ユニフレーム fan5duo はデュオキャンプにおすすめです!

fan5duo5

焚き火、BBQにはユニフレーム「ファイアグリル」をオススメしましたが、その同じユニフレームの「fan 5 duo」はデュオキャンプにおすすめのクッキングアイテムです!

ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!
ユニフレーム ファイアグリルが焚き火やBBQに選ばれる理由とは!
様々な焚き火台やBBQグリルがあるなか、ユニフレームの「ファイアグリル」が、選ばれるには理由があります。
スポンサーリンク
もくじ

fan 5 duo

ユニフレームが販売している、クッキングウェアの代表商品「fan 5 DX」の姉妹品で、「fan 5 DX」が4~5人分の調理をするのに適したサイズであるのに対して、「fan 5 duo」は名前の通り2~3人分に適したサイズになっています。

仕様

fan5duo2

仕様は以下の通りです。

【サイズ】
収納サイズ:約Φ215×175mm
ライスクッカーミニDX:約Φ165×93mm
フライパン:約Φ210×52mm
ステンレス大鍋:約Φ215×125mm
ステンレス片手鍋:約Φ175×77mm
メッシュバスケット:約Φ200×110mm

【材質】
ライスクッカーミニDX:(本体)アルミニウムフッ素加工 (フタ)ステンレス鋼
フライパン:アルミニウムフッ素加工(板厚2mm)
ステンレス大鍋:ステンレス鋼
ステンレス片手鍋:ステンレス鋼
メッシュバスケット:ステンレス鋼

【重量】
総重量:約2.4kg

【セット内容】
ライスクッカーミニDX
フライパン
ステンレス大鍋
ステンレス片手鍋
メッシュバスケット

【ほか記載事項】
満水容量
ライスクッカーミニDX:約1.8L
ステンレス大鍋:約4.3L
ステンレス片手鍋:約1.8L

炊量
ライスクッカーミニDX:1~3合

via: ユニフレーム

クッキングウェア5点、重ねることによってかなりコンパクトに収納することが可能になっています。

fan5duo

重ね方は、一番下にステンレス大鍋、次にメッシュバスケット、ステンレス片手鍋、ライスクッカーミニDX、ライスクッカーミニDXの中にフライパンの取って、ライスクッカーミニDXのフタを逆さに乗せて、ステンレス片手鍋のフタ、ステンレス大鍋のフタ、フライパンを逆さに乗せることによって上の写真のように収納することが出来ます。

本当に名の通りオールインワンクッカーです。

展開

fan5duo4

まず一つに収納されているのを、展開していきます。

マトリョーシカ的な感じの商品で、一番上のフタがフライパンというのは購入当初に驚いたものです。

フタだったフライパンに木の取っ手を付けると、通常のフライパンになります。
非常に便利な構造になっています。

fan5duo5

展開したそれぞれのクッカーを紹介していきます。

ライスクッカーミニDX

fan5duo7

本体箱後側に「ライスクッカーミニDX」で美味しくお米を炊く方法等が記載されています。
写真に撮っておくことをおすすめします。

実際にお米を炊いてみます。
今回は「ライスクッカーミニDX」最大の3合で炊いてみます。

fan5duo9

炊きあがると、焦げることもなく、綺麗に炊けています。
アルミニウムフッ素加工がされているため、今までに何度も炊きましたが、一度も焦げついたことがありません。

簡単に美味しく炊くことができます。

ステンレス大鍋

fan5duo10

ステンレス大鍋はスペアリブを茹でたり、カレーを作ったりと様々な用途に使うことが出来ます。煮物、茹でものに大活躍です。

フライパン

fan5duo6

fan 5 duoのフタに、木のとってを付けることによって、あっという間にフライパンに変わります。よくこんな構造考えたもんですね。

炒め物に大活躍です。

ステンレス片手鍋

fan5duo11

これに大活躍というのはないかもしれませんが、痒いところに手が届くサイズをしています。

うちの使い方だと、ステンレス大鍋でパスタを茹でておいて、その間にこのステンレス片手鍋でソースを作ったりします。

いわゆる万能選手です。

メッシュバスケット

メッシュバスケットは、野菜を洗う際やパスタなどの麺の水を切る際に使います。

オーソドックスな使い方しかしていません。

まとめ

これ一つあれば、デュオキャンプまたは3人家族のキャンプで大活躍です。

私はキャンプに行く際、何かと便利なので、必ず「fan 5 duo」を持って行きます。
ステンレスのため使用していくと、独特の使用感が出てくるので、愛着が湧いてきます。

fan 5 duo」は、デュオや3人家族の方に是非おすすめしたいアイテムの一つです!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする