比較・まとめ

コットでキャンプに快適な睡眠を!持ち運びが便利な軽量コット4選+比較

ロゴス アッセム コンパクトベッド

Quotation: Amazon

キャンプをしていて、夜中に腰が痛くなり快適に睡眠ができなかったことはありませんか?

インフレータブルマット等のマット類も有効ですが、地面の凸凹や地熱の影響を受けにくく、通気性に優れるコットは、睡眠をより快適にしてくれるキャンプ用品の一つです。

その中から、今回は持ち運びが楽な軽量コットを調べてみたいと思います。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

軽量コット

一概にコットと言っても安定感のあるG.I.コットから、見た目大丈夫かな…と思うコットまで様々なコットがあります。

G.I.コットはとても安定感がありますが、そのためフレームが太くその分重量が5kg以上あるものがほとんどで、ツーリングやフェスなどでは持ち運びが不便です。

また最近、自前のキャンプ用品を軽量化したい(特に理由はないけど)と思う衝動に駆られていることもあり、今回は価格ではなく、持ち運びが楽な軽量コット(個人的基準として重量が3kg以下)を集めて調べてみることにしました。

メッシュ コット / THERMAREST

ラグジュアリーライト メッシュコット

Quotation: Amazon

サイズが、R(レギュラー)、L(ラージ)、XL(エクストララージ)と3種類あります。

見てもわかりますように、コット本体の生地がメッシュになっているため、夏場などの暑い季節には風通しがよく、快適に睡眠ができます。

また、別売で冬期を除く涼しい天候下で使えるようにするコットウォーマーもあります。

今回は中間サイズのL(ラージ)で比較してみたいと思います。

サイズ196×66cm
収納サイズ46×18cm
重量1.806kg
静止耐荷重158.8kg
材質500Dポリエステルメッシュビニールコーティング、
アルミ、プラスチック
希望小売価格¥29,700(税込)

ウルトラライトコット / THERMAREST

ウルトラライトコット

Quotation: ナチュラム

市場で一番軽くてコンパクトと謳っている「ウルトラライトコット」

サイズはR(レギュラー)、L(ラージ)の2サイズになり、R(レギュラー)サイズの重量はなんと1.195kg

2016年までのモデルはグレーな感じのカラーで、構造も上記のメッシュコットと同じ円形の足回りでしたが、2017年からのモデルはカラーや収納ケース、デザインも変更し一層コンパクトになりました。

こちらも、メッシュコット同様L(ラージ)サイズで比較したいと思います。

サイズ196×66cm
収納サイズ43×13cm(厚さ不明)
重量1.361kg
静止耐荷重147.5kg
材質リップストップポリエステルサーマキャプチャーコーティング、
アルミ、プラスチック
希望小売価格¥30,800(税込)

ライトコット / Helinox

ヘリノックス ライトコット

Quotation: Amazon

チェアワンなどで有名なヘリノックスのコット・シリーズの中で最軽量を実現したモデルで、収納時も非常にコンパクトなコットになります。

サイズは1種類のみになります。

サイズ1850×600×130mm
収納サイズ530×130×130mm
重量1.2kg
静止耐荷重120kg
希望小売価格¥31,900(税込)

コットワン コンバーチブル / Helinox

ヘリノックス コットワン

Quotation: Amazon

一番マルチな軽量コット「コットワン コンバーチブル

どうマルチかといいますと、別売の「コットレッグ」を取り付けると、ローコットだったコットワンが、ハイコットになります。この機能はなかなかないですよね!

ヘリノックス コットワン2

Quotation: Amazon

これまた別売ですが、全面にメッシュ生地を使用している「コットワン サマーキット」を使用すると通気性に優れるため、暑い季節でも蒸れずに涼しく眠ることができます。

また、脚がこれだけ3本と少なめですが、見てもわかりますように一番太く頑丈そうです。

設営も脚が少ない分時間が短縮できます。

個人的に、価格を除いては最強のコットかと思います。

サイズ1900×680×160mm
収納サイズ540×160×160mm
重量2.19kg
静止耐荷重145kg
希望小売価格¥39,050(税込)

比較

今回は価格ではなく、重量とサイズというところに着目して比較してみたいと思います。

サイズ収納サイズ重量静止耐荷重
メッシュコットL1960×660mm460×180mm
(厚さ不明)
1.806kg158.8kg
ウルトラライトコットL1960×660mm430×130mm
(厚さ不明)
1.361kg147.5kg
ライトコット1850×600×130mm530×130×130mm1.2kg120kg
コットワン
コンバーチブル
1900×680×160mm540×160×160mm2.19kg145kg
端が切れる場合は、横へスライドして下さい

それぞれ4つのコットのサイズ(展開サイズ)、収納サイズ、重量、静止耐荷重をまとめてみた表が上の表になります。

収納サイズは厚さが不明ですが、ラグジュアリーライト ウルトラライトコットLが見た感じコンパクトなのと、数値で見るとアッセム コンパクトベッドが圧倒的コンパクトで、バックパックに入れて持ち運びも可能なサイズになります。

軽さはダントツで、ヘリノックスのライトコットになりますが、他のコットよりも幅が狭くなります。また、サーマレストのウルトラライトコットR(レギュラー)は比較に入れていませんが、重量はなんと1.195kgと一番軽いコットになります。

静止耐荷重は、サーマレストのメッシュコットL(ラージ)が158.8kgとダントツです!

数値だけでいくと上記の4種類が抜けていますが、個人的にはヘリノックスのコットワン コンバーチブルが収納サイズは少し大きめですが、マルチで使いやすいサイズかつそこそこの軽さで耐荷重も145kgあるので、一番使い勝手がいいのではないかと思いました。

軽量コット あとがき

今回ご紹介した軽量コットは比較的価格が高めですが、耐荷重が100kg以上あるため、安心して使用できるものばかりです。

また比較的コンパクトに収納できるため、持ち運びや車載にも優しいコットです。

コット選びの候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事
おすすめコット12選
【コット】1万円以下おすすめコット12選!キャンプをもっと快適に!

続きを見る

関連記事
BUNDOK LOWコット BD-206
【BD-206】BUNDOK(バンドック)の軽量LOWコットがいい感じ!

続きを見る

関連記事
軽量アルミローコット
ハイランダーより軽量アルミローコットが登場!Hilander2018新製品

続きを見る

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 バナー
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-比較・まとめ
-

もくじ