テント・タープ

【サーカスコットン】人気のtent-Mark DESIGNS サーカスにコットンバージョンが登場!

投稿日:2018.03.07 更新日:

こ、こ、これは意外でした…

あのtent-Mark DESIGNSの大人気モノポールテント「サーカス」にコットンバージョンが発売決定しました!

TC素材のサーカスTCがあの価格なので、コットンバージョンの価格は…

かなり気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

サーカスコットン

実のところ正式の名称なのかは不明ですが、サーカスTCはTC素材だったので、コットン素材だと「サーカスコットン」かなと…(^^;)

tent-Mark DESIGNSのFacebookによると、サイズや仕様はサーカスTCと同じですとのことなので、仕様は以下の通りになります。

仕様

サイズ W420×D420×H280cm(最大値)
収納サイズ W64cm×H23cm
重量 コットンだけに重くなっていそう
素材はコットンバージョンというだけあって、コットン100%のはず…それ故に重量がTC素材よりもありそうな気がします。

2018年3月7日現在のため、詳細がわかり次第お伝えします。

価格

39,800円+税

2018年3月7日現在

発売予定時期

7月上旬予定

2018年3月7日現在

特徴

最大の特徴は、コットンというところでしょう!

ただ、コットンということからメリットは、濃い影ができて夏は涼しく冬は暖かく火の粉に強いけれど、デメリットとして重くて乾きにくいということがあるかと思います。

決して燃えない素材ではありません

しかし、コットンならではの生地の肌触りなどを想像すると、コットンは気持ちよさそうですね!

また、「REVOタープコットン」とも相性抜群!とtent-Mark DESIGNSのFacebookにはありますが、個人的にはムササビウイング13ft. Cotton“焚き火”versionの方がしっくりくる気がしました。

TC素材ですが、連結が上記以上にしっくりくるタープが発売されます!

あとがき

しかし、2018年のtent-Mark DESIGNSは、例年よりも攻めてきますね!

TC素材であの価格でも意外だったのに、コットンバージョンでこの価格とは、メーカー努力がひしひしと伝わってきます。凄すぎですね!

例年以上に、2018年のtent-Mark DESIGNSから目が離せません!

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

おすすめモノポールテント12選 3

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 4

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

ニトリ キッチンラック2 5

ニトリの折りたたみ式キッチンラックが思いのほか、ソロキャンプ用テーブルにいいのではないかい?と思ったので、取り上げてみました

キャンプ持ち物リスト 6

Evernoteで持ち物リストを作成すれば、忘れ物なしでキャンプに行けますよ!

-テント・タープ
-,

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.