイポッドを閉じると脚が重なってしまうというところ。

もう少しだけ、バイポッドの取り付け位置が外側にいけば、脚は重ならなかったのではないかと思います。

気にならない方には、どうでもいい項目です。

収納袋が欲しい

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 上部

非常にいいテーブルなので、末永く使用したいと思っている方は多いはず…

色々と探しましたが、細長い収納袋って意外と少ないため、別売でもいいので専用の収納袋が欲しいところ。

現状では、スケボーのケースが一番サイズ的に合いそうな気がします。憶測です。

スポンサーリンク

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 カラー・仕様・価格

カラー

焚き火サイドテーブル VLAT-M70のカラー展開は、以下の3種類。

どれもカッコいいです!

  • BLACK(ブラック)
  • OLIVE(オリーブ)
  • SAND(サンド)

筆者が購入したのは、SAND(サンド)です。

仕様

サイズ幅(約)70cm × 奥行き(約)23cm × 高さ(約)26〜38cm
天板厚み(約)3mm
重量(約)2.0kg
耐荷重15kg程度

サイズ感

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 サイズ感2

サイズは、幅(約)70cm × 奥行き(約)23cm × 高さ(約)26〜38cmなのですが、どんなサイズ感かわかりにくいかと思いますので、持ってみました。

余計にわかりにくいか…

価格

¥17,800(税込)

2022年10月29日現在

焚き火サイドテーブル VLAT-M70 あとがき

また脚を踏み入れてはいけないところに、片足を突っ込んでしまったようです。

バイポッドの沼から出れるかな…

非常にミリタリー感たっぷりのテーブルですが、利便性に優れているため、ミリタリー好きのキャンパーだけではなく、ソロキャンプをされている方全般におすすめのテーブルです。

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【A38grateレビュー】ソロキャンプに最適な多機能テーブル!アシモクラフツ×38explore 多彩なギミックで男心をそそる多機能テーブル「A38grate」を詳しくご紹介します。
あわせて読みたい
FUTURE FOX ST-310専用 遮熱テーブル レビュー|あると便利な簡易テーブル SOTO レギュレーターストーブ ST-310のガス缶上部のデッドスペースを有効活用できる「FUTURE FOX ST-310専用 遮熱テーブル」をご紹介します。
あわせて読みたい
【38グリ子】グリップスワニー×38explore×The Arth コラボ38パレット! 2020年グリップスワニーのGO OUT Omlineジャック企画で販売された、GRIP SWANY×38explore×The Arth のコラボ38パレット「38グリ子」をご紹介致します。

その他 テーブル・チェアへはこちらからどうぞ

テーブル・チェアへ

気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ