テント・タープ

【サーカスTC MID+】大人気のサーカスに絶妙なミドルサイズが登場!

tent-Mark DESIGNSのフラッグシップ幕の一つ「サーカスTC」に、絶妙なミドルサイズが登場です。

サーカスTCだと小さいけど、サーカスTC BIGは広すぎる方におすすめのサイズ!

だんご3兄弟ならぬ、「サーカスTC3兄弟」の誕生です。

それでは、絶妙なサイズと言われる「サーカスTC MID+」をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サーカスTC MID+

大人気のサーカスTCに小さすぎず、大きすぎない絶妙なサイズの「サーカスTC MID+」が登場です。

こだわりのギアを沢山持っていきたいソロキャンパーの方や、デュオキャンプでゆったりとスペースを使いたい方におすすめのサイズ感。

画像のように、コット2台とテーブル1台、チェア2台を置いてもゆったりと過ごせるサイズに仕上がっています。

夏は涼しく冬は温かい、濃い影を作る遮光性と通気性を兼ね備えたコットン混紡生地のテントです。

それではサーカスTC MID+の特徴から見ていきます。

サーカスTC MID+ 特徴

サーカスTC MID+の特徴は以下の通り。

  • 簡単にセットアップできるガイド付き
  • トリプルファスナー仕様
  • コットン混紡生地(ポリコットン・TC)
  • ワンポールテントのため設営が簡単
  • スカート装備

それぞれを見ていきます。

簡単にセットアップできるガイド付き

簡単に設営ができるよう、セットアップガイドが付属しています。

テントの中心になるところに赤いシールが貼ってあるペグで固定して、ガイドの角に合わせてテープを引っ張り、5角形の各頂点になるところにペグを打ち込みます。

本体を広げて本体角のテープをペグに固定して、中心にくるようポールを入れればほぼ設営は完成なので、これは本当にあると便利です。

トリプルファスナー仕様

トリプルファスナーになったことで、冬場の モゴモゴモゴ がインストールしやすくなるのではないかと推測されます。

ただし、テント内で火器を使用することは推奨されませんので、自己責任で行って下さい。また一酸化炭素中毒にならないよう、一酸化炭素チェッカーを使用して下さい。

これ以外にも、スライダーが3つある事で様々な使い方に対応します。

コットン混紡生地(ポリコットン・TC)

最近はTC幕が増えたため、目新しくはありませんが、サーカスTC MID+はコットン混紡生地(TC )を採用しています。

比率はポリエステル65%、コットン35%で、表面撥水加工が施されています。

ワンポールテントのため設営が簡単

どのワンポールテントにも言えますが、ポールが一つしかないため、設営が本当に簡単です。

更にサーカスTCシリーズは、先述したようにセットアップガイドが付属していますので、簡単に設営ができます。

スカート装備

本体裾部には、寒い時期など冷気の侵入を軽減してくれるスカートを装備しています。

よくスカートを装備しているテントがありますが、大体は本体と同じ素材を採用しているものが多い中、サーカスTCシリーズのスカート部分は、ポリコットン混紡生地ではなく、PUコーティングが施されたポリエステルリップストップ150Dを採用しています。

冬場のキャンプで雪を想定、また雨天時のキャンプでスカートが濡れることを想定してポリエステルにしているのではないかと思います。

サーカスTC MID+ 仕様

使用時サイズ(約)4,770×4,500×3,100(高)mm
収納時サイズ(約)690×280(直径)mm
重量(約)総重量:12.9kg
本体:7.5kg(幕体のみ)
メインポール:3.1kg
材質フライ:コットン混紡生地(TC ):ポリエステル65%、コットン35%、表面撥水加工
裾部:ポリエステルリップストップ150D、PUコーティング
ポール:スチール製5本継ぎ(φ35mm×3,100mm)×1
収納ケース:コットン混紡生地(TC ):ポリエステル65% コットン35%、ポリエステルメッシュ
セット内容ペグ(本体用)×15本、ペグ(設営ガイド用)×1本、張り綱×5本、
収納ケース×3、設営用ガイドセット

インナーテントはありません。

サーカスTC MID+ 価格

¥43,780 (税込)

2022年4月30日現在

サーカスTC MID+ 次回入荷予定

2022年6月下旬~7月上旬予定

2022年4月30日現在

スポンサーリンク

サーカスTC、サーカスTCBIGと比較

「サーカスTC」「サーカスTC MID+」「サーカスTC BIG」の、サーカスTC3兄弟を比較してみました。

サーカスTCサーカスTC MID+サーカスTC BIG
使用時サイズ(約)4,200×4,420×2,800(高)mm4,770×4,500×3,100(高)mm5,200×5,200×3,500(高)mm
収納時サイズ(約)670×250(直径)mm690×280(直径)mm記載なし
重量(約)総重量:10.88kg総重量:12.9kg総重量:11.386kg
価格¥34,980(税込)¥43,780(税込)¥54,780(税込)

使用時サイズの比較を見てみると、本当に絶妙なサイズだということがわかりますね。

また価格も絶妙w

重量がサーカスTC BIGよりも、1kgほど重いというのが少し不思議ですね。

ソロはサーカスTC コンフォート ソロ、デュオはサーカスTC MID+、ファミリーはサーカスTC BIGというのがサイズ的にいいかもしれませんね。

サーカスTC MID+ あとがき

「サーカスTCだとちょっと小さいけど、サーカスTC BIGだと大きすぎるな…」という方におすすめの「サーカスTC MID+」。

いろいろなサイズから選べるのは、非常にありがたいですね!

コンスタントに人気が出そうなサイズです。

ワンポールテント12選
【2022年】ワンポールテント12選!設営が簡単なおすすめテント!

続きを見る

TCワンポールテント12選
TC ワンポールテント12選!夏は涼しく冬は暖かくキャンプをしませんか!

続きを見る

サーカスTC TOP
【サーカスTC】tent-Mark DESIGNS ワンポールテントの人気の理由と2020年販売情報!

続きを見る

サーカスBIG
【サーカスTC BIG】tent-Mark DESIGNSよりサーカスTCのBIGサイズが登場します!

続きを見る

サーカスTC DXサンドカラー
サーカスTC DX+|サーカスTCDXの生産終了に伴いリニューアルして登場!

続きを見る

サーカスST TOP
【サーカスST】tent-Mark DESIGNSよりポリエステル素材のサーカスが登場!

続きを見る

サーカストリポット TOP
【サーカストリポット】快適な居住空間ができるサーカス用三脚が登場!

続きを見る

関連記事
サーカスTC コンフォートソロ3
サーカスTCコンフォートソロ|ソロキャンプに快適なTCワンポールテントが登場!

続きを見る

スポンサーリンク
icon icon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などをご紹介!

-テント・タープ
-,

もくじ