メーカー情報

大人気のカマボコテント2 ナチュラム別注モデル!

投稿日:2017.05.23 更新日:

予約販売が開始されると即完売するカマボコテント2に、以前からドッペルギャンガー アウトドア(以降:DOD)のFacebookで予告されていた「ナチュラム別注モデル」が登場!

待ちに待った方には朗報ですね!

スポンサーリンク

カマボコテント2 ナチュラム別注モデル

カマボコテント2にナチュラム別注モデルが出ると、以前にDODのFacebookで書き込みがありましたが、遂にその別注モデルの予約開始日と詳細の発表がありました。

オリジナルカマボコテント2の詳細はこちら

カマボコテント2 201709
【カマボコテント2の人気に迫る!】大人気のカマボコテント2を徹底調査および2018年販売情報!

ドッペルギャンガー アウトドア(DOD)より昨年一世風靡して完売をした「カマボコテント」の後継「カマボコテント2」の詳細が発表されましたので、早速調査してみました。

ナチュラム別注モデルは2種類あり、現在のところ150D(ベージュ×ブラック)と75D(グレー×ダークレッド)という名称になっています。

今後名称の変更があるかもしれません。2017年5月23日現在。

カマボコテント2 150D(ベージュ×ブラック)

個人的には、オリジナルのベージュ×オレンジよりこちらのカラーの方を定番にすればいいのにと勝手に思ってしまうくらい、好みです。

価格

  • スタートパッケージ(マット・シート付属):60,400円(税込)
  • 単品販売:51,840円(税込)
2017年7月2日のナチュラム祭で数量限定で再販されましたが、即完売済みです。
本体のみ
マット・シートのセットモデル

別注モデルとオリジナルの違い

  1. 収納袋のカラーが違う
  2. 本体のカラーが違う
  3. 耐水圧が違う

と、オリジナルと3ヵ所が違っています。

まず、収納袋はナチュラム別注モデルは本体のカラーを問わず収納袋がブラックになります。

本体のカラーがベージュ×ブラックとありますが、完全なブラックと言う感じにせず、カラーの中に若干のブラウン味を混ぜ込んでいて、引き締まったイメージと言うよりオリジナルカラーの特徴でもあった、鮮やかさが残った様な仕上がりになっているとのことです。

また、耐水圧は製造工場が「カマボコテント2ブラック」と同じため、耐水圧は2,600mmとなります。(オリジナルは3,000mm)

カマボコテント2 75D(グレー×ダークレッド)

このカラーも捨てがたいですね。ブラックカラーよりもこちらのからの方が良かったのではないかと思ってしまいます。

価格

  • スタートパッケージ(マット・シート付属):56,100円(税込)
  • 単品販売:47,800円(税込)
2017年7月2日のナチュラム祭で数量限定で再販されました。75D(グレー×ダークレッド)の在庫があるようです。ご購入時は必ず、単品かマット・シートセットかお確かめの上ご購入ください。これもすぐに完売しそうですが…
2017年7月15日現在
本体のみ
マット・シートのセットモデル

別注モデルとオリジナルの違い

  1. 収納袋のカラーが違う
  2. 本体のカラーが違う
  3. 耐水圧が違う
  4. 生地の厚みが違う

と、オリジナルと4ヵ所が違っています。

まず収納袋は150Dと同様、ナチュラム別注モデルは本体のカラーを問わず収納袋がブラックになります。

カラーは全体のカラーはグレーとなり、スリーブがダークレッドとなっています。
DODの書き込み時はブラウン×ダークレッドとありましたが、変更になったのか見た感じのカラー表現の違いかは不明)こちらはアウトドアパークのイベントで展示がされており、メーカーの事前発表で公開されていた事もあって、ご存知のカラーになります。

耐水圧が2016年の初代カマボコテントと同様の2,000mmになります。

生地の厚みが75Dとあえて初代カマボコテントと同じものを採用したのには理由があるとのことです。理由は以下の通り

経緯はイベントでお会いした方にも良く聞かれたのですが元々前作で意見が多かった、「色味が薄いから遮光性が弱いのでは?」と言う問題を本体カラーを濃い色にする事で緩和し、旧品の良い点であったコストメリットや重量(生地強度が上がった分2の方が重い)を引き継いで販売をしたい、と言う狙いがあったからです

尚、予約の詳細については、当記事にて公開している情報が現時点での全てとなります。なので個別でお問い合わせいただきましても、これ以上の情報はご案内できませんとのことです。

販売される個数は各400張とのことです。

スポンサーリンク

あとがき

この2種類なら欲しいなと思う自分がいますが、そう頻繁に幕は買えませんからね。

予約開始当日はアクセスもかなり集中すると思いますが、カマボコテント2のナチュラム別注モデルを待っていた方は、是非ゲットして下さいね!

  • 【セール】L-Breathオンラインストアにて、 ゼビスポモール祭 開催!
    期間:2018年9月19日(水)~
  • 登山用品・アウトドア用品専門店「好日山荘」にて 2018 Summer Wear FINAL SALE を開催中!
  • Columbia(コロンビア)オンラインストアにて、2018 春夏アイテム【最終】30%OFF FINAL SLLE 開催中!
  • ナチュラムにて、秋のレジャー応援セール 開催中!
    期間:2018年10月11日(木)まで

スポンサーリンク

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-メーカー情報
-,

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.