ブラックフレーム

テーブル・チェア

コンパクトフォールディングチェアをブラックフレームにしてみました!

投稿日:2016.11.17 更新日:

ブラックフレーム

先日、コールマン「コンパクトフォールディングチェア」の背面と座面を「Hanpty Deco」さんの「コールマンフォールディング ローチェア 張替えファブリックキット」を購入して張替えたばかりなのですが、実は以前からフレーム部分の塗装がしたかったので、張替えたのきっかけにフレームをブラックにしてみました。

スポンサーリンク

コンパクトフォールディングチェアをブラックフレームに

以前にSOTOLABOさんのWebサイトで「キャプテンスタッグ ロースタイル リクライニングチェア ファブリック」の参考例でアップされていたブラックフレームのリクライニングチェアに心奪われたのがきっかけで、コンパクトフォールディングチェアでもできるんじゃないかと思いやってみることに…

分解

まずは分解です。

先日背面と座面をコットン生地に張替えたばかりですが、フレームを黒にするためには背面と座面を外す必要があります。

張替えをした時と同じように、背面と座面の生地を抜くために必要な箇所のみネジを外して生地を外します。

特に外す順序はないので、まずは座面のこの部分から

ブラックフレーム ネジ外し

次に背面のこの部分

ブラックフレーム ネジ外し

続いて座面のこの部分

black-frame2

この時に、ネジやワッシャー等は必ず無くさないように保管しましょう。

最後に背面を外すために肘掛けのこの部分

ブラックフレーム ネジ外し

この4ヶ所、左右あわせて合計8ヶ所のネジを外せば、生地を外すことができます。

ブラックフレーム 塗装前

塗装

次に塗装です。
私の一番嫌いな分野です(^^;)

昔からガンプラを組み立てるのは好きだったのですが、色を塗るのが嫌いで嫌いで…
美術もデッサンは好きでしたが、色を塗るのが嫌いで…

でもフレームを黒にするには色を塗るしかないので、油性の金属用ブラックツヤ消しを使用して、塗装しました。

結構金属って塗装しにくいんですね。
知らんかった…(^^;)

ブラックフレーム

結構ムラができましたが、一通り塗り終わりました。

ブラックフレーム ネジ類

ネジやその他外したパーツも塗装しました。
手がえらいことになりました(^^;)

あとは乾燥させるだけです。気長に待ちましょう。

私は、翌朝までベランダで放置してました(笑)

組立

乾燥が終わったら、次は元に戻す組立作業です。

前回、コールマンフォールディング ローチェア 張替えファブリックキットで一度張替えているため、今回はスムーズに張り直すことが出来ました。

…が、既にはげてきている部分もあり、今後対策が必要です。

ブラックフレーム

遠くから見たら何となくわからないので、パッと見はいいのですが…

後から調べたら、プライマーという下地塗装をやらないとはげ易いとのこと…
調べてから塗ればよかった(^^;)

まとめ

ブラックフレーム

それでも、やっぱりブラックフレームの方がカッコいい!

ブラックフレーム

ほんと自己マンの世界です(笑)
これをソロ用のチェアとして早く使用したいものです。

何故?鹿番長のリクライニングチェアをブラックフレームにせずに、コンパクトフォールディングチェアをブラックフレームにした訳は…

単に高さが好みだったからです(^^)

あとがき

この記事がブログを開始(WordPressに移行)してから、ちょうど100記事目になります。
いつもご訪問ならびに、閲覧下さりありがとうございます。

これからもゆる〜く更新していきたいと思いますので、是非ともよろしくお願い致します。

記事下アドセンス

記事下アドセンス

ヴェレーロ5

まとめ記事

関連コンテンツ

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

-テーブル・チェア

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.