綺麗な眺めで静かにリゾートを満喫!リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ

全くキャンプとは違うのですが、キャンプを始めてからホテルにほとんど泊まっていなかったのですが、久々に泊まったホテルが個人的にかなり気に入ったのでご紹介します。

スポンサーリンク
もくじ

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ

今回キャンプではなく、ホテルに泊まった理由は…

子どもがもうキャンプではなく、ホテルに泊まりたいと…その一言です(^^;)

私が一昨日・昨日と連休かつ、子どもが沖縄のお盆3日目の「ウークイ」のため学校が休みだったので一泊二日で沖縄の北部に位置する宜野座村のリブマックス アムス・カンナリゾートヴィラへ行ってきました。

アクセス

沖縄に11年住んでいますが、北部に行く際はほとんどが名護市か美ら海水族館のある本部町で今回行った宜野座村は通過する程度。

読谷村・恩納村の西海岸にホテルが集中しているため、どうしてもそちらに目がいきがちですが、今回は真逆の東海岸に行ってみました。

沖縄自動車道を使用すると約1時間程度で着きます。

わかりやすいように、那覇空港からの地図にしています。

所在地:〒904-1304沖縄県国頭郡宜野座村漢那397-1
TEL:098-968-7011
FAX:098-968-7012
チェックイン:15:00(最終チェックイン 23:00 / またプランによって異なります)
チェックアウト:11:00(プランによって異なります)

料金などは、プランによって異なります。
またチェックイン時に宿泊費の支払いがあります。

楽天トラベル: リブマックスアムス・カンナリゾートヴィラ 宿泊予約
リブマックスアムス・カンナリゾートヴィラ、休日は豊かな大自然に恵まれた、隠れ家リゾートヴィラにて南国亜熱帯の時空間を心行くまで御堪能あれ。、那覇空港より沖縄自動車道にて約60分。、駐車場:平面30台スペース有り(普通車無料)

客室

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ13

全室コテージタイプの部屋で、一部屋一棟のタイプです。オーシャンビューの部屋や、ウッドデッキの部屋など数タイプの部屋があります。

タイプによって価格等も変わってきます。

今回私たちが宿泊した部屋は、直接海の見えないガーデンタイプでしたが、小さなガーデン(杭の囲いの中)が付いており、周りの部屋から遠からず、近からずの距離でした。

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ4

子ども荷物が既に散財していたため、端っこの写真を…(^^;)

中は3人家族だと広すぎず、狭すぎずという感じで、ツインベッド2つ+エクストラベッドでした。

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ3

荷物が散財しているので、無いところを…(^^;)

洗面所も2つあり、元々は外国人の方向けに作られたのかなと勝手に思っています。

ジャグジーのバスタブとシャワー、トイレ、もう一つ別途シャワーがありましたので、プールあとに一気に2名がシャワーを浴びることができ、助かりました。

食事

夕食付き・夕食なし、朝食付き・朝食なしなど様々なプランがありますが、この度は沖縄のお盆ということもあり周りのお店も結構閉まっているのを考慮して、夕食付き・朝食付きのプランを選びました。

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ6

夕食付きのプランだと、チェックイン時に和食(この日は琉球御膳でした)・洋食・車海老御膳の3択がありました。

私が頼んだのは、車海老御膳!

正直に言うと、食事自体そこまで期待はしていませんでしたが、実際に目の前に運ばれた食事を見て驚き!

車海老3本に茄子などの野菜の天ぷらや、この日はマグロとイカ(少し表面を炙った)の刺身に、じーまーみ豆腐にサラダと結構な品目ありました。

味も美味しくて、量もそこそこありました。個人的にはご飯がもう少し欲しかったですが、妻や子どもはちょうどいい量だったとのこと。

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ7

デザートには、…名前忘れた…と、マンゴーシャーベット(アイス)で、左側の名前を忘れた方は「白ワインを使用しており、火にかけるためアルコールは飛んでいますが、子どもさんだと食べにくいかもしれないので、オレンジベースに変更できます」と従業員の方が親切に言ってくれたので、子どもの分のみオレンジに変更。

少しもらいましたが、見た目全く同じなのに爽やかな味になっており、子どももかなり喜んでいました。子ども舌のおじさんの私も本当はこちらの方が良かったかもしれません(笑)

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ11

朝食はビュッフェスタイルで、ベーコンやスクランブルエッグ・サラダなどで、特筆すべきものは特にありませんでした。

プール

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ

子どもがホテルに宿泊したい理由の一つはプール!

沖縄だから綺麗な海で泳げばいいのにと、いつも思うのですがプールがいいと譲らないため、必ず室内外を問わず施設内にプールがあるところを探して泊まります。

今回のプールは室外にあり、そんなに大きくもありませんが海を眺めながら入ることができます。個人的にこの感じ大好きです(笑)

プール横には、4名ほどが入れるジャグジーが併設されており、海を眺めながら入ることもできます。(屋根がないため、日中はかなり焼けると思います)

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ12

また、プールの営業時間が9:00〜22:00とかなり長いのも魅力の一つ!

プール横には、BBQスペースやプールバーも併設しているので、お酒を楽しみながら海やプールを眺めて楽しむこともできます。

晴れていれば、対岸に伊計島を眺めることもできます。

ただし、飲酒後の遊泳は危険ですので注意して下さい。また、天気によっては落雷の危険性があるため、閉鎖する場合もありますとのことです。

施設

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ1

フロントがある棟には、先程のレストラン以外に琉球居酒屋、BAR&カフェ、リラクゼーション「Relamax」、カラオケルームが併設されています。

楽天トラベル: リブマックスアムス・カンナリゾートヴィラ 施設のご案内
リブマックスアムス・カンナリゾートヴィラの施設のご案内。気になる詳細情報は是非アクセスして確認下さい。

泊まって良かったところ

すごく勝手に泊まってみて、ここが良かったところを以下にまとめてみました。

ナイトプール

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ9

何と言っても、このナイトプールではないでしょうか!

屋外のため天候に左右されやすいですが、営業時間が9:00〜22:00とかなり長く、個人的にこのナイトプールというのに魅力を感じました。

何故かというと…

日焼けしないから!

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ10

おっさんが何を言う、早見優…(笑)なのですが、日焼けすると軽いやけど程度くらいになるため、全く焼かないのではなく焼けない体のため、この時間帯のプールに魅力を感じます。

今流行りなのかもしれませんが、日焼けをしたくない女性の方にもいいと思います!

コテージタイプの客室

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ2

次に泊まってよかったのが、このコテージタイプの客室でした。

隣の部屋からの音が聞こえない…またそんなに隣を気にしなくてもいい、とハイツ暮らしの私達にとっては、開放感満点の客室でした。

沖縄でも、コテージタイプの部屋があるホテルはありますが、とても小市民には泊まれない価格帯のものがほとんどです。

ですが、こちらのホテルは(プランによっても異なると思います)気軽に泊まれる価格帯でした。たまたまだったのかもしれませんが…(^^;)

夕食が美味しかった!

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ6

使いまわしですが…(^^;)

洋食は食べてないので不明ですが、車海老御膳と和食は食べたのですが、美味しくて期待していなかっただけにかなり満足しました。

お酒を飲む方や、女性の方だとちょうどいい量かと思いましたが、私のようにお酒が飲めずかつ、大食漢の方には少しご飯の量が少なく感じるかも知れません。

それを差し引いても、夕食には満足しました。

景色や雰囲気が良かった!

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ5

たまたまですが、かなり夕焼けが綺麗でした。

前述したように、客室と客室の間が適度に距離があるためか、全体の雰囲気がかなり好みでした。全体に芝生が敷き詰められており、いい感じでした。

また、敷地の至る所に草木や花が植えられているため、自然豊かな感じでいい時間を過ごすことができました。

従業員の方の対応がすごく良かった!

何よりも良かったのが、従業員の方の対応がすごく良かったところです!

ホテルに泊まる上で、個人的に一番気にしているところです。施設が多少悪くても、従業員の方の対応が良ければ、気持ちよく過ごせて、楽しく帰れますので…

今回は、本当に気持ちのいい接客をしてもらい、また行きたいと思った次第です。

あとがき

リブマックス アムス・カンナリゾートヴィラ14

久々にホテルに泊まってみて、キャンプも楽しいけどたまにはホテル泊もいいなと思いました。また、今回宿泊したホテルは、個人的にかなり気に入ったので、リピートしたいと思いました。

綺麗な眺めで静かにリゾートを満喫してみませんか!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする