テント・タープ

【大炎幕FC】無骨さはそのままにオールコットンになってリニューアル!

大炎幕FC キャノピー

Quotation: tent-Mark DESIGNS

デュオ用炎幕として登場した「大炎幕

フライのひさし部はコットン100%で、側面・背面部はポリエステルオックス210Dの素材を採用していました。

2020年に入り、その大炎幕がオールコットンになってリニューアル!

名称も「大炎幕FC」とリニューアルしました。

それではリニューアルをした「大炎幕FC」を、以前の大炎幕との比較を交えつつご紹介します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

大炎幕FC / tent-Mark DESIGNS

炎幕のワイルドさをそのままに、大型サイズにした大炎幕。

2020年1月のリニューアル情報では、大炎幕は「オールコットンにリニューアル」とあり、廃盤の記載はありませんでしたが、WILD-1各Webストアで「数量限定 処分特価」とあることから、在庫限りで大炎幕は廃盤になると思われます。

本体(フライシート)とマッドスカートのフロント部はコットン100%で、残りのマッドスカート(サイド・リア部)がコットン混紡生地と、各生地素材特性のいいところ取ったテント。

大炎幕の渋めのカラーも、できれば残って欲しかったですね。

それでは、大炎幕FCの特徴から見ていきます。

大炎幕FC 特徴

大炎幕FCの特徴は以下の通りです。

  • 素材にコットン・コットン混紡生地を採用
  • サイドウォール(フラップ)が付いている
  • スカートが付いている

素材にコットン・コットン混紡生地を採用

一番の特徴は、素材にコットン・コットン混紡生地を採用しているところ。

本体(フライシート)とマッドスカートのフロント部がコットン100%生地を採用しています。

マッドスカートのフロント部がコットン100%なのは、前面ドアをキャノピーをすることを前提にしているからかもしれませんね。

残りのマッドスカートのサイド・リア部は、乾きやすいコットン混紡生地(ポリエステル65% コットン35%)を採用しています。

サイドウォール(フラップ)が付いている

雨や風の侵入を軽減してくれる「サイドウォール」を装備しています。

素材はフライシートと同じく、コットン100%生地を採用。

またサイドウォールは目隠しにもなるため、プライベート感が増します。

サイドウォールは必要のない時、本体側に巻き上げて止めることができます。

スカートが付いている

冬場など外からの風や冷気を軽減してくれる「スカート」も装備!

素材もポリコットン混紡生地になって、より乾きやすくなりました。

大炎幕 リニューアルポイント

大炎幕から大炎幕FCの、リニューアルポイントは以下の通りです。

  • フライシートがオールコットンに変更
  • マッドスカートの素材がコットン混紡生地に変更
  • カラーが一新

フライシートがオールコットンに変更

フライシートがオールコットンに変更になりました。

以前の大炎幕に比べると重量等は増えましたが、遮光性抜群でより一層夏は涼しく冬は暖かく過ごせそうです。

マッドスカートの素材がコットン混紡生地に変更

マッドスカートが以前はポリエステルオックス210Dだったのが、大炎幕FCはコットン混紡生地に変更。

ポリエステルに比べ、乾きやすくなりました。

カラーが一新

カラーが一新しました。

特にマッドスカート部分のカラーが、以前の大炎幕に比べるとかなり明るめのオリーブっぽいカラーになりました。

好みがかなり分かれそうな気がします。

大炎幕FC 仕様

使用時サイズ(約)フライシート(本体):3,500×2,700×1,550(高)mm
グランドシート:2,050×1,500×85(高)mm
収納サイズ(約)フライシート(本体):660×230×280(高)mm
グランドシート:390×180×35(高)mm
重量(約)総重量:10.9kg(ペグ/張り綱/収納ケース含む)
本体重量:8.82kg(フライ/グランドシート/ポール)
収納ケース:150g
素材フライシート:コットン100%(撥水加工)
サイドウォール:コットン100%(撥水加工)
マッドスカート(フロント):コットン100%(撥水加工)
マッドスカート(サイド・リア):コットン混紡生地(TC)
グランドシート:ポリエステルオックス210D(撥水加工)
収納ケース:ポリエステルオックス210D(撥水加工)
耐水圧グランドシート:1,200mm
付属品ポール×4本、ペグ×16本、張り綱×6本、収納ケース
コットン混紡生地は、ポリエステル65% コットン35%(撥水加工)

大炎幕FC 価格

¥49,800+税

2020年10月8日現在

大炎幕FC 販売予定時期

2020年11月下旬発売予定

2020年10月8日現在

大炎幕と大炎幕FCを比較

 

大炎幕FC キャノピー大炎幕FC

大煙幕TOP大炎幕

使用時サイズ(約)3,500×2,700×1,550(高)mm3,500×2,700×H1,550(高)mm
収納サイズ(約)660×230×280(高)mm620×230×230(高)mm
グランドシート(約)2,050×1,500×85(高)mm2,050×1,500×85(高)mm
総重量(約)10.9kg8,20kg
材質フライシート:コットン100%(撥水加工)
サイドウォール:コットン100%(撥水加工)
マッドスカート(フロント):コットン100%(撥水加工)
マッドスカート(サイド・リア):コットン混紡生地(TC)
グランドシート:ポリエステルオックス210D(撥水加工)
収納ケース:ポリエステルオックス210D(撥水加工)
フライひさし部:コットン100%(撥水加工、抗カビ加工)
フライ側面・背面部:ポリエステルオックス210D(PUコーティング/撥水加工)
グランドシート:ポリエステルオックス210D(PUコーティング/撥水加工)

付属品ポール×4本、ペグ×16本、張り綱×6本、収納ケースポール4本、スチール製ペグ16本、張り綱(3m×4本、6,5m×2本)

大炎幕と大炎幕FCと比較してみましたが、サイズなどは全く同じでした。

異なるところは、素材と素材による重量の違いになります。

大炎幕FCは乾きやすさなどを重視して、マッドスカートの一部をコットン混紡生地を採用しています。

あと一番見た目で違うのが、カラーを一新したところです。

現在、ポリエステルとコットンのハイブリット「大炎幕」が数量限定 処分特価となっています。在庫限りと思われます。2020年10月8日現在

大炎幕FC あとがき

大炎幕の前幕

大炎幕の前幕付き Quotation: tent-Mark DESIGNS

上は以前にご紹介しました、大炎幕の前幕と大炎幕FCの画像ですが、芝生とマッドスカートのカラーがマッチしている印象です。

ただ実際に近くで確かめていないため、なんともいい難いところですが…

2020年後半のtent-Mark DESIGNSから目が離せませんね!

関連記事
大炎幕の前幕 TOP
【炎幕の前幕・大炎幕の前幕】炎幕DX・大炎幕に寛ぎスペースを追加できる前幕が登場!

続きを見る

関連記事
大煙幕TOP
【大炎幕】tent-Mark DESIGNSより大人気「炎幕」の2人用モデル登場!

続きを見る

関連記事
炎幕DX ver.2
【炎幕DX ver.2】カラー新たに機能アップデートした炎幕DXが登場!

続きを見る

関連記事
tent-Mark DESIGNS リニューアル・生産終了品番情報
大炎幕・パンダTC・パンダVC リニューアル情報!tent-Mark DESIGNS生産終了品番情報

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ