比較・まとめ

【比較】初心者向けスノーピーク エントリーパックTT とogawa Entry Classを比較!

投稿日:2018.03.21 更新日:

日本の2大キャンプブランド「スノーピーク」と「ogawa」より、エントリー向けのテントとタープが2018年4月より発売されます。

気になる方も多いはず!

そこでこの度は、スノーピーク「エントリーパックTT」とogawa「ogawa Entry Class(Pista-ECとSystem Tarp Hexa-EC」を比較してみたいと思います。

スノーピーク エントリーパックは、2018年3月31日発売へ変更
2018年3月23日現在
スポンサーリンク

エントリーパックTT / スノーピーク

エントリーパック TT

Quotation: snow peak

まずはキャンプ業界を騒然させた、スノーピークの「エントリーパックTT」。トンネル型テントとヘキサタープのセットで、驚きのプライス!

テント「ヴォールト」は、単体での購入することもできるようになっています。

このセットが、スノーピークの「Entry Line」として登場します。

気になる仕様は以下の通り。

仕様

エントリーパックTT 仕様

Quotation: snow peak エントリーパック TT 取り扱い方法

ヴォールト / テント

ヴォールト

Quotation: snow peak

使用時サイズ 530×300×H150cm(室内高)
収納サイズ 60×23×H 23cm
重量 7.9kg
使用可能人数 4人(取り扱い方法より)
素材 本体:75Dポリエステルタフタ、UV加工、 PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工
インナーテント:68Dポリエステルタフタ
ボトム:210Dポリエステルオックス、 PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
フレーム:A6061(φ13mm)

ヘキサタープ

使用時サイズ 570×500cm
収納サイズ 80×17×H 22cm
重量 7.5kg
使用可能人数 4人(取り扱い方法より)
素材 本体:210Dポリエステルオックス、UV加工、 PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工

単体の名称や販売の表記等はありませんが、サイズ・カラーなどから「アメニティタープ ヘキサLセット」ではないかと推測されます。

価格

エントリーパックTT(ヴォールト+ヘキサタープ):49,800円+

ヴォールト(テント単体のみ):29,800円+税

2018年3月20日現在

ヴォールトが単体で29,800円(税別)のため、セット価格より差し引くとタープが20,000円(税別)になり、更にポールとペグ×8本が付属しているため、かなりお得なセットです!

販売箇所

スノーピーク直営店だけでなく、スポーツオーソリティやスーパースポーツゼビオなど沢山のショップにて購入ができます。詳しくは以下の店舗一覧をご覧下さい。

https://www.snowpeak.co.jp/sp/entrypacktt/

続いて、ogawa Entry Classです。

スポンサーリンク

ogawa Entry Class / ogawa(キャンパルジャパン)

スノーピークと違いパックではなく、基本はテントとタープ別々での販売。ただしセットで購入すると別々で購入するよりかは安くなるという設定になっています。

ogawa Entry Classのラインアップは、テント「Pista-EC」、タープ「System Tarp Hexa-EC」の2アイテム。

テントはドーム型テントで、タープはヘキサタープになります。

気になる仕様はそれぞれ以下の通りです。

仕様

Pista-EC (Entry Class) / テント

使用時サイズ 380×230×H145cm
収納サイズ 62×22×22cm
重量 総重量(付属品除く):5.9kg
幕体:約4.0kg、ポール:約1.9kg
使用可能人数 3〜4人
素材 フライ:ポリエステル75D( 耐水圧1,800mm)UV加工、テフロン加工
内幕:ポリエステル68D
グランドシート:ポリエステル210D( 耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金
カラー サンドベージュ(限定カラー)

System Tarp Hexa-EC / タープ

使用時サイズ 570×480cm
収納サイズ 75×15×15cm
重量 約5.5kg
素材 ポリエステル210D(耐水圧1,800mm)UV加工、テフロン加工
ポール:ALラチェットポール(220~250cm×2本)
セッティングテープ:400cm(ハトメ:50cm間隔)
カラー サンドベージュ(限定カラー)

価格

Pista-EC(テント):48,000円+税

System Tarp Hexa-EC(タープ):42,000円+税

2018年3月20日現在

Pista-ECSystem Tarp Hexa-ECのエントリークラスセット

エントリークラスセット(Pista-EC+Hexa-EC)を購入すると、セット価格が適用されます。

セット価格72,000(本体価格)+税

通常価格が、Pista-EC(48,000円)+System Tarp Hexa-EC(42,000円)+税=合計 90,000円+税になるため、テントとタープの両方を購入しようと思っている方は、断然セットで購入した方が安くなります。

2018年3月20日現在

販売箇所

予約及び販売は、直営ストア限定のため以下の通りになります。

公式オンラインストア

http://www.store-campal.co.jp/

ogawaコンセプトストア「GRAND lodge」新木場・小平・柏の葉

https://www.grand-lodge.jp/store-info

先行予約受付中

続いて比較です。

エントリーパックTTとogawa Entry Classを比較

テント

まずはテントの比較です。

  【ヴォールト】
スノーピーク
エントリーパックTT
【Pista-EC】
ogawa
Entry Class
使用時サイズ 530×300×H150cm(室内高) 380×230×H145cm
収納サイズ 60×23×H23cm 62×22×H22cm
重量 7.9kg 総重量(付属品除く):5.9kg
幕体:約4.0kg、ポール:約1.9kg
使用可能人数 4人 3〜4人
素材 本体:75Dポリエステルタフタ、UV加工、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工
インナーテント:68Dポリエステルタフタ
ボトム:210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
フレーム:A6061(φ13mm)
フライ:ポリエステル75D(耐水圧1,800mm)UV加工、テフロン加工
内幕:ポリエステル68D
グランドシート:ポリエステル210D( 耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金

上記の表より、スノーピークのヴォールトの方が、前室がある分使用時のサイズが大きいことがわかります。収納サイズは大差はなく、使用可能人数も4人になっています。

素材も見たところそんなに差はありません。

重量は、ヴォールトの方がサイズが大きい分重たくなっています。

ヴォールトはトンネル型テントで、一方Pista-ECはドーム型テントになるため、ここは好みになってくるかと思います。

タープ

  【ヘキサタープ】
スノーピーク
エントリーパックTT
【System Tarp Hexa-EC】
ogawa
Entry Class
使用時サイズ 570×500cm 570×480cm
収納サイズ 80×17×H22cm 75×15×H15cm
重量 7.5kg 約5.5kg
素材 本体:210Dポリエステルオックス、 UV加工、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工 本体:ポリエステル210D(耐水圧1,800mm)テフロン加工、UV加工
ポール:ALラチェットポール(220~250cm×2本)
セッティングテープ:400cm(ハトメ:50cm間隔)

上記の表より、サイズはほぼ差がありません。収納サイズと重量はスノーピークのヘキサタープの方が、少々重くて大きいですが、価格が安いためそんなに気にならないのではと思います。

形が両方ともヘキサタープですが、スノーピークのヘキサは通常のヘキサタープではなく、曲線が美しい独特な形のヘキサで、この形を好んで購入される方も多いかと思います。一方ogawaのヘキサは、スノーピークに比べると曲線が少なめですが、こちらも綺麗な形をしています。

セット価格

  スノーピーク
エントリーパックTT
ogawa
Entry Class
セット価格 49,800円+税 72,000円+税

ogawaのエントリークラスセットも、通常の価格に比べると、かなりお求めやすくはなっていますが、スノーピークのエントリーパックTTと比べてしまうと、約20,000円+税の分高いため、初めて買うテントとタープとしては少々躊躇してしまう価格なのではないかと思います。

まとめ

最終的に好みと言ってしまえば終了してしまいますが、スノーピークのカラーは今までのアメニティドームのカラーを継承しており、一方ogawaの方は、限定特別カラーとのことです。

個人的に、今回のエントリークラスのテントやタープのカラーなどはogawaの方が好みです。

ただ初心者用のエントリーモデルだけに、どうしてもセットで7万円台というのは「手を出しにくい価格帯なのでは?」と思ってしまいます。ogawaブランドのテントとタープが、この価格で手にできるという点はすごくありがたいと思います。

個人的に所有しているタープはスノーピークトンネル型テントはogawaと両ブランドを所有しているので、どちらも好きなのですが、現状の価格で判断すると、どうしてもスノーピークの方販売数は多そうな気がします。

ogawaのエントリークラスセット(Pista-EC+Hexa-EC)が5万円台になれば、ogawaの幕を所有したいというところから、爆発的に売れそうな気がするのですが…

あと話は全く違いますが、ogawa エントリークラスのカラーで、ツインピルツが販売されたら、かなり人気になりそうです。(個人的希望)

あとがき

キャンプ業界の2大ブランドから2018年4月に発売を予定している、エントリーモデルを比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

何はともあれ、この2大ブランドからエントリーセットが出ることは、2018年はキャンプギア改革の年なのかもしれませんね!

  • Amazonにて、サイバーマンデーセールを開催!
    期間:2018年12月7日(金)18:00〜12月11日(火)午前1:59まで
  • ナチュラムにて、2018年歳末 ナチュラム祭 開催!
    期間:2018年11月30日(金)18:00〜12月20日(木)23:59まで
  • スポーツオーソリティにて、【トレッキング応援フェア】開催中!
    購入点数に応じて最大30%OFFに!
    期間:2018年12月24日まで icon
  • 使っていない登山用品や、キャンプ・アウトドア用品をマウンテンシティ で、無料査定してみませんか?
    今なら買取強化アイテム・ブランドの買取金額が20%UPのキャンペーン実施中!
    期間:2018年11月末まで

スポンサーリンク

Yosocamはにほんブログ村 アウトドアブログに参加しています。
関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-比較・まとめ

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.