BBQスペアリブをキャンプで簡単にすばやく作るレシピ

スペアリブ

真夏のキャンプ時、みなさんは夕食に何を作られますか?

暑い時期ですが、ファイアグリルや焚火台を使ってBBQをされる方も多いかと思います。

ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!
ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!
様々な焚き火台やBBQグリルがあるなか、ユニフレームの「ファイアグリル」が、選ばれるには理由があります。

うちはファイアグリルを使って、長時間のつけ込みが不要なスペアリブをよく作ります。
すばやく簡単にできるレシピなので、是非一度試してみて下さい。

スポンサーリンク
もくじ

スペアリブ

材料

  • 豚のソーキ(スペアリブ)700g程度
  • ニンニク 半個(沖縄のニンニクは小さいので5片くらい)
  • しょうが ニンニクと同じくらいの大きさ
  • ケチャップ 大さじ2杯
  • 醤油 大さじ2杯
  • 砂糖 大さじ2杯
  • 白ワイン 大さじ4杯

沖縄ではソーキと呼びます。
有名なソーキそばは、ソーキがのった沖縄そばのことです。

調理

それでは早速調理にかかります。

記事タイトルでも述べてますように、2〜3日前からの仕込み等がないレシピになりますので、お手軽にできます。

茹でる

まずは、お湯を沸かします。

スペアリブ2

お湯が沸いたら、豚のソーキを入れて約15分ほど茹でます。

つけ込みダレを作成

次に、豚のソーキをつけ込むタレを茹でている間に作成します。

ニンニクとショウガをみじん切りにし、その他の調味料をジップロックに入れ、よく振ってかき混ぜます。

スペアリブ3

豚のソーキが茹で上がったら、お湯を切り同じくジップロックに入れてまんべんなくタレがかかるように、上にしたり、下にしたり、左にしたり、右にしたり、ラジバンダリ!(懐)

まんべんなくタレが豚のソーキにかかったら、そのまま60分ほどつけ込みます。

炭火で焼く

次に炭を熾して、先程タレにつけ込んだ豚のソーキを炭で焼きます。

スペアリブ4

あとは、焼きながら先程のタレに何度もつけては焼きを繰り返して、焦げ目が付くぐらいに焼けば完成です。

まとめ

スペアリブは数日前からつけ込んでおかないと美味しくないと勝手に思っていましたが,この短時間のつけ込みでもかなりの味がしみ込みます。

茹でるというところが、ポイントになります。
焼きのみだとソーキの中が半生状態(暗いところだとわかり辛い)の場合もありますが、一度茹でておくとソーキの中が半生ということはまずないので、安心して食べることができます。

お手軽なスペアリブ!みなさんも是非試してみて下さいね。!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする