楽天スーパーセールおすすめアイテム

【エントリーパック TT】スノーピークよりテントとタープのお得なセット!2018 New Products

エントリーパック TT

一年でこの年末時期から、お正月明けのシーズンの新作発表ラッシュの時期がたまらないです!

買う買わないは置いておいて、「この製品いいな…」とか思いながら、カタログを読むのが楽しみの時期でもあります。

2017年12月12日より、2018年の新製品をWebサイトでも掲載しているスノーピークから、先日ご紹介しましたカマボコ型テント「ヴォールト」とヘキサタープのお得なセットも登場します!

あわせて読みたい
【ヴォールト】スノーピークから遂にトンネル型テントが登場!2018 新製品 スノーピークからトンネル型テントが遂に登場します。特徴や仕様をご紹介します。

気になるので早速調べてみました。

スポンサーリンク
タップできるもくじ

エントリーパック TT

先日もご紹介しました、スノーピークのカマボコ型テント「ヴォールト」とヘキサタープがセットになったモデル「エントリーパック TT

ヴォールト

Quotation: snow peak

きっと名称の「TT」は、テント・タープの頭文字をとっているのだと、勝手に思い込んでいる次第です(笑)

それぞれの仕様は、以下の通りです。

仕様

エントリーパックTT 仕様

Quotation: snow peak エントリーパック TT 取り扱い方法

テント(ヴォールト)

使用時サイズ 530×300×H150cm(室内高)
収納サイズ 60×23×23(H)cm
重量 7.65kg
対応人数 4名
材質 本体:75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
テフロン加工、UV加工
インナーテント:68Dポリエステルタフタ
ボトム:210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
フレーム:A6061(φ13mm)
セット内容 テント本体、フレーム長(×1)、フレーム短(×2)、ジュラルミンペグ(×28)、
自在付ロープ(2.5m×10、3.5m×6) 、リペアパイプ(×1)、キャリーバッグ、
フレームケース、ペグケース

ヘキサタープ

使用時サイズ 最大570x500cm
キャリーバッグサイズ
(収納サイズ)
80×17×22(H)cm
重量 7kg
対応人数 4名
材質 本体:210Dポリエステルオックス
PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
テフロン加工、UV加工
セット内容 タープ本体、コネクションテープ、スチールポール(280cm、240cm)
スチールペグ30(×8 )、キャリーバッグ
自在付ロープ( 二又用10m×2、3m×2、2m×2)
ポールケース、ペグケース

価格

¥54,780(税込)

2021年3月29日現在

ヴォールトが単体で¥32,780(税込)のため、セット価格より差し引くとタープが22,000円(税込)になり、ポールとペグ×8本付属しているため、お得なセットだと思います!

特徴

テント

ヴォールト2

Quotation: snow peak

オーソドックスなカマボコ型テントで、吊り下げインナーテントもかなりオーソドックスなタイプです。インナーテントを外せば、シェルターとしても利用でき、多様なシーンに対応することができます。

ただし、見たところメッシュになりそうな部分がフライ側になさそうなため、夏場は暑いのではないかと思います。

タープ

タープには、スチールですがポールも付属しており、ペグも最初から8本付属しているため、ハンマーさえあればすぐに張ることができます。

タープは、基本ポールとペグが付属していないものが多く、意外と別途購入すると高くなるので、付属していることは大変ありがたいです。

ポールはスチールのため、アルミに比べると重くなりますが、頑丈です!

スポンサーリンク

あとがき

標準の張り方をすると、ガイロープの端から端まで1,640cm(16m40cm)とかなり長くなります。

ただし、一番トップ画像の小川張りで張った際のサイズのため、タープ自体をもう少しテントに被せて張ればもう少し短く張ることも可能になります。

私がキャンプをやり始めた頃に、このセットがあれば間違いなく飛びついていたことでしょう!

価格もタープにポール、ペグが付属していることから、かなりお得なセットだと思います。

キャンプ初心者の方におすすめのセットです!

あわせて読みたい
スノーピーク New Products 2020!2020年新製品リリース情報 snow peak(スノーピーク)より2020年ラインアップの詳細が明らかになりましたので、気になるアイテムをピックアップして解説致します。
あわせて読みたい
スノーピーク シェルフコンテナ25を実際に使用してみてわかったメリットとデメリット 大人気スノーピークの「シェルフコンテナ25」、通称「シェルコン25」を実際に約6ヶ月使用してみてわかった、メリットとデメリットをお届けします。
あわせて読みたい
【HOME&CAMPバーナー】スノーピークより美しいフォルムのガスコンロが登場! 大人気の「HOME&CAMPバーナー」なぜこんなに人気なのか魅力に迫ってみたいと思います。
あわせて読みたい
【エントリー2ルーム エルフィールド】スノーピークよりエントリー向け2ルームシェルター登場! スノーピークより、年間を通じてキャンプを楽しむことができる「エントリー2ルーム エルフィールド」の登場です!
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

タップできるもくじ