テント・タープ

DOD×ナチュラム別注モデル ポリコットンタープ「チーズタープミニ」が発売決定!

投稿日:2017.09.21 更新日:

カマボコテントミニを発売したドッペルギャンガー アウトドア(DOD)製、ナチュラム別注のポリコットンタープ「チーズタープ ミニ」の発売が決定しました。

通常のチーズタープだと5m×5mのため、「ちょっと大きすぎるわ〜」と敬遠していた方や、ソロキャンプ向けにいいサイズだと思います。

チーズタープミニ

細かな仕様等はまだ発表されていませんが、サイズ等の発表がありました。

生地は通常のチーズタープと同じ、ポリコットンを採用。比率もチーズタープと同じと言うことから、ポリエステル65%、綿35%になります。

ポリコットンを使用していることから、火の粉が当たっても穴が空きにくくなっているため、焚き火などにもってこいのタープです。また、厚みもあるため、濃い影を作ることができ、夏などはタープ下で涼しく過ごすことができます。

全く燃えない素材ではないため、直接火をあてたりすると燃えてしまうので、注意下さい!

サイズ

気になるサイズですが、通常のチーズタープ(5m×5m)よりもコンパクトな3m×3mの正方形サイズとなります。

また、グロメット&ループが8箇所ついているため、様々な設営も可能となっています。

サイズ的には、タトンカタープ 2TCに近いサイズとなっているため、競合するのではないかと思います。

収納サイズも写真からもわかるように、かなりコンパクトになるため持ち運びが楽です。個人的にソロキャンプ用にもってこいのサイズだと思います。

価格

販売予定価格:税込 13,800円

2017年9月21日現在

入荷予定日

2017年10月上旬ごろ入荷予定

2017年9月21日現在

あとがき

個人的に見た感じのサイズは、こちらのチーズタープミニの方が好みです。

チーズタープと比べると、カマボコテントに被せてチーカマスタイルといった使い方はできません。写真のようにキャノピー部分の代わりに使うような感じになります。

またサイズからいって、カマボコテントミニにジャストフィット(死語?)するのではないかと思われます。

カマボコテントといい、今年のドッペルギャンガー アウトドアの商品が人気があるのは、性能だけでなく、このベージュカラーが人気の秘密なのではないでしょうか。

詳細がわかり次第、調べてみたいと思います。

関連コンテンツ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ごーじぃ

キャンプギアの底無し沼にはまってしまった四十路半ばのおっさんです。どうぞごひいきに!

おすすめ記事

おすすめモノポールテント12選 1

テントには、様々な形状のテントがありますが、その中でもあっ!という間に設営ができるモノポールテント(ワンポールテント)をご紹介します。

おすすめトンネル型テント 2

カマボコテントを皮切りにブームになっているトンネル型テントの中から、11種類のテントをご紹介します。

YETI2 3

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

キャンプ持ち物リスト 4

Evernoteで持ち物リストを作成すれば、忘れ物なしでキャンプに行けますよ!

-テント・タープ

Copyright© Yosocam - 四十路男のスローなキャンプライフ , 2017 All Rights Reserved.