美味しいコーヒーが飲める!又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)キャンプ場情報

又吉コーヒー園3

沖縄県北部に位置する、又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)のキャンプ場情報です。自然豊かなコーヒー園以外にも、コーヒーの焙煎体験などもできる施設になります。

先日ソロキャンプに行ったのが、こちらのキャンプ場です。

メスティン・エスビットで初炊飯!ソロキャンプ@又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
メスティン・エスビットで初炊飯!ソロキャンプ@又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
先日沖縄北部の東村にある、又吉コーヒーファーム(旧沖縄かぐや姫)へソロキャンプへ行ってきました!晴れてましたが、意外と寒い思いを体験…
春先の沖縄は意外と寒かった!ソロキャンプ@又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
春先の沖縄は意外と寒かった!ソロキャンプ@又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
先日購入した快速旅団「Simple」をはじめ、メスティン、エスビットなどを使用するキャンプだったのですが、意外と寒いことを身をもって知ることに…

※2017年4月14日現在

スポンサーリンク
もくじ

基本情報

沖縄県北部の東村慶佐次にあり、以前「沖縄かぐや姫」という名前で営業されていたのですが、現在は又吉コーヒーファームという名前に変更されています。

高台にありますが、比較的風が少なくテントも張りやすかったです。

住所:沖縄県国頭郡東村字慶佐次718-28
TEL&FAX:0980-43-2838
受付時間:AM9:00~PM5:30(Webサイト上)

チェックイン:AM11:00~ PM5:00
チェックアウト:AM11:00
料金:1区画2,000円+税 

※チェックイン・アウトは当日受付で確認した時間です。(Webサイトには、イン:AM10:00〜PM5:00、アウト:AM10:00とあります。)

テントのレンタルもあり

  • テント小(大人2名用):1つ 4,000円+税
  • テント中(大人3名用):1つ 5,000円+税

オプションでBBQもあり

BBQ | 又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
BBQのご紹介 バーベキューは、お客様に大人気です。 ★ 写真は2人前です。 ご予約承ります。 FAXでご予約する方は、ここをクリック!! 料金 1人前:1,800円(税抜き) 内容:牛肉200g 焼き鳥、ホタテ、ウインナー、焼きそば 野菜(キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、もやし) おにぎり2個 焼肉のたれ他 調味料

アクセス

西側ルート

那覇からのアクセスは大きく分けて2つあります。一つは沖縄自動車道を終点の許田まで行き、名護市内を通る「西側ルート

東側ルート

もう一つは沖縄自動車道を宜野座ICで降り、東海岸を沿って329号線、331号線を使って行く「東側ルート」があります。

 先日行った際は、昼食と買い出しがあったため「西側ルート」を使用して行きました。

サイト

又吉コーヒー園11

地面に特に明確な区画の表示がなく、私が行った際は自由に張ることができました。

現在のところフリーサイトになるかと思います。
オンシーズンになると区画表示がされていたのをどこかで見たような気が…

又吉コーヒー園16-4

いただいた地図を片手にキャンプ場を目指すのですが、入口から一番奥にキャンプ場があります。コーヒー園自体はかなり大きいのですが、キャンプ場はその敷地の一画になります。

又吉コーヒー園9

キャンプ場自体の面積は小さく、細長いところと広場になっているところもあり。

又吉コーヒー園10

予約は3ヶ月前から受付を行なっているとのことで、キャンプ当日の受付は又吉コーヒー園入口のフロント(カフェ)で行い、利用料金を支払った後に、車で園内へ進みキャンプ場へ移動。車はテント横(区画内)に止めることが可能。

又吉コーヒー園8

コーヒー園入口には、写真の看板が出ているためすぐにわかると思います。看板には カフェ・コテージ・キャンプが 9:00〜17:00となっているけど、サイトにはAM9:00〜PM5:30となっています。電話受付がPM5:30なのかも知れません(^^;)

私がテントを設営した目の前には、ビニールハウスが広がっていました。

又吉コーヒー園5

個人的に特に問題はないのですが、ビニールハウスの向こうには有銘湾があるので、一望ができるサイトだと嬉しかったのは事実です。

又吉コーヒー園4

キャンプ場ではないところからの風景

そうは言っておきながら、こういう風景だったら嬉しかったです。

キャンプ場内では近くに炊事棟があります。

又吉コーヒー園12

沖縄の伝統ある赤瓦を使用しています。

その炊事棟の横には、トイレとシャワーがあります。

又吉コーヒー園13

シャワーは有料で3分100円(だったと思う)で、シャワー室内に脱衣所付近に温度操作をするところがあるので、お湯を調節でき便利です。

ただ電灯のスイッチが見当たらず、通りがかった園内の方に聞くと「暗くなってきたら勝手に付くから大丈夫!」と言われたのですが、日中トイレの個室に入るとかなり暗く手元が見えにくいため、きちんと◯◯ているのか、判断が難しかったです(^^;)

夜は特に問題は無かったです。

施設

キャンプ場近くに、トイレ1ヵ所、シャワー(トイレ内)1ヵ所、炊事棟(かま場)1ヵ所。

シャワーを使用する時間帯は特に設けられていない様子。

飲料の自動販売機はキャンプ場近くになかったため、フロント(カフェ)まで行かないとなさそうでした。

スーパー・コンビニとも徒歩圏内になし。

アクティビティ

コーヒー園内にて、別料金にて体験プログラムを受けることができる。

コーヒー焙煎体験

生豆60g 一人 1,500円+税 でコーヒー焙煎体験ができます!

事前の電話予約が必要で、希望の日時と人数をお知らせくださいとのことです。

又吉コーヒー園の喫茶で提供しているものと同じ、厳選された輸入コーヒー豆の生豆で焙煎体験ができます。また、ドリップには1杯あたり10gのみ使用し、残りはお土産として持ち帰ルコとができます。

*当園で国産豆が収穫できる2018年からは、国産有機豆を使用して焙煎体験ができるプログラムも計画中とのこと。

かなりやりたかった…けど時間がなかった(^^;)

次回行ったらやっていみたいです。

コーヒー焙煎体験 | 又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
コーヒー焙煎体験のご紹介 お申し込み方法 事前のご予約が必要です。 お電話でお申し込みください。 ご希望の日時と人数をお知らせください。 TEL : 0980-43-2838 体験料金 コーヒー焙煎体験:生豆60g お一人様 1,620円(税込) 又吉コーヒー園の喫茶で提供しているものと同じ、厳選された輸入コーヒー豆の...

ぷちジャングル体験

東京ドーム2個分の敷地面積の広大な敷地内に小さな森があり、ロープを使ってゆっくり斜面を降りて行ったりとぷちジャングル体験ができます。

体験終了後に、黒糖ぜんざい(沖縄のぜんざいは氷です)を食べながら感想を話す会もあるとのことです。

※水深が腰〜胸の高さまでの深みがいくつかありますので、基本的に4月〜11月くらいの期間限定で約4時間の体験です。

対象:中学生以上(片手でロープを掴んで泥ですべる傾斜を降りれる)
料金:大人3000円 高校生以下1500円(保険代、軍手、沖縄ぜんざい代込み)

持ち物

  • おにぎりなど軽食(濡れないようにジップロックなどに入れる)
  • 濡れても良い軽食などを入れるバック(両手が空くようにする)
  • 濡れても良い服
  • 濡れても良いシューズ(サンダルは不可)
  • タオルと着替え(シャワーが3分100円で使えます)
  • 代えの靴やサンダル

注意事項

※サンダルは、水面が赤土で濁っているため全く足元が見えなく、水中でサンダルの肌が出ているところをぶつけて怪我をする恐れがあるため不可。

※膝から下を虫に刺されて痒くなりやすいため、厚めのハイソックスを履くなど対策が必要。腰まで水に浸かる可能性も高いため、虫除けスプレーを塗っても落ちてしまいます。

※携帯やカメラなどジップロック等に入れて、カバンが水没しても大丈夫な様にしてください。

※天候や状況により沢下りのルートを変更、中止する可能性もあります。

ぷちジャングル体験 | 又吉コーヒー園(旧沖縄かぐや姫)
ぷちジャングル体験 ━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━…━…━ □ ぷちジャングル体験について □ ロープを使ってゆっくり斜面を降りて行ったり、 砂防ダムの滝があったり、 シダやヒカゲヘゴの葉が茂った、まるで恐竜が出てきそうな沢を下っていきます。 東京ドーム2個分の敷地面積の沖縄かぐや姫。 広大な敷地内に...

買い出し

個人的に、北部は買い出しに困ると思い、名護市内を経由し買い出しを行なってからキャンプ場へ向かいました。

またキャンプ場から名護市内へは、約20km弱あるかと思われる。

個人的には那覇からだと「西側ルート」を通って、名護市内で買い出しを行ない、向かうのが一番かと思います。

名護の市街地に「サンエー為又シティ」、「イオン名護店」、「JAおきなわAコープモーレ店」などがあります。Aコープを過ぎると、スーパーはありません。

あとがき

今まで行った沖縄のキャンプ場の中で一番遠かったです。

元々バラ園だったのが今やコーヒー農園となり、2018年からは園で国産豆が収穫できるとのことで、収穫したてを焙煎してすぐにミルで挽いてドリップ…

コーヒー好きにはたまらない企画ですね。

今度伺う際は、是非コーヒー焙煎体験を受けてみたいものです!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする