楽天スーパーセールおすすめアイテム

タクティカル テーブル M レビュー|Helinox(ヘリノックス)の折り畳み式のテーブル

Helinox タクティカルテーブルM TOP

キャンプに行く際、どんなテーブルを持っていきますか?

ステンレスやスチール製のテーブルは、丈夫で耐久性があるためダッチオーブンなどを乗せることができたり、火の粉に強いため焚き火の近くで使用できたりしますが、その分重量が重くなりがち。

ダッチオーブンなど凝った料理をしないという方や、焚き火の近くでテーブルを使用しないという方は、手軽に持ち運べるテーブルをお探しではないですか?

そんな方におすすめなのが、今回ご紹介するHelinox(ヘリノックス)の折りたたみ式のテーブル「タクティカル テーブル M

使用しないときは折りたためるため、コンパクトチェアのようにコンパクトに収納することができるため、持ち運びが非常に楽です。

それでは、Helinox(ヘリノックス)「タクティカル テーブル M」を、レビューを含めてご紹介します。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

タクティカル テーブル M レビュー|Helinox(ヘリノックス)

タクティカルテーブルM ロゴ

軽量コンパクトチェアといえば、「チェアワン」という名称が出てくるほど、今や有名ブランドの一つになった「Helinox(ヘリノックス)」。

そのHelinox(ヘリノックス)から出ている「タクティカルシリーズ」は、ミリタリー寄りのラインアップで、アースカラーが特徴の人気シリーズ。

そのタクティカルシリーズには、タクティカルコットやタクティカルチェアなどがラインアップされています。

今回ご紹介する「タクティカルテーブルM」は、そのミリタリー寄りの「タクティカルシリーズ」に含まれます。

それでは、タクティカルテーブルMのセット内容から見ていきましょう。

タクティカル テーブル M セット内容

タクティカルテーブルM セット内容
タクティカルテーブルM セット内容2

画像はどちらも内容は同じです。角度の違いだけです…

タクティカル テーブル M のセット内容は、以下の通り。

  • 収納袋×1
  • 天板×1
  • メインフレーム×1
  • 天板を支えるフレーム×2

各フレームに名称がなかったため、筆者がそれっぽく付けてます。

タクティカル テーブル M 組み立て方法

次にタクティカルテーブルMの組み立て方法です。

タクティカルテーブルM 組み立て方法
  • STEP:1
    メインフレームを組み立てる

    タクティカルテーブルM 組み立て1

    タクティカルテーブルM 組み立て別バージョン1

    メインとなるフレームは、全てショックコードでつながっているため、迷わずに組み立てができます。

  • STEP:2
    天板を支えるフレームを組み立て

    タクティカルテーブルM 組み立て2

    次に天板を支える(天板下にくる)フレームを組み立てます。こちらもショックコードでつながっているため、迷わずに組み立てできます。

  • STEP:3
    本体フレームの組み立て

    タクティカルテーブルM 組み立て3

    メインフレームに天板を支えるフレームを装着します。

    タクティカルテーブルM 組み立て別バージョン3

    タクティカルテーブルM 組み立て4

    タクティカルテーブルM 組み立て5

    画像のように、メインフレームの端先が丸くなっているところを、天板を支えるフレームのくぼみに入れます。もう片側も同じように取り付けます。

    タクティカルテーブルM 組み立て6

    タクティカルテーブルM 組み立て別バージョン2

    天板を支えるフレームを2本取り付けると、本体フレームの完成です。

  • STEP:4
    天板を取り付ける

    タクティカルテーブルM 組み立て別バージョン4

    折りたたまれている天板を展開して、本体フレームの上に乗せ、天板フレームを本体フレームのくぼみ4箇所にはめ込めば、組み立て完成です。

    タクティカルテーブルM4

スポンサーリンク

タクティカル テーブル M 特徴

実際に「タクティカルテーブルM」を使用して感じた特徴です。

  • 軽量で持ち運びやすい
  • 非常にコンパクト
  • 独自構造

軽量で持ち運びやすい

タクティカルテーブルM 軽い

持つとわかるのですが、本体重量が800gのため「軽っ!!」と思うこと間違いないです。

軽いとはわかってはいたものの、そこまで軽くないだろうと思っていただけに、実際に持つと驚きます。

軽いため、持ち運びも苦になりません。

非常にコンパクト

タクティカルテーブルM 収納袋2

コンパクトチェアと比べればよかったのですが、忘れてた…

収納時のサイズが、幅43cm×奥行き11cm×高さ13cmと非常にコンパクトなのですが、展開すると天板が幅57cm×奥行き40cmと広々としたサイズなので、きっと驚くはずです!

独自構造

タクティカルテーブルM2

コンパクトに収納できるのには、Helinox(ヘリノックス)の独自構造があってこそ。

また収納時だけでなく、使用時の形状にも魅了されます。

タクティカル テーブル M メリット・デメリット

実際に「タクティカル テーブル M」を使用してみて感じた、メリットとデメリットです。

タクティカル テーブル M メリット

メリット
  • コンパクトに収納できる
  • 軽量で持ち運びやすい
  • 形状に魅了される

特徴でも挙げているように、コンパクトに収納でき軽量で持ち運びやすいテーブルで、収納時や使用時の形状に魅了されます。

タクティカル テーブル M デメリット

デメリット
  • 軽すぎる
  • 熱いものが置けない
  • 価格が高い

メリットである軽さが、逆に軽すぎるというデメリットにもなります。

テーブルの上に何か重量のあるものを乗せておけば問題ないのですが、何も乗せずに少し強い風が吹くと飛んでしまいます。

その他は、天板に熱いものが置けないのと、価格が高いところです。

スポンサーリンク

タクティカル テーブル M カラー・仕様・価格

カラー

タクティカル テーブル Mのカラー展開は、以下の3種類。

  • ブラック
  • コヨーテ
  • デザートタン

2022年11月9日現在、A&Fオンラインストア調べ

仕様

使用時サイズ幅57cm×奥行き40cm×高さ38cm
収納時サイズ幅43cm×奥行き11cm×高さ13cm
耐荷重50kg
重量総重量:935g
本体重量:800g
材質フレーム素材:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
先端部素材:ナイロン
表面加工:フレーム(アルマイト)
付属品収納袋

価格

¥19,250(税込)

2022年11月9日現在

タクティカル テーブル M あとがき

筆者は焚き火をする際は焚き火近くでは使用せずに、テント内テーブルやサイドテーブルとして使用したりしています。

コンパクトに収納ができるけど、意外と天板も広いため重宝する「タクティカル テーブル M」

テーブルの購入を検討されている方は、是非候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
焚き火サイドテーブル VLAT-M70 レビュー|VENTLAX 男心をくすぐるテーブル 焚き火やミリタリー好きのキャンパーだけでなく、ソロキャンプをされている方全般におすすめのVENTLAX(ヴェントラクス)のテーブル「焚き火サイドテーブル VLAT-M70」をご紹介。
あわせて読みたい
【A38grateレビュー】ソロキャンプに最適な多機能テーブル!アシモクラフツ×38explore 多彩なギミックで男心をそそる多機能テーブル「A38grate」を詳しくご紹介します。
あわせて読みたい
【Moon Lence】ソロキャンプにおすすめ!コンパクトに収納できるコスパのいいテーブル 実際に使用してみて、非常にコスパが高いと思った「Moon Lence ロールテーブル」をご紹介します。

その他 テーブル・チェアへはこちらからどうぞ

テーブル・チェアへ

気になるキャンプギアが見つかるはず

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ