テント・タープ

【ヴィガスⅡ】サイドウォールを搭載しリニューアルして登場!

今や最強のソロ・デュオテントと名高いogawaの「ヴィガス」

そのヴィガスが、2022年にリニューアルして「ヴィガスⅡ」として帰ってきます。

最大のリニューアル箇所は、フロントパネルにサイドウォールを搭載したところ。

初代ヴィガスとも比較しながら、ヴィガスⅡの魅力などをご紹介します。

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

ヴィガスⅡ / ogawa

2018年に登場したヴィガスは、コンパクトながらに居住性にゆとりをもったドーム型テントで、最初はそこまでの人気はなかったものの、機能性などからジワジワと人気を獲得して、今ではソロ・デュオ最強のテントとまで言われるようになりました。

形状は異なりますが、どこか2017年に廃盤になった同ブランドogawaのシャンティ23を彷彿させるものがあります。

それではソロ・デュオ最強テントと言わしめた、ヴィガスⅡの魅了を見ていきましょう。

ヴィガスⅡの魅力

個人的に思う、ヴィガスⅡ 魅力は以下の3つ。

  • サイドウォールを装備
  • コンパクトながらにもゆとりの構造
  • 通気性の優れたデザイン

それぞれを見ていきます。

サイドウォールを装備

ヴィガスⅡの最大の魅力は何と言っても、フロントパネルのサイドウォールではないでしょうか。

雨や風を軽減し、更にプライバシーも守ってくれるサイドウォールは、まるでタープのようにも張ることができるため、タープ要らずの優れもの。

コンパクトながらにもゆとりの構造

従来のドーム型テントにはない、本体前面に高さを稼ぐためのフレームがあり、それ故に前室の最高部はなんと192cmと余裕の高さ。

コンパクトでありながらも、ゆとりの構造をしています。

通気性の優れたデザイン

ヴィガスⅡは通気性の優れたデザインをしています。

前面、サイドをフルオープンに、またその部分をメッシュにすることも可能になっています。

マイナーチェンジ後の初代ヴィガスにもあった、背面の大型メッシュも引き継いでおり、インナーを外して小型シェルターとしても利用できます。

その際は、風が快適にテント内を抜けてくれることでしょう。

もちろん背面はフルクローズすることもできます。

ヴィガスⅡ 仕様

使用時サイズ(最大値)356×258×192cm
収納時サイズ70x30x26cm
重量総重量:約11.51kg
フライ:約4.96kg
インナー:約1.6kg
ポール約:2.8kg
付属品:約2.15kg
材質フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
インナー:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金(φ14.5mm、φ11.8mm)
付属品張り綱2.5m×4本、アイアンハンマー1丁、
スチールピン25cm×12本、収納袋

ヴィガスⅡ 価格

¥82,500(税込)

2022年3月11日現在

ヴィガスⅡと初代ヴィガスと比較

それでは、ヴィガスの旧モデル(初代)とどこが変更になったのか、比較してみました。

まずは仕様から。

ヴィガスⅡヴィガス(初代)
使用時サイズ(最大値)356×258×192cm356×258×192cm
収納時サイズ70x30x26cm70×30×26cm
重量総重量:約11.51kg
フライ:約4.96kg
インナー:約1.6kg
ポール:約2.8kg
付属品:約2.15kg
総重量(付属品除く): 9.0kg
フライ:4.4kg
インナーテント:1.7kg
ポール:2.9kg
材質フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
インナー:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金(φ14.5mm、φ11.8mm)
フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
インナーテント: ポリエステル68d
グランドシート: ポリエステル210d
メイン/フロントポール:アルミφ14.5mm
リッジポール: アルミφ12.8mm
付属品張り綱2.5m×4本、アイアンハンマー1丁、
スチールピン25cm×12本、収納袋
張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

サイズと付属品は全く同じで、ポールの経が12.8mmから11.8mmへ変更。

重量はインナーテントとポールが約100g軽くなっており、フライはサイドウォールを搭載した分、約520g程重くなっています。

続いてフォルムの比較を見てきます。

ヴィガス1
出典: CAMPAL ONLINE STORE

ヴィガス独特のサイドのひさしも引き継がれた形です。

メッシュになる部分も引き継がれているため、通気性にすぐれ夏場は快適に過ごせそうです。

また、2021年にマイナーチェンジした背面のメッシュも引き継がれています。

見ての通りカラーは一新しており、好みは分かれるかもしれませんが、個人的にはヴィガスⅡの方が好みです。

ヴィガス
出典: キャンパルジャパン

一番の違いは、ヴィガスⅡ最大の特徴の一つフロントパネルのサイドウォールがあるかないか。

サイドウォールは、風や雨の吹き込みを軽減してくれ、プライベート感も増すため、あるととても便利です。

価格
  • ヴィガス(初代):¥71,500(税込)
  • ヴィガスⅡ:¥82,500(税込)

価格は、ヴィガスⅡの方が¥11,000(税込)高くなっています。

2021年12月にogawa製品の価格改定が行われており、もし初代ヴィガスが現行機種として残っていたとしても、価格が上がっていたはずなので、価格改定+サイドウォール追加を含めた価格の上昇だと思います。

サイドウォールを装備したことで、更に最強のソロ・デュオテントになったのではないかと思います。

スポンサーリンク

ヴィガスⅡ あとがき

もうこれは、販売されると即完売間違いないテントだと思います。

現在 ogawa Online Storeでは、予約を受けておりません。

2022年3月11日現在

その他 ogawa製品一覧へはこちらからどうぞ

ogawa製品一覧へ

きっと気になるアイテムが見つかるはず

おすすめの関連記事

関連記事
2022年 ogawa 新製品
ogawa 2022 NEW PRODUCTS!2022年新製品リリース情報

続きを見る

関連記事
グロッケ8 ブラック
黒ピルツや黒グロッケが登場!カナディアンイーストとogawaのコラボテント

続きを見る

関連記事
アポロン
【アポロン】ogawaより日本の気候に最適なトンネル型テント登場!2018新製品

続きを見る

関連記事
アポロンS TOP
【アポロンS】造形と剛性を受け継いだコンパクトサイズのアポロンが登場!

続きを見る

関連記事
グロッケ8 T/C TOP
【グロッケ8T/C】ogawa 人気のベルテントにT/Cバージョンが登場!

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-, ,

もくじ