遂に発売!カマボコテントミニを徹底調査!ドッペルギャンガー 2017新製品

待ちわびた方も多いのではないのでしょうか!

カマボコテント2が大人気のドッペルギャンガー アウトドアより、かなり前から予告のあった小さめのカマボコテント「カマボコテントミニ」の詳細発表がありました。

早速詳細を確認してみました。

2017年5月24日、DODより「カマボコテント2、カマボコテントミニ 耐水圧の誤表示に関するお詫びとお知らせ」の発表がありました。
http://www.doppelganger-sports.jp/support/announce/kamabokotent/
スポンサーリンク
もくじ

カマボコテントミニ

今年も予約受付とともに即完売になる「カマボコテント2」の小さめのサイズ、その名も「カマボコテントミニ

そのサイズは、2〜3名がギリギリ入るのではなく、ゆとりを持って過ごせるサイズ感にこだわったということで、リビングも寝室も2〜3名で快適に過ごせるサイズに設計されており、かつ通常のカマボコテントでは大きすぎるという方へおすすめのサイズです。

気になるサイズなどの仕様は以下の通りです。

仕様

カラー ベージュ/オレンジ
希望小売価格 オープンプライス
組立サイズ(外寸) (約)W2500×D5000×H1750mm
インナーサイズ (約)W2300×D2200×H1650mm
収納サイズ (約)W680×D260×H260mm
重量(付属品含む) (約)11.5kg
最低耐水圧 アウターテント:3000mm 
フロア:5000mm
材質 アウターテント:150Dポリエステル(防炎&UVカット加工済み) 
フレーム:アルミニウム(AL7001)
インナーテント壁面:75Dポリエステル(防炎加工)
インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
UVカット UPF50+
付属品 ペグ、専用キャリーバッグ、取扱説明書

価格

オープンプライス

2017年9月4日時点、共同通信PRワイヤーによると、税込参考価格41,800円とのことです。(参考価格のため、ご購入時は必ず価格をお確かめ下さい。)

発売時期

遂に発売日が決定しました!2017年9月19日更新

カマボコテントミニの発売開始日が決定!ドッペルギャンガー アウトドア2017新製品
カマボコテントミニの発売開始日が決定!ドッペルギャンガー アウトドア2017新製品
カマボコテント2の少人数版、カマボコテントミニの発売開始日が決定しました。

9月16日(土)から18日(月)にかけて滋賀県マキノ高原で開催される「OUTING CAMP 2017」にて先行受注 このイベントは台風による影響で開催中止になりました

OUTINGCAMP2017 - DOPPELGANGER OUTDOOR®[ドッペルギャンガーアウトドア] -アウトドア/キャンプ用品ブランド-
2017年9月4日時点、共同通信PRワイヤー情報

構造

また、通常のカマボコテント2がフレーム4本に対してカマボコテントミニは1本少ない3本で構成されています。

構造は、リビングルームとベッドルームの2ルーム構造になり、通常のカマボコテント2に比べると、リビングルームのスペースが減っていますが、利用人数が2〜3名ならちょうど良さそうなサイズではないでしょうか。

少人数の使用を想定して作られているので、個人的にこのくらいのサイズの方が設営し易いかと思います。

また、リビング全面をメッシュ(前と左右)にすることで、夏のキャンプでは涼しく過ごすことができ、蚊の侵入も防ぐことができます。冬は、逆にテント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカートが付いているため、暖かく過ごすことができます。

スカート付きのため全てのドアをクローズすると空気がテント内にこもりやすくなり、、雨天時には結露が発生しやすいため、一部のドアを開けておくか定期的に換気を行ってくださいとのことです。

特徴

カマボコテントミニは、サイズ以外のスペックはカマボコテント2と同じとのことですが、特徴を数点挙げてみると…

設営面積が少なくてすむ

カマボコテント2に比べ、長さが約140cm短く、幅が約50cm小さいため、 6×6m程度の小さいキャンプサイトであっても、カマボコテントミニとミニバン一台が入るほどの設営面積ですみます。

最小で3.0×5.5m程度の幅があれば設営可能とのことです。

キャノピードアで日陰面積が広がります

ドア部分3ヶ所はポールを立ててタープスペースとして使用可能で、キャノピーで日陰の面積を広げることができます。

個人的には、このキャノピーは便利だと思います。私の所有のシュナーベル5には付いていない機能のため…(^^;)

キャノピー用のポール・ロープは別売です。

ハーフウィンドウで日射しや雨を遮ります

ドア部分3ヶ所は半分だけ閉めることが可能。蒸し暑い真夏のキャンプでの雨天時など、風は通しつつも日射しや雨を遮りたいときに役立ちます。

個人的に、これは意外と役立つ機能だと思います。

インナーを外してスクリーンタープとして使用

大体の2ルームテントだとできる機能だと思いますが、インナーテントを外してスクリーンタープとして使用すると意外と便利です。

夏場だと地面が地熱で温かい為、インナーを張らずにコットを置いて寝るとインナーテントとマット寝に比べて涼しく寝ることもできます。

ただし、虫は多いかもしれませんので対策が必要になってきますが…

かなり強い風にも耐える強度

かなり強い風にも耐えれる強度があるとのことです。(ガイロープをきちんと張って)

実際には、こんな風が吹く時は避難したほうが無難です(^^;)

その他

その他の特徴は、カマボコテント2と同じということなので

入手困難なカマボコテント2を徹底調査!ドッペルギャンガー 2017新製品
入手困難なカマボコテント2を徹底調査!ドッペルギャンガー 2017新製品
ドッペルギャンガー アウトドア(DOD)より昨年一世風靡して完売をした「カマボコテント」の後継「カマボコテント2」の詳細が発表されましたので、早速調査してみました。

をご覧ください。

あとがき

今回のカマボコテントミニもカマボコテント2同様に、Web予約は受付即完売になりました。現在のところカラーは通常のベージュカラーのみですが、カマボコテント2のようにカラー展開があるのか、興味津々です。

カマボコテントの人気はいつまで続くのでしょうね。
今後のドッペルギャンガー アウトドアの動向が気になるところです。

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする