ライダーズベース

Quotation: DOD

テント・タープ

【ライダーズベース】DODよりツーポール+補助ポールの大型フロアレスシェルターが登場!

投稿日:

先日、OUTDOORDAY JAPAN 2018 東京にて展示予定されている、DODの新しいテント(シェルター)「ライダーズベース」が遂にベールを脱ぎました!

個人的に憶測していたツーポールと形状が異なりフォーポールというのでしょうか、ツーポール+補助ポールというのか難しいところですが、今までにない形のシェルターになります。

早速気になるので、調べてみました。

スポンサーリンク

ライダーズベース

ライダーズベース2

Quotation: DOD

個人的にどストライクな幕です!

カラーといいサイズといい、ソロにはちょっと大きいかもしれませんが、パップフーテントよりはこちらの方が好みです!

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

ライダーズベース 仕様

Quotation: DOD

組立サイズ(外寸) (約)W440×D360×H160cm
インナーサイズ インナーテントなし
収納サイズ (約)直径17×長さ58cm
重量(付属品含む) (約)4.2kg
収容可能人数 大人5人
最低耐水圧 3000mm
材質 アウターテント:30Dナイロン(PUコーティング、シリコンコーテイング)
ポール:アルミ合金
キャリーバッグ:150Dポリエステル(PUコーティング)
付属品 ポール(長)×2、ポール(短)×2、ペグ、ロープ、キャリーバッグ
キャノピー用のポールは別売になります。インナーはありません。

価格

オープンプライス

2018年4月4日現在、参考になる価格もなし

発売日

未定

2018年4月4日現在

カラー

タンブラックの2カラー

ブラックとありますが、見た感じは少しグレーが入っているようにも見えます。

特徴

ライダーズベース3

Quotation: DOD

ライダーズベースの最大の特徴は何と言ってもこの形状にあると思います!

ツーポール+補助ポールの形状

ライダーズベース10

Quotation: DOD

個人的には初めて見る形状をしています。

通常のツーポールシェルターのデメリットである、フルクローズ時の閉塞感を軽減するために補助ポールを追加したそうです。

これによって、圧迫感は少なくなりそうですね。

シェルター後方は荷物やコットを置いて、前方はチェアなどを置いてくつろぐスペースなんて使い方もできますね!

設営の簡単な大型シェルター

ライダーズベース4

Quotation: DOD

ペグを打ちポールを立てるだけで約8畳サイズのシェルターが完成するため、設営が簡単です。

キャノピーを張り出せばテント兼タープとして使用できるため、便利です。

コンパクトなためバイクに積みやすい

ライダーズベース5

Quotation: DOD

薄いナイロン生地にシリコンコーティングを施すことで強度と軽量・コンパクト性を両立しており、収納サイズが(約)直径17×長さ58cmとバイクに積載可能になります。

ゆったりとしたサイズ

ライダーズベース6

Quotation: DOD

上画像のように、大人3名がゆったりと快適に寝れるスペースと荷物を置くスペースがあるくらい、ゆったりとしたサイズになります。

大型キャノピードア

ライダーズベース7

Quotation: DOD

入り口を開ければ大型キャノピーになるため、別途タープをたてずに大きな日陰を作り出すことができます。

クローズしても居住性がいい

ライダーズベース8

Quotation: DOD

通常のツーポールシェルターと違う点は、シェルター後方の補助ポールで上げたスペース。従来のツーポールのフルクローズ時の閉塞感を軽減しているため、居住性がいいです。

後方ドアも開く

ライダーズベース9

Quotation: DOD

 個人的に意外だったのが、この形状をしていても後方ドアが開くというところ!

開放すると風通しが良くなるので、暑い時期も気持ちよく過ごせそうです。また低いですが、出入り口として使用したりすることもできるため便利です。

少し気になったところ

ライダーズベース11

Quotation: DOD

ポール先端をテントのグロメットに通した後、ポールキャップを被せてください。防水性が高まります。

…とのことなので、ポールの先っちょが出るという仕組みみたい…(^^;)

これはどうなのだろう…気になります…(^^;)

あとがき

高さが一番高いところで160cmと少し低めのシェルターになりますが、幅・奥行ともなかなか大きめで、個人的にはどストライクなシェルターです!

個人的に次に購入する幕はツーポールシェルターと思っているだけに、候補の一つとしてみたいと思いました。

あとは価格がどのくらいになるかが、気になるところですね…

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

おすすめの記事

おすすめモノポールテント12選 1

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

ニトリ キッチンラック2 2

ニトリの折りたたみ式キッチンラックが思いのほか、ソロキャンプ用テーブルにいいのではないかい?と思ったので、取り上げてみました

トンネル型テント 3

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

YETI2 4

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

キャンプ持ち物リスト 5

Evernoteで持ち物リストを作成すれば、忘れ物なしでキャンプに行けますよ!

-テント・タープ
-

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.