沖縄県総合運動公園

キャンプ場

アクセスが便利で利用しやすい沖縄県総合運動公園キャンプ場情報

投稿日:2016.06.18 更新日:

先日「シュナーベル5」を初張りにいった沖縄県総合運動公園キャンプ場をご紹介!

レビュー
schnabel5-1
【シュナーベル5】設営が簡単なogawaのトンネル型テントをレビュー!

ogawa(キャンパルジャパン)のトンネル型テント「シュナーベル5」の購入〜開封〜初張りまでをまとめてみました。

スポンサーリンク

基本情報

沖縄県沖縄市泡瀬にある沖縄県総合運動公園内にあり、市街地のため、比較的コンビニやスーパーが車移動圏内にあり。

沖縄自動車道の北中城インターチェンジ(那覇より行く場合)を降りてから約15分。

キャンプ場自体は海に面していますが、樹木等で覆われているため風が比較的少ないので、幕が張りやすい。

住所:沖縄県沖縄市比屋根5-3-1
電話:098-932-5114
休園:火曜日(火曜日が祝日の場合、翌日が休園日)と、1月5日から12月27日まで
料金:1区画につき 2,710円(1泊)
   午前9時から翌日の午後9時まで(最大利用可能時間)

公式沖縄県総合運動公園 オートキャンプ場

スポンサーリンク

サイト

サイトはオートサイトで、区画は50区画

sougoundokoen2

木陰が多いところや海に近いサイトもある。

海に近いといっても、すぐ前にではなく夜に波音が聞こえる程度の距離はある。
ここの海は遊泳禁止になっている。

sougoundokoen3

サイトは区画の大きさや境界線が特に無く、受付の方に確認すると1区画最大10名までとのこと。駐車スペースはサイト指定箇所に1台のみだが、幕はある程度色々な張り方ができる。
地面は芝で、ガジュマルの木の根が出ているところもある。

受付に関しては、利用1ヵ月前から沖縄県総合運動公園運営管理事務所で電話にて受付。予約時に区画番号が指定できる。キャンセルの際は、必ず管理事務所まで連絡が必要

利用料金は当日、キャンプセンターまたはサイクルセンターにて支払う。

※以前と料金支払い場所が変更になっているため注意が必要です。先日利用した際は、支払い場所を指定されました。

利用可能時間が特殊で、日帰り(デイキャンプ)が午前9時〜午後9時まで1泊が利用当日の午前9時から翌日の午後9時までとかなりゆったりできる反面、シーズンになると予約が取りにくくなる

通常火曜日が休園(火曜日が祝日の場合、翌日が休園日)のため、平日の月〜火、火〜水のキャンプが出来ない。

規約

また、かま場以外での木炭の使用が可能になりました。
テントで調理をする場合はバーナー類の器具やバーベキュー機材が必要。

芝生の上に直接火を起こす“直火”は禁止です。

レンタル機材は以前は全くありませんでしたが、現在は炭用機材セット(コンロ、網、鉄板、トング、着火ライター、炭ばさみ)や、ダッチオーブン、イス、テーブル類など様々なキャンプ用品の貸出しも行なわれています。ただし、要予約です!

流しソーメンセットの利用など、区画によっては利用できない区画もありますので、「レンタル品注意事項」を要確認

またそれに伴いお肉の注文(販売)を行なっています。
注文締め切りはキャンプ場利用日の5日前迄となっています。

公式沖縄県総合運動公園 オートキャンプ場

施設

サイクルセンターでの料金支払いの場合、サイクルセンターはキャンプ場より北北西約500mぐらいにある。チェックインをする際は、サイクルセンターに行き、料金を支払うと許可書を渡されるので、それをキャンプ場入口の警備員の方に見せてキャンプ場エリア入る。

トイレは3ヵ所、かま場は2ヵ所、シャワーが1ヵ所ある。
シャワーは、午前9時から午後8時30分までで、100円 / 3分

飲料の自動販売機はあるが、キャンプ場には売店はない。
サイクルセンター横に小さな売店がある。
スーパーは徒歩圏内になし。少し遠いが公園入口にコンビニがあり。

アクティビティ

公園内には、レクリエーションプールがあり、5月〜9月の時期に楽しむことができる。
その他にも、サイクリングボートテニスコート等も利用することができる。

その他施設は施設案内から確認することができる。

買い出し

キャンプ場から車で5分くらいのところに「サンエーV21あわせ食品館」がある。
また、少しキャンプ場から離れるが、泡瀬の交差点を西側に道沿いに行くと「イオンモール沖縄ライカム」がある。

まとめ

那覇市より沖縄自動車道を使えば約30分程で着くため、夕方からキャンプへ出かける方に大変便利なキャンプ場です。

また一泊だと、翌日もゆっくりとできるので、翌日ランチをとってから撤収することもできます。

ただ公園内のため、通常の公園利用者が通ることもしばしばあるが、そこだけ気にしなければ清掃も行き届いているため、お勧めの綺麗なキャンプ場です。

2018年8月5日現在の情報です
  • スポーツオーソリティにて、【トレッキング応援フェア】開催中!
    購入点数に応じて最大30%OFFに!
    期間:2018年12月24日まで icon
  • 使っていない登山用品や、キャンプ・アウトドア用品をマウンテンシティ で、無料査定してみませんか?
    今なら買取強化アイテム・ブランドの買取金額が20%UPのキャンペーン実施中!
    期間:2018年11月末まで

スポンサーリンク

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-キャンプ場

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.