グリーンキャッスル

Quotation: ROBENS

テント・タープ

ROBENS (ローベンス) 2017新製品 グリーンキャッスルを調査

投稿日:2017.02.25 更新日:

昨年に書いた「トンネル型テントが2017年更にブームとなりそうな予感!」から気になっていた、ROBENS (ローベンス) の2017年新製品「グリーンキャッスル」を調査しました。

スポンサーリンク

グリーンキャッスル

デンマーク発のテントといえば、ROBENS(ローベンス)

ポリコットン幕「クロンダイク」を筆頭にしたアウトバック シリーズや、「ミッドナイトドリーマー」などのアドベンチャー シリーズ、そして今回調査する「グリーンキャッスル」が属するトレイル シリーズの3シリーズを展開しています。

その中でも気になる グリーンキャッスル の仕様は以下の通り。

仕様

グリーンキャッスル2

Quotation: ROBENS

  • 使用時サイズ:460×235×155cm(最大)
  • 収納サイズ:58x23cm
  • 重量8.7kg(最大)/ 7.1kg(最小)
  • テント素材:
    • フライ / ハイドロテックス HD, 75D ポリエステル 185T 遅燃性
    • インナー / 68D ポリエステル 190T 通気性
  • 部屋数:2ベッドルーム &1リビングエリア
  • ポール:アロイ #7001, T6, 9.5/11mm アナダイズド
  • フロア:75D ポリエステル タフタ 210T、耐水圧 10000mm

特徴

グリーンキャッスル4

Quotation: ROBENS

最大の特徴は、インナーが2つ付いているというところだと思います。
また、インナーとインナーの間に挟まれたリビングスペースも特徴的です。

ただ、幅150cmの一つのインナーに大人3名はキツイのではないかと…(^^;)

リビングスペースのフロアは取り外しも可能なため、様々なセッティングが楽しめそうです。

価格

気になる価格は希望小売価格、¥97,000 + 税 となっています。

日本正規代理店は「Trailhead(トレイルヘッド)」さんで、入荷予定は3月中旬の入荷予定とのことです。

2017年2月24日現在

あとがき

高さが思ったよりも少し低い感じがしますが、コンパクトでかなり設置がしやすそうに思いました。人数が少ない時はインナーの一つを外して前室に、人数が多い場合はインナーを2つ吊るすといったように、様々な張り方ができそうでいい感じですね!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-テント・タープ
-

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.