その他ギア

【CLAYMORE(クレイモア) FAN V600】キャンプにおすすめの扇風機サーキュレーター!FAN V600+と比較

クレイモア FAN V600 TOP

2021年に発売された「FAN V600+」と少し異なり、後半で比較をしています。

夏キャンプは、ほんと汗が止まりませんよね!

汗をかきながら設営をして、設営終わりにキンキンに冷えた飲み物を飲みながら、扇風機にあたる喜びは、ある意味夏キャンプの醍醐味だと思います。

電源サイトであれば、家庭の扇風機やサーキュレーターを持ち込んで使うことができますが、サイトの使用料金もフリーサイトに比べると割高。

そんな時に役に立つのが、充電式扇風機。

中でも今回ご紹介する、扇風機サーキュレーターが今アツいんです!

それではキャンプにおすすめの、CLAYMORE(クレイモア)の扇風機サーキュレーターFAN V600」を、後継機種「FAN V600+」との比較も交えながらご紹介します。

FAN V600+と比較

2022年6月現在、「FAN V600」は廃盤となり販売されているのは「FAN V600+」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

CLAYMORE(クレイモア)とは

クレイモア FAN V600 ロゴ

クレイモアとは?

2002年に韓国で設立されたLEDスタンド、LEDランタン、家具照明などのLED照明器具の製造メーカー「プリズム社」のサブブランドの一つで、主にアウトドア向けのLEDライトを製造しています。日本では株式会社ハピラが正規販売代理店となっています。

明るいと評判のLEDランタン「ルーメナー」を凌ぐ明るさの「クレイモア ウルトラ プラス シリーズ」を販売していることで有名。

クレイモアのメイン製品はLEDライトですが、2020年から今回ご紹介する扇風機サーキュレーター「FAN V600」が日本で発売されました。

ここで紹介している「FAN V600」は、現行機種「FAN V600+」とは異なります。ただし、使用感などは似ていると思われるため、仕様以外が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの扇風機 CLAYMORE(クレイモア) FAN V600

FAN V600 アップ

今や夏キャンプに欠かせない扇風機やサーキュレーター。

アウトドアやキャンプにおすすめな扇風機やサーキュレーターが現在数多くのブランドから販売されていますが、今回私がCLAYMORE(クレイモア)の扇風機「FAN V600」を選んだ理由は以下の特徴があったからです。

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600 特徴

その特徴は以下の5つ

  • 4段階の風量調節
  • 4段階のオフタイマー
  • 前カバーを外して掃除が可能
  • ポータブル電源機能がある
  • 様々な使い方ができるところ

それぞれを見ていきます。

4段階の風量調節

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600には、4段階の風量調節が備わっています。

FAN V600 風量1
FAN V600 風量2

本体上部左側ファンのマークのボタンを押すと、風量調節ができます。

1回押すとLEDが1つ点灯して「超微風」、もう一度押すとLEDが2つ点灯して「微風」になります。

個人的に自宅では、この2モードでことが足りています。

FAN V600 風量3
FAN V600 風量4

更に押すとLEDが3つ点灯して「弱風」、もう一度押すとLEDが4つ点灯して「強風」となります。

さらにもう一度押すと電源が切れるという仕組みです。

OFF→超微風→微風→弱風→強風→OFF

4段階のオフタイマー

CLAYMORE(クレイモア) の扇風機「FAN V600」には、4段階のタイマー調節が備わっています。

FAN V600 タイマー1
FAN V600 タイマー2

先程の風量調整ボタン横、時計のマークボタンを押すと、タイマー調整ができます。

わかりやすいように、左の風量は超微風で固定しています。

1回押すとLEDが1つ点灯してタイマーが「1時間」、もう一度押すとLEDが2つ点灯して「2時間」になります。

FAN V600 タイマー3
FAN V600 タイマー4

更に押すとLEDが3つ点灯してタイマーが「3時間」、もう一度押すとLEDが4つ点灯して「4時間」となります。

さらにもう一度押すとタイマーがOFFになるという仕組みです。

タイマーOFF→1時間→2時間→3時間→4時間→タイマーOFF

前カバーを外して掃除が可能

FAN V600 前カバー外し

CLAYMORE(クレイモア) の扇風機「FAN V600」は、前カバーを外して扇風機内を清掃することができます。

説明書にも書かれていますが、扇風機の前カバーを反時計回りに回すと外れる仕組みです。

ポータブル電源機能がある

この機能は、FAN V600+にはありません。

FAN V600 入出力

またCLAYMORE(クレイモア) FAN V600は、扇風機以外の使い方があります。

背面のゴム樹脂を開けると、充電ポート(INPUT)以外に出力ポート(OUTPUT)が備わっています。

これはCLAYMORE(クレイモア) FAN V600をポータブル電源として使用するためのもので、例えばOUTPUTにUSB-ライトニングケーブルを挿してiPhoneを充電したりすることもできます。

ただしケーブルは付いていませんので、必要に応じたケーブルを用意する必要があります。
また現行機種FAN V600+にはOUTPUTはなく、モバイルバッテリー機能はありませんのでご注意下さい。

いざという時に便利ですが、充電とモバイルバッテリーの同時使用は不可です。

様々な使い方ができるところ

クレイモア FAN V600 吊り2
クレイモア FAN V600 付属三脚

CLAYMORE(クレイモア) の扇風機「FAN V600」は、付属の専用三脚で設置する以外に、三脚を外しランタンフックに引っ掛けて使用したりと、様々な使い方ができます。

使用用途によって使い方を変えることができるため、とても便利です。

次のおすすめのポイントで更に詳しく解説致します。

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600 おすすめのポイント

実際にクレイモアの扇風機「FAN V600」を使用して感じた、おすすめのポイントをご紹介します。

それは先程の特徴でもご紹介した、様々な使い方ができるところ。

付属の三脚を使う

クレイモア FAN V600 付属三脚

まずはノーマルな使い方、付属の三脚を使う方法。

この三脚が意外と安定しており、ちょっとやそっとでは倒れません(突風は除く)。

机の上に置いて使うとちょうど顔の高さに来るため、個人的にはベストな感じ!

また地面に置いても、首が最大45°まで角度調整ができるため、いい感じに風が当たります。

ハンドルワイヤーを使う

FAN V600 特徴
クレイモア FAN V600 吊った箇所

続いてハンドルワイヤーを使用する方法。

本体後部に、吊り下げ用のハンドルワイヤーが装備されています。

クレイモア FAN V600 吊り

実際のキャンプで、キャノピーポールにランタンハンガーを付け、ハンガーにハンドルワイヤーを掛けて使用してみましたが、いい感じに風を送ってくれて快適でした。

汎用カメラ三脚を使う

クレイモア FAN V600 三脚

次に汎用カメラ三脚を使用する方法。

CLAYMORE(クライモア) FAN V600には1/4インチのネジ穴が付いており、1/4インチの汎用カメラ三脚であれば、三脚に直接CLAYMORE(クライモア) FAN V600を取り付けることが可能です。

上画像のように足の高さを調節したりできるため、大変便利ですよ!

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600 残念なところ

これは残念というか、クレイモアの扇風機「FAN V600」にあればもっとよかったのにと思ったのは「首振り機能

以前購入したKEYNICEの充電式扇風機には首振り機能があったため、個人的に少し物足りなく感じましたが、元々いらない方には不要かもしれませんね。

ただソロキャンプだと首振り機能はなくてもいいのですが、デュオやファミリーだと首振り機能が有ると便利だと思います。

首振り機能が欲しい方にはおすすめできませんが、個人的に首振り機能はあればよかった程度なので、様々な使い方ができるCLAYMORE(クレイモア) FAN V600はおすすめの扇風機サーキュレーターです!

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600 仕様

FAN V600 仕様
本体サイズ幅 243mm × 奥行き 226mm × 高さ 350mm
重量約 506g
バッテリータイプLi-ion 3.7V
バッテリー6,000 mAh 
 バッテリー充放電サイクル約800回充放電が可能
消費電力12W
連続運転時間最大風速 5時間〜最小風速 15時間
充電時間4時間
USB入力microUSB(type-b)入力 5V/2A
USB出力5V/2A

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600 同梱品

FAN V600 同梱品

同梱品は以下の通りです。

  • 本体
  • USB充電ケーブル
  • 専用三脚
  • 取扱説明書

USB充電ケーブルのみで、電源(コンセント)部分は付属していません

FAN V600+と比較

FAN V600+
出典: CLAYMORE

上でご紹介しているものは、2020年に発売された「FAN V600」で、2021年販売の現行機種「FAN V600+」とは異なります。

どこが異なるのか、比較してみました。

FAN V600+と仕様比較

FAN V600+
現行機種
FAN V600
使用時サイズ
(本体のみ※専⽤三脚除く)
幅 243mm × 奥行き 226mm × 高さ 350mm幅 243mm × 奥行き 226mm × 高さ 350mm
重量約 600g約 506g
バッテリータイプLi-ion 3.7VLi-ion 3.7V
バッテリー容量7,800 mAh6,000 mAh 
連続運転時間最大風速 7時間〜最小風速 32時間最大風速 5時間〜最小風速 15時間
充電時間6時間30分4時間
入力USB Type-C 5V/2AmicroUSB(type-b)入力 5V/2A
出力なし5V/2A
付属品USB Type-C充電ケーブル
三脚スタンド
本体USB充電ケーブル
専用三脚

FAN V600+と比較したところ、サイズは全く同じでした。

異なるところは、以下の通り。

  • FAN V600+の方が、重量が約94g増えた。
  • FAN V600+の方が、バッテリー容量が1,800mAh増えた。
  • FAN V600+の方が、連続運転時間が最大風速時2時間、最小風速時17時間増えた。
  • FAN V600+の方が、充電時間が約2時間30増えた。
  • FAN V600+の入力が、USB Type-Cになった。
  • FAN V600+には出力がなく、モバイルバッテリーとしては使用できない。

FAN V600+の方が、重量と充電時間がやや増えた以外は、かなりグレードがアップしています。

また重量と充電時間がやや増えたのも、バッテリー容量が増えたためだと思われるため、仕方のないことかと思います。

残念なところとして、FAN V600+には出力がなく、モバイルバッテリーとしては使用できなくなりましたが、筆者は約2年キャンプだけでなく、自宅での生活でもFAN V600を使用していますが、モバイルバッテリー機能は1回しか使用していないため、ほとんど使うことがない機能だと思います。

使わない機能を省き、バッテリー容量が増えた「FAN V600+」と「FAN V600」との2つがもしも同時に販売されていたら、筆者はFAN V600+に飛びついていたことでしょう。

FAN V600+とカラー比較

FAn V600+ 4カラー
出典: CLAYMORE

筆者の所有するFAN V600は、カラーが1つでグレーのみとなります。

対するFAN V600+は、現在限定モデルを含めると合計4色から選ぶことができます。

FAN V600+のカラーは以下の通り。

  • ウォームグレー
  • サンドベージュ
  • ブラック(アルペン限定モデル)
  • ブラウン(アルペン限定モデル)

の4種類と、選択肢が多くあります。

FAN V600+と比較 まとめ

4種類のカラーから選べ、バッテリー容量が増えた「FAN V600+」は、FAN V600ユーザーの筆者も欲しい一品です。

「FAN V600+」は、夏のキャンプに是非持っていきたいキャンプギアの一つです!

スポンサーリンク

CLAYMORE(クレイモア) FAN V600 あとがき

この度は夏キャンプで扇風機として使用しましたが、扇風機サーキュレーターというだけあって、冬キャンプでもテント内の暖気の循環に役立ちそうです。

また私はキャンプ以外に自宅でて、パーソナル扇風機や御手洗いの扇風機、クーラーのサーキュレーターとして使用しています。

充電式のため、様々なところへ持ち運びができ、いろいろな用途によって使い方を変えることができる扇風機「CLAYMORE(クレイモア) FAN V600

2022年6月26日現在、FAN V600は廃盤となっています。

2021年には、後継機種の扇風機「CLAYMORE(クレイモア) FAN V600+」が登場しており、こちらはかなりおすすめです!

また専用ポーチもあると持ち運びが便利なので、おすすめです!

関連記事
キャンプにおすすめの扇風機
【2022年】キャンプにおすすめ!手軽に持ち運べる充電式 扇風機5選!

続きを見る

関連記事
KEYNICE KN-T6 TOP
KEYNICEの扇風機でキャンプを涼しく過ごそう!キャンプにおすすめの扇風機!

続きを見る

関連記事
Jackery ポータブル電源400
【Jackery(ジャクリ) ポータブル電源 400 レビュー】コンパクトだけど大容量の優れもの!

続きを見る

関連記事
THETA SC2 TOP
【RICOH THETA SC2 レビュー】キャンプの思い出を360°カメラで残しませんか?[PR]

続きを見る

スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-その他ギア
-, ,

もくじ