モーグ Pro.air

Quotation: スノーピーク

テント・タープ

スノーピーク 2017新製品 モーグ Pro.air を調査

投稿日:2016.12.21 更新日:

先日スノーピークが発表した2017 New Productのラインアップの中でもひときわ目立った「Pro.air ライン」の一つ「モーグ Pro.air」を調査してみました。

スポンサーリンク

Morg Pro.air/ モーグ Pro.air

出入口を高く、中央部を低く設計する事により、人の出入りがスムーズになり、雨風を効率よく受け流す、美しい流線形状のシェルター。

モーグ Pro.air は、先日紹介しました ヴァール Pro.air 4 とは違い、何処となく見たことのあるフォルムをしています。

リビングシェルロング Pro. に何処となく似ていませんか?(個人的感想です)

モーグ Pro.air はセンター付近が低くなっており、リビングシェルロングPro. と対照的ですが、フレームの構造が似ているから、個人的には似ているなぁと勝手に思っています。

カラーは ヴァール Pro.air 4 同様、グレーというのかブラウンというのか、はたまたサンドカラーというのか微妙なところですが、スノーピークの現行テントやタープに比べると、少し薄いカラーになります。

また、軽量化されているためなのか、現存のテントに比べて生地が薄いように感じます。

現在わかっている仕様は以下の通りです。

仕様

  • 使用時サイズ:505×420×H200cm(最大)
  • 材質:
    • 本体/50Dシリコンポリエステルリップストップ、PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム(側部)、75Dシリコンポリエステルリップストップ、PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム(天井部)
    • シールドルーフ/75Dシリコンポリエステルリップストップ、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、
    • フレーム/A6061(φ17.5mm+φ16mm)
  • セット内容:本体、シールドルーフ、リッジポール、Aフレーム(×2)、Cフレーム(×2)、テントフレーム(×1)、アップライトポール(×2)、ジュラピンペグ(×32)、自在付ロープ(7m×2、3.5m×8、2m×2、2m(Oリング付)×4)、シームグリップ剤、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
  • キャリーバッグサイズ:77×30×30(h)cm
  • 重量:15.5kg

特長・機能

モーグ Pro.air には、雨風を効率よく受け流す、美しい流線形状のシェルターという特長以外にも、様々な機能があります。

流線形デザイン

個人的にすごく好みのフォルムをしています。

ヴァール Pro.air 4 同様、居住性、耐雨・耐風性、大自然に映える美しさを兼ね備えた流線形デザインをしています。センターが前後に比べて低くなっているのも特長の一つです。

サイドドアパネル

サイドドアパネルが大きく開口するため、ストレスなく出入りができます。

個人的には、少し低いかなと思いましたが、サイドドアが開くのは便利です。

続いて、今まではオプションだったシールドルーフが…

シールドルーフ

ルーフ前側コーナーは、ベンチレーション機能を兼ね備えており、ロールアップも可能とのことです。またこのシールドルーフは、スノーピークには珍しい標準装備とのことです。 

ドッキングシステム

後部には、ヴァールPro.air 4、ドックドームPro.air 6、ランドブリーズ4、6がドッキングできる設計になっているとのことです。ドッキングしたら総額いくらになるのだろか…(^^;)

メッシュパネル

本体上部横一線にメッシュパネルを配置し、上に留まりやすい熱を効率よく排出します。

プライベートを守りつつ、熱を逃がす構造をしているので便利だと思うのですが、見た感じ夏など暑い時期はキツいかなと思いました。

価格と販売予定時期

価格

¥228,000(税別)

発売予定時期

2017年4月

リビングシェルロング Pro. と比較

比較する必要がない!と言ってしまえばそれまでなのですが、勝手に似ていると思っているリビングシェルロング Pro.と比較してみました。

  モーグ Pro.air リビングシェルロングPro.
使用時サイズ 505×420×H200cm(最大)  530×415×220cm(最大) 
重量 15.5kg 18.6kg
材質

50Dシリコンポリエステル
リップストップ、
PUコーティング
耐水圧1,500mmミニマム(側部)、
75Dシリコンポリエステル
リップストップ、
PUコーティング
耐水圧1,500mmミニマム(天井部)

150Dポリエステルオックス、
PUコーティング
耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)、
テフロン撥水加工・UVカット加工
150Dポリエステルオックス、
遮光ピグメントPUコーティング
耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)、

シールドルーフ
価格 ¥228,000(税別) ¥173,000(税別)
※スマートフォンの場合は、横へスライドできます

勝手にリビングシェルロングPro. と比較をしてみると、本体の材質が遮光コーティングされていないこと(遮光ピグメントPUコーティングとないため)、テフロン撥水加工・UVカット加工がされていないことがわかります。

また、全体的に耐水圧などがリビングシェルロングPro.と比べて下がっています。

それゆえ、モーグ Pro.air にはシールドルーフが標準装備しており、遮光ピグメントPUコーティングされています。

あとがき

すごく個人的に好みの形とカラーをしていて欲しい幕の一つですが、今までより更に購入できない金額に突入しましたね。

リビングシェルロングPro.よりも約3kg軽量化されましたが、まだまだ重量があるためどの層を狙ったシェルターなのか知りたいところです。

スポンサーリンク

楽天セール 6/21まで

まとめ記事

関連コンテンツ

関連コンテンツ

記事がよかったらいいね

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-テント・タープ
-,

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.