テント・タープ

【スパイダーベース】DODより内側にポールのない新構造のシェルターが登場!

スパイダーベース TOP

出典: DOD

2020年も残り僅かですが、DODより新幕「スパイダーベース」が登場です!

初めて見た時「何じゃこりゃ…」と、松田優作ばりに叫んでしまいました。

何故かというと、シェルター内部にポールのない新構造で、ポールの全てが外にあり、個人的に生まれて初めて見る構造です。

それでは、一体どんなシェルターなのか「スパイダーベース」を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スパイダーベース / DOD

フルクローズにしても、圧迫感のない空間を楽しむことのできる、5m×5mのサイズのシェルター。

数値から、ロクロクベースを一回りくらいサイズダウンしたような感じで、ファミリーキャンプだけでなく、グルキャンの宴会幕としても使えそうですね。

ただしインナーは付属しませんので、就寝の際はコット寝、またはカンガルースタイルなどが必要です。

それでは、ディテールから見ていきます。

ディテール

スパイダーベース ディテール 3

出典: DOD

スパイダーベース ディテール 6

出典: DOD

最初に見た時「何を吊っているのだろう…」と思いましたが、シェルター自体を吊っていたとは思いもよりませんでした。

前面ドアをオープンした状態と、前面ドアを別売りのポールでキャノピーした状態。

外にポールがあるため、デッドスペースが少ないシェルターです。

スパイダーベース ディテール 5

出典: DOD

スパイダーベース ディテール 2

出典: DOD

また前後だけでなく側面もメッシュにでき、全てのドアをフルオープンにしてオープンタープのようにして使用することもできます。

夏場は涼しそうです。

続いて設営方法です。

設営方法

ペグが一切付属しておらず、設営する際に別途ペグが必要になります。
スパイダーベース 設営方法
  • STEP:1

    スパイダーベース 設営1

    出典: DOD

    テント生地を広げます。この際にジッパーが全て閉まっていることを確認します。

  • STEP:2
    ガイドベルトの確認

    スパイダーベース 設営2

    出典: DOD

    テント生地裏側のガイドベルトを確認します。

  • STEP:3
    ペグダウン

    スパイダーベース 設営3

    出典: DOD

    ガイドベルトがピンと張った状態で、まずガイドベルト先の2隅をペグダウン。その後残りの2隅をペグダウンします。

  • STEP:4
    ポールを組み立て

    スパイダーベース 設営4

    出典: DOD

    次にメインポールとサイドポールの組立。メインポールは長く(270cm)なるよう、調整ポールの
下側の穴に底面ポールのボタンを入れます。

  • STEP:5

    スパイダーベース 設営5

    出典: DOD

    メインポールをテント生地の端に配置して、生地の端から45°のラインとポールの底面のラインが
交わる位置にペグを打ち込みます。

  • STEP:6
    テープとロープを引っ掛ける

    スパイダーベース 設営6

    出典: DOD

    黄色のテープ部分先端の金具にメインポールの先端を差し込み、その上にメインロープのリング部分をポールの先端にひっかけます。

  • STEP:7
    メインポールの立ち上げ

    スパイダーベース 設営7

    出典: DOD

    ロープの両端をペグにひっかけ、メインポールを立ち上げます。
テント生地の頂点部分が真っ直ぐになるよう
ロープの長さを調整します。

  • STEP:8
    サイドポールの配置

    スパイダーベース 設営8

    出典: DOD

    サイドポールを4隅に配置し、
生地の端から30°のラインとポールの底面のラインが
交わる位置にペグを打ち込みます。

  • STEP:9
    サイドポールを立てる

    スパイダーベース 設営9

    出典: DOD

    メインポールと同様にサイドポールを立てます。形がきれいに
なるようロープの長さを調整します。

  • STEP:10
    その他ループのペグダウン

    スパイダーベース 設営10

    出典: DOD

    その他のループを全てペグで固定します。

  • STEP:11
    雨天時などのロープ追加

    スパイダーベース 設営11

    出典: DOD

    上記工程で設営完成ですが、天井の張りが弱く雨が溜まってしまいそうな場合や、横からの風が強いときなど、大きなドアの中間地点にあるループにロープを取り付けてペグで固定します。

    ※この部分のロープは付属していません。

特徴

スパイダーベース 特徴

出典: DOD

スパイダーベースの特徴から、気になったところをピックアップ!

  • アウトポール構造
  • シェルター内が高く圧迫感が少ない
  • 前面メッシュにできる
  • オープンタープようにもできる
  • インポール設営可能
  • 裾にスカートを装備
  • 折れキャノピー

それぞれを見ていきます。

アウトポール構造

スパイダーベース シェルター内が広々

出典: DOD

スパイダーベース最大の特徴が、このアウトポール構造です。

今までになく、DODが独自に開発した構造で、シェルター内がポールがないことで、面積以上に広さを感じることができ、デッドスペースが少なくなり、自由にレイアウトを行うことができます。

シェルター内が高く圧迫感が少ない

スパイダーベース 天井が高い

出典: DOD

シェルター内にポールがないことで広々として、天井の高さもあるため、圧迫感が少なく、開放感のあるシェルターです。

全面メッシュにできる

スパイダーベース メッシュ

出典: DOD

ほぼ全てのドアをメッシュにすることが可能なため、風を通してスクリーンタープのように使用することができます。

オープンタープようにもできる

スパイダーベース オープンタープ

出典: DOD

ドアやサイドは巻き上げて固定することが可能なため、オープンタープのように開放感を楽しむこともできます。

インポール設営可能

スパイダーベース ポールをインストールすることもできる

出典: DOD

サイトの都合で設営スペースが狭い場合、メインポールをシェルターの内側に入れて設営することも可能。

ポールを外側に設営すると、約10✕8mほどのスペースが必要になりますが、メインポールを内側に設営すると、約8✕8mほどで設営することが可能です。

裾にスカートを装備

スパイダーベース 特徴2

出典: DOD

本体裾にはスカートが装備されており、地面と幕との隙間を減らす設計がされています。

そのため、暖かい時期に虫が入り込むことや、寒い時期に裾下から風が入り込むことを軽減してくれます。

折れキャノピー

スパイダーベース 特徴3

出典: DOD

キャノピーを途中で折って設営することも可能で、雨や日差しの向きに応じて様々なアレンジが楽しめます。

懸念点

実際に張っていないので、あくまでも憶測になってしまいますが、シェルター外側にポールを設置する場合、どうしても構造上幕が直接ポールに接していないため、風に煽られやすい気がしました

以上が個人的な懸念点です。

あくまでも、耐風テストの映像を見ての感想です。個人的意見として、ご了承下さい。

仕様

スパイダーベース 仕様

出典: DOD

組立サイズ(外寸)(約)W500×D500×H230cm
インナーサイズインナーテント無し
収納サイズ(約)W70×D33×H33cm
重量(付属品含む)(約)16.5kg
材質テント本体:150D ポリエステル(PUコーティング,UVカット加工)
ポール:アルミ合金
最低耐水圧3000mm
UVカットUPF50+
付属品ロープ10m×2本、ロープ6m×4本、キャリーバッグ
ペグが一切付属しておらず、ロープ固定用の長いペグ(30cm以上の鍛造ペグ推奨)✕12~14本、テント底部固定用のペグ✕12本を別途ご準備くださいとのことです。

価格

オープンプライスとありますが、DOD STOREで販売されている価格は以下の通り。

¥93,500(税込)

2021年3月23現在

販売方法

現在のところ、DOD STOREのみとなります。

2021年3月23現在
スポンサーリンク

スパイダーベース あとがき

年明け間際の登場に驚いた上に、更にアウトポール構造には正直衝撃が走りました。

「何じゃこれは…」と(笑)

タープを張る要領でやれば、一人でも設営できそうですが、サイズが5m×5mあるため、一人の設営は難しいのではないかと思います。

DODの発想は相変わらず斬新ですね!

2021年もDODから目が離せません。

関連生地
ロクロクベース2 TOP
【ロクロクベース2】DODより贅沢な広さが楽しめる大型シェルターが登場!

続きを見る

関連記事
カマボコテント3 TOP
【カマボコテント3】DODよりサイズが選べるカマボコテントが登場!2022年抽選発売情報

続きを見る

関連記事
ヘキサライト エレメント6P
【ヘキサライト エレメント6P】NEMO (ニーモ) TC素材のヘキサライト6Pをレビュー!

続きを見る

関連記事
BLACK SUMMIT GG8 TOP
【BLACK SUMMIT GG8】テンマクよりシックなツインポールシェルターが登場!

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-,

もくじ