HARIO コーヒードリップケトルヴォーノ!アウトドアコーヒーで至福のひと時を…

coffee8

※2015年6月17日に旧ブログで掲載した記事を移行させ、追記した記事になります。

自然の中で飲むコーヒーは、家や仕事場で飲むコーヒーより一段と美味しく感じませんか?

キャンプで美味しいコーヒーが飲みたくて、淹れ方を勉強しようと思いまず書籍を購入しました。かなり読み応えのある書籍で、購入してから約1年半経った今も完全に読み切れていません(^^;)

coffee

続いて美味しく淹れるための道具などを探して購入しました。

購入にあたってキャンプ用にコンパクトなものを購入しようと思いましたが、小市民な私はキャンプだけでなく日常生活でも使える道具を選び、最終的に購入しました。

Melitta(メリタ)、Kalita(カリタ)、HARIO(ハリオ)の3大メーカーがある中、私が選んだのはHARIO(ハリオ)

スポンサーリンク
もくじ

HARIO(ハリオ)

coffee2

HARIOは、東京にある日本の耐熱ガラスメーカーで、創業がなんと95年の老舗メーカー。
ドリッパーにも様々な種類がありますが、耐熱ガラスのドリッパーが欲しかったのと、フォルムがかなり好みだったというのもあり、HARIOで一式揃えました。

それでは、購入した道具をご紹介します。

V60耐熱ガラス透過ドリッパー

coffee3

ほんと綺麗なフォルムをしています。

最近こういう小物で、MADE IN JAPANを見たことがありませんでしたので、余計に感動しました。

coffee4

さすがは耐熱ガラスメーカーさんだけあって、食洗機が使用できます。

見ているだけで美味しいコーヒーが淹れれそうです(謎)

V60レンジサーバー

coffee5

オール耐熱ガラス製のサーバーという謳い文句に乗っかって購入しました。ポット・フタとともに耐熱ガラス製のサーバーのため、フタをしたまま電子レンジがOKなので、飲みきれなかった際にとても便利です。キャンプでは温め直しできませんけど…(^^;)

こちらも、ドリッパー同様食洗機が使用でき、なおかつ電子レンジも使用できます。

続いてコーヒードリップケトルヴォーノです。

コーヒードリップケトルヴォーノ

coffee6

耐熱ガラスのドリッパーやサーバーも欲しかったのですが、一番HARIOを購入しようと思ったきっかけがコレ!

コーヒードリップケトルヴォーノ

ほんといいですよ!
もう見た目から入っちゃいましたが、こうなんて言ったらいいのかわかりにくいですが、フォルムがいいんです!

先っちょがシュッとしていて、胴体との接合個所がキュッとしていて…
擬音語の多い、関西のおっさんの説明ですね(笑)

coffee7

しかも熱源が様々対応しているのもありがたいところです!

IHヒーター・ガスコンロはもちろんのこと、エンクロヒータ・ラジエントヒータ・シーズヒータと生まれてこのかた聞いたことのないヒータまで対応しています。

ただし電子レンジ・オーブンレンジには対応していません。

コーヒーミル・セラミックスリム

coffee10

これは後発で注文したのですが、やっぱり豆を挽いて淹れた方が美味しいですよね!

単体が木のタイプなど、がっしりしたものもあったのですが、ここだけはキャンプ用に軽めのミルが欲しくて、「コーヒーミル・セラミックスリム」を購入しました。

coffee11

購入した一番の決めては、値段がお求め易いのと、カップにあった量が目で確認できるところ、挽き加減を調整できるところ、コンパクトで分解して洗えるとことが気に入りました。

残念ながら、MADE IN JAPANではありませんでしたが、調整ツマミを回すだけで粗さ調節ができる便利なコーヒーミルです。

ちょうどコーヒー2杯分を挽くことができるので、便利です。

実践

coffee14

実践は昨年の夏キャンプで初投入!

初めて豆を挽いていれたコーヒーは格別に美味しかったです。
ただ真夏の沖縄でホットだったので、かなり暑かった記憶があります(^^;)

夏キャンプ@沖縄県総合運動公園
7/17〜18と沖縄県総合運動公園にキャンプへ行ってきました。台風が懸念されましたが、沖縄は幸いそれ晴...

でも、美味しさも格別ですが香りも最高ですね!
やっぱり挽きたてのコーヒーはいい香りがします。

まとめ

ハンドドリップやパーコレーター、サイフォンなど色々とコーヒーの淹れ方があります。

それぞれ違った美味しさがあると思いますので、自分にあった淹れ方でアウトドアコーヒーを楽しんでみては如何でしょうか?

最終的にはHARIOのコーヒードリップケトルヴォーノは良かったですよ!と言いたかっただけです(^^)

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする