DIY

自作100円ランタンハンガー!100均のS字フックでDIY

投稿日:2016.06.30 更新日:

タープのポールなどを購入して、以前から持っていたランタンハンガーがポールが太すぎて、引っかから無くなってしまったことはありませんか?

そんな際に簡単に作れる、ランタンハンガーのご紹介です!

自作と呼べるのか怪しいところですが、100均に置いてあるS字フックを利用して、ランタンハンガーをDIYしました。

スポンサーリンク

100均のS字フックランタンハンガー

ロゴスランタンハンガー

以前から使用していたロゴスのランタンハンガー

スノーピークのレクタLを購入した際に、以前から使用していたロゴスのランタンハンガーの適用ポールサイズ(内径)よりスノーピークのウイングポールが太く、引っ掛けることができなかったことをすっかりと忘れており、キャンプ前日に気付いて急遽作成したのがきっかけですw

慌てて100均へ行き、置いてある通常のS字フックをまず購入してきました。

S字フック

100均で販売されているS字フックですが、様々な大きさ・カラーがあると思います。
私は、Mサイズ2個セットのブラウン色のS字フックを購入しました。

Lサイズでもよかったのですが、少々ポールから離れすぎるかなと思いMサイズを選択しました。※あまり太すぎると、曲がらない恐れがありますのでご注意下さい

最初はペンチか何かで曲げようかと試しましたが、キズがかなり付くため諦め、地道にハンドパワーで曲げることに…(Mr.マリックさんに頼めばよかったなw)

自作ランタンハンガー2

見た感じ何とか形にすることができました。

構造は通常のランタンハンガーを同じく、くぼみにランタンをかかると重量が加わるため、右側のねじれ部分が安定してポールに絡み付く?(表現が難しいですね)構造です。

休み休み10分くらいで作成できました。

対荷重は表記状6kgになっていますが、構造を変更しているため実際のところわかりませんが、少々重いランタンでも問題なく持ちそうです。

おすすめのサイズのランタンはこの辺りです。

これら以外にも大きいメインランタンも吊ることが出来ました。

自作ランタンハンガー3

上の写真はハンガーの部分は切れていますが、少し重めのプリムスP-571が何日も落ちずに持っていますので大丈夫でしょう。

まとめ

見た目は流石に100均のS字フックのためいいとは全く言えませんが、急遽必要になった際やメーカーのランタンハンガー高すぎると思われた際は100円でできるので試してみて下さい。

ただメーカーのランタンハンガーは太くて、頑丈なのでそれなりのお値段がします。

P.S.
キャンプ当日の朝、手が死ぬ程痛かったのは内緒です…(笑)

 

DIYに関する記事

スポンサーリンク

アマゾンプライムセール 7/17まで

まとめ記事

関連コンテンツ

関連コンテンツ

記事がよかったらいいね

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-DIY

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.