サーカス650 TOP

Quotation: tent-Mark DESIGNS

テント・タープ

【サーカス650】オールシーズン対応 TC素材のトンネル型テントが登場!

更新日:

サーカス650を待ちに待たれた方に朗報です!

遂にtent-Mark DESIGNSの「サーカス650CIRCUS650)」がベールを脱ぎました!

TC(ポリコットン)だと思っていた素材が、実は新素材のVC(バリューコットン)だったりと、今までになかった仕様となっています。

早速気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

サーカス650(CIRCUS650)

設営が簡単で広々とした居住空間を提供してくれる「サーカス650 (CIRCUS650)

大きなメッシュが風を通してくれそうで、夏場は涼しそうです。このメッシュ面はメッシュの面積が大きいため「強化メッシュ」を採用しています。

またグレーに近いメッシュを採用しており、黒メッシュに比べて中が見えにくくなっているためプライバシーが守られるそうです。

素材はTC(ポリコットン)だと思っていましたが、新素材のVC(バリューコットン)を採用。

VC(バリューコットン)とは?

コットン60%、ポリエステル40%の新素材で、TC(コットン35% ポリエステル65%)に比べて、重量はありますが、遮光性がUPして風合いもよく、コットンが増えたことで結露が出にくい素材

サーカス650(CIRCUS650)の気になる仕様は以下の通りです。

サーカス650(CIRCUS650)の仕様

使用時サイズ フライシート:(約)6,500×3,250×2,130mm
インナーテント:(約)3,000/2,800×2,500×1,850/1,800(高)mm
インナーライナーA:(約)2,110/1,910×1,910mm
インナーライナーB:(約)2,110×1,830mm
収納時サイズ フライシート:(約)880×380×380(高)mm
インナーテント:(約)650×350×350(高)mm
インナーライナー:(約)650×350×350(高)mm
重量 (約)37.22kg
素材 フライシート:コットン混紡生地(VC)コットン60% ポリエステル40%
フライシート(スクリーンメッシュ):ポリエステル75D
メインポールA:ジュラルミン・アルミ・スチール製13本継ぎ (φ16/23mm×6,550mm)×2本
メインポールB:ジュラルミン・アルミ・スチール製13本継ぎ (φ16/23mm×6,150mm)×2本
インナーテント(ウォール):コットン混紡生地(VC)コットン60% ポリエステル40%
インナーテント(フロア):ポリエステルRS150D(PUコーティング/撥水加工)
インナーテント(スクリーンメッシュ):ポリエステル75D
インナーライナー:コットン混紡生地(TC)ポリエステル65% コットン35%
付属品 スチール製ペグ×34本(予備4本)、張り綱(3.5m×4本、2.5m×8本)
収納ケース(フライシート)収納ケース(インナーテント・インナーライナー)
収納ケース(ポール)、収納ケース(ペグ・張り綱)

サーカス650(CIRCUS650)の価格

¥148,000+税

2019年6月20日現在

サーカス650(CIRCUS650)の特徴

VC素材を採用

一般のTC(ポリコットン)とは比率が違う、VC(バリューコットン)を採用しています。

一般のTC素材は、大抵コットン35%、ポリエステル65%になっておりますが、VC(バリューコットン)の比率はコットン60%、ポリエステル40%になっており、TC素材に比べ雨ると重くはなりますが、遮光性がUPし風合いもよくなっています。

またコットンが増えたことで、結露も更に出にくい素材になっています。

大きなメッシュとキャノピーで快適に!

大きなメッシュがサイドにあり、サイド中央のドアはキャノピーができるため、夏場の暑い時期に風を通してくれて、快適に過ごせそうですね。

キャノピーのためのポールは別途必要になります。
スポンサーリンク

あとがき

tant-Mark DESIGNSのWebサイトによると、「ポリエステルの様にシワが無く張れませんが、使用した人しか分からない快適性能をを実感するテント」とのことで、期待が膨らむばかりです!

ただサイズと重量からして、一人で張るのはもとより、持ち運びも少々難しいところです。

どのくらい人気が出るのか見ものですね!

関連
炎幕 DX EVO
【炎幕DX EVO】快適度を上げたハイスペックな炎幕が登場!

続きを見る

関連
サーカス650
【サーカス650, etc…】tent-Mark DESIGNS 2019年新作情報!

続きを見る

関連
コンパクト焚火台 ORU
【コンパクト焚火台 ORU・ORUチタン】超小型焚火台がtent-Mark DESIGNSより登場!

続きを見る

関連
BIG ROOM TOP
【BIG ROOM】通気性抜群で快適なドーム型シェルターが登場!

続きを見る

初めて来てくださった方へ

ご訪問ありがとうございます。当ブログがどのようなものを発信しているのか、人気記事を5つ用意しましたので、こちらもどうぞ!

おすすめ
伊江島
初めて来てくださった方へ!まずは最初の5記事!

続きを見る

スポンサーリンク

この記事も読まれています
あなたにおすすめ!

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-テント・タープ
-

Copyright© Yosocam , 2019 All Rights Reserved.