ランタン・ランプ

【ウルトラプラスM】眩しすぎるくらいのクレイモア 光量最強LEDランタン

クレイモア ウルトラプラスM TOP

最近は震災や台風などの災害時に役立つため、防災用ランタンとして注目を浴びている「LEDランタン

「LEDランタンなんて光量が少ないんじゃないの?」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、LEDランタンを侮ってはいけません。

最近のLEDランタンはかなり明るくなっています。

様々なLEDランタンの中でも、最強の光量を持つと言われる「ルーメナー」シリーズの光量を超えたLEDランタンが、クレイモアの「ウルトラプラス」シリーズ。

フォルムは無骨で、目が眩むほどの明るさ!

それでは、今回は私の所有している「ウルトラプラスM」をご紹介致します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

ウルトラプラスM / クレイモア

ウルトラプラスM

CLAYMORE(クレイモア)とは

クレイモアは、2002年に韓国で設立されたLEDスタンド、LEDランタン、家具照明などのLED照明器具の製造メーカー「プリズム社」のサブブランドの一つで、主にアウトドア向けのLEDライトを製造しています。日本では株式会社ハピラが正規販売代理店。

明るいと評判のLEDランタン「ルーメナー」を凌ぐ明るさの「クレイモア ウルトラ プラス シリーズ」を販売していることで有名なブランドです。

最近はLEDランタンだけでなく、以前にご紹介した扇風機(サーキュレーター)「FAN V600」も人気のアイテムの一つです。

それでは、ウルトラプラスMのディテールから見ていきます。

ウルトラプラスM ディテール

まずはディテールから。

ウルトラプラスM ケース
ウルトラプラスM ケース開き

ケースはかなり頑丈なケースが付属します。

思ったよりも大きめです。

ウルトラプラスM 寝かせ

上部

ウルトラプラスM ランプ側

LED面

上部はゴツい感じのオールブラック仕様で、ロゴが白文字。

LEDは暖色・白色それぞれ32チップ、合計64チップあるのがわかります。

ウルトラプラスM サイド2
ウルトラプラスM サイド3

メタルハンドルは約90°まで角度を調整することができます。

「CLAYMORE」のロゴ右側には、電源部や色温度調整のボタンなどがあります。

またロゴ左側には、充電用microUSBや電源出力用のUSB、バッテリー残量チェック用のボタンなどがあります。

ウルトラプラスM 電源 3
ウルトラプラスM サイド 6

電源部はボタンではなく、ダイヤル式になっています。詳しくは特徴でご説明しています。

バッテリー残量チェック用のボタンを押すと画像のように、赤のLEDが点灯して残量を知ることができます。

ウルトラプラスM 特徴

ウルトラプラスMの特徴の中から、気になるものをピックアップしたのが以下の通りです。

  • 色温度が変更できる
  • 最大2200ルーメンとかなり明るい
  • 見た目が無骨
  • 自立させることができる
  • モバイルバッテリー機能搭載
  • 明るさの細かな調整ができる

色温度が変更できる

調整できるのは3種類。

  • 昼白色:6500K (±15%)
  • 昼光色:4200K
  • 電球色:3000K

色温度の変更方法は簡単で、ボタン一つで調節ができます。

ウルトラプラスM 色温度切り替え

電源を入れると、まず暖色と白色の2つのLEDがつく「昼白色(ターボモード)」になります。

次に上画像のボタンを押していくことで、色温度を変更することができます。

昼白色(ターボモード) → 昼白色 → 電球色 → 昼白色に戻る

また電球色で電源を落としても、次に電源をいれると昼白色から点灯します。

次に実際に点灯してみました。

昼白色
ウルトラプラスM 昼白色 Low

Lowモード(ターボモード)

ウルトラプラスM 昼白色 Hi

Hiモード(ターボモード)

撮影角度は少々異なりますが、明るさにかなりの差があることがわかります。

昼光色
ウルトラプラスM 昼光色 Low

Lowモード

ウルトラプラスM 昼光色 Hi

Hiモード

昼白色に比べるとやや暗く、白っぽくなります。

電球色
ウルトラプラスM 電球色 Low

Lowモード

ウルトラプラスM 電球色 Hi

Hiモード

3つの中で一番暗い感じですが、一番温かみのある色温度だと思います。

個人的にはこの色温度が心地いいです。

最大2200ルーメンとかなり明るい

ウルトラプラスM 昼白色 Hi

ウルトラプラスM ターボモード Hi

ゴールゼロ

ライトハウスマイクロ フラッシュ

ゴールゼロのライトハウスマイクロ フラッシュと比べると一目瞭然なのですが、なんと言っても明るさが最強です!

最大2200ルーメンもあるのですから、明るさはハンパないです!

見た目が無骨

ウルトラプラスM 寝かせ
ウルトラプラスM ランプ側

個人的に思ったのが、見た目がかなり無骨!

他ブランドのLEDランタンと比べると、ゴツゴツした感じがかなり醸し出されています。

少し好みが分かれそうな気がしますが、なんとなく強そうな見た目です。

自立させることができる

ウルトラプラスM 自立
ウルトラプラスM 傾け

ランタンスタンドに引っ掛けて使うことはもちろんのこと、なんと自立するんです。

ランタン型のLEDランタンだと自立するものは多いのですが、この手のタイプで自立するのは少ないのでは…

実際にこのようにして使うかはわかりませんが、私はこんな感じで使用しました。

キャンプでウルトラプラスMを使用

ゴールゼロを2箇所に吊り、ウルトラプラスMを左奥のシェルコンの上に置いて使用しましたが、見ての通り相当明るかったです。

自立できるのは、結構便利だと思いました。

モバイルバッテリー機能搭載

ウルトラプラスM サイド4

使うかは別として、モバイルバッテリーの機能があり非常時にスマホなどを充電することができます。

USBの口があるので、必要なケーブルを用意すれば充電できます。

明るさの細かな調整ができる

ウルトラプラスM 電源
ウルトラプラスM 電源2

電源部にはカバーが付いており、水などの侵入を防ぐ仕組みになっています。

電源部はボタン式ではなくダイヤル式で、回すとLEDのスイッチがLowモードで入り、更に回していくことで明るさの調整ができ、回しきりでHiモードになる仕組み。

他ブランドのLEDライトは、ボタンで最初から設定された明るさを選ぶものが多い中、微調整ができるため大変便利な機能です。

ウルトラプラスM 仕様

本体サイズ 幅160mm×奥行き90mm×高さ34mm
総重量約405 g
最大明るさ2,200ルーメン(ターボモード)
バッテリー11,600 mAh(25.20 Wh)
連続点灯時間8〜80時間(ターボモード4〜40時間)
充電時間6時間 
バッテリータイプリチウムイオン電池(SAMSUNG製)
色温度電球色 : 3000K

昼白色 : 4200K

昼光色 : 6500K (±15%)
USB入出力5V2A
防水防塵IP 44
付属品MicroUSB充電ケーブル / ランタンハンガー(Sフック)2個
専用ハードケース

ウルトラプラスM 価格

¥9,980+税

2020年9月19日現在

ウルトラプラスMとルーメナー2とサイズ比較

ウルトラプラスM ルーメナー2と比較

以前にもご紹介した、明るいと評判のLEDランタン「ルーメナー2」とサイズの比較をしてみました。

明るさは数値ではウルトラプラスMの方が高いです。

ウルトラプラスM ルーメナー2と比較3
ウルトラプラスM ルーメナー2と比較4

サイズはウルトラプラスMの方が、メタルハンドル分横に広くなっているのがわかります。

ウルトラプラスM ルーメナー2と比較2
ウルトラプラスM ルーメナー2と比較5

厚さはウルトラプラスMの方が、相当厚いです。

ケースに入れた状態も、ウルトラプラスMの方が厚いです。

ウルトラプラスM ルーメナー2と比較7
ウルトラプラスM ルーメナー2と比較6

コンパクトとは、ちょっと言えないサイズです。

あくまでもサイズ感のみの比較です

ウルトラプラスM あとがき

購入したのは2019年なので、もう1年以上経ってからのレビューです。

明るさを求めて購入し明るさには満足したのですが、意外とサイズが大きいために現在はゴールゼロやルーメナー2ばかり使用している状態です。

個人的にソロだと明るすぎかなと…

でも、小さいお子さんがいるファミリーや、グルキャンなど大人数で行くキャンプのメインライトにはもってこいの明るさだと思いました。

また2020年10月下旬頃には、ウルトラプラスの後継モデル「ULTRA3.0」が登場予定です。

関連記事
災害時にも役立つLEDランタン
【2020年】災害時にも役立つLEDランタンおすすめ7選と選ぶポイント7つ!

続きを見る

関連記事
ルーメナー2 TOP
明るい充電式LEDランタン「ルーメナー2 」!キャンプにおすすめです!

続きを見る

関連記事
フォレストランタン4
【レビュー】ベアボーンズリビング フォレストランタン!レトロな雰囲気のLEDランタン!

続きを見る

関連記事
GOAL ZERO Lighthouse Micro Flash TOP
【Lighthouse Micro Flashレビュー】GOAL ZERO(ゴールゼロ)の超コンパクトなLEDランタン

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-ランタン・ランプ
-, ,

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ