DIY

自作100円ランタンハンガー!100均のS字フックでDIY

投稿日:2016.06.30 更新日:

タープのポールなどを購入して、以前から持っていたランタンハンガーがポールが太すぎて、引っかから無くなってしまったことはありませんか?

そんな際に簡単に作れる、ランタンハンガーのご紹介です!

自作と呼べるのか怪しいところですが、100均に置いてあるS字フックを利用して、ランタンハンガーをDIYしました。

スポンサーリンク

100均のS字フックランタンハンガー

ロゴスランタンハンガー

以前から使用していたロゴスのランタンハンガー

スノーピークのレクタLを購入した際に、以前から使用していたロゴスのランタンハンガーの適用ポールサイズ(内径)よりスノーピークのウイングポールが太く、引っ掛けることができなかったことをすっかりと忘れており、キャンプ前日に気付いて急遽作成したのがきっかけですw

慌てて100均へ行き、置いてある通常のS字フックをまず購入してきました。

S字フック

100均で販売されているS字フックですが、様々な大きさ・カラーがあると思います。
私は、Mサイズ2個セットのブラウン色のS字フックを購入しました。

Lサイズでもよかったのですが、少々ポールから離れすぎるかなと思いMサイズを選択しました。※あまり太すぎると、曲がらない恐れがありますのでご注意下さい

最初はペンチか何かで曲げようかと試しましたが、キズがかなり付くため諦め、地道にハンドパワーで曲げることに…(Mr.マリックさんに頼めばよかったなw)

自作ランタンハンガー2

見た感じ何とか形にすることができました。

構造は通常のランタンハンガーを同じく、くぼみにランタンをかかると重量が加わるため、右側のねじれ部分が安定してポールに絡み付く?(表現が難しいですね)構造です。

休み休み10分くらいで作成できました。

対荷重は表記状6kgになっていますが、構造を変更しているため実際のところわかりませんが、少々重いランタンでも問題なく持ちそうです。

おすすめのサイズのランタンはこの辺りです。

これら以外にも大きいメインランタンも吊ることが出来ました。

自作ランタンハンガー3

上の写真はハンガーの部分は切れていますが、少し重めのプリムスP-571が何日も落ちずに持っていますので大丈夫でしょう。

まとめ

見た目は流石に100均のS字フックのためいいとは全く言えませんが、急遽必要になった際やメーカーのランタンハンガー高すぎると思われた際は100円でできるので試してみて下さい。

ただメーカーのランタンハンガーは太くて、頑丈なのでそれなりのお値段がします。

P.S.
キャンプ当日の朝、手が死ぬ程痛かったのは内緒です…(笑)

 

DIYに関する記事

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

おすすめの記事

おすすめモノポールテント12選 1

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

ニトリ キッチンラック2 2

ニトリの折りたたみ式キッチンラックが思いのほか、ソロキャンプ用テーブルにいいのではないかい?と思ったので、取り上げてみました

トンネル型テント 3

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

YETI2 4

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

キャンプ持ち物リスト 5

Evernoteで持ち物リストを作成すれば、忘れ物なしでキャンプに行けますよ!

-DIY

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.