キャンプ収納6

キャンプ収納 比較・まとめ

キャンプ用品収納に無印良品, トラスコ, リスのポリプロピレンの収納ボックスがおすすめ!

投稿日:2018.11.01 更新日:

何を今さら感が半端ありませんが、以前に「キャンプ用品の車載を考える!コンテナや収納ボックスなどを使って整理」の記事でもご紹介しました、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスを個人的にキャンプギアの収納に使用しています。

この記事を書いた時は、車載をすることをメインに「無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス使うと車載が便利ですよ!」的な話しかしていませんでしたので、改めて無印良品を代表するポリプロピレン製の収納ボックスを使用した、キャンプギアの収納についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ポリプロピレン製収納ボックス

ポリプロピレンとは?

プラスチック素材の一つで、樹脂の中で比重が軽く、加工性が高い上に、強度があるという長所があるため、幅広い用途で使用されています。一方熱に弱く、染色しにくい、紫外線で劣化する短所もあります。

紫外線で劣化するという短所は、アウトドアやキャンプにどうなのかなと少々思うかもしれませんが、プラスチック素材なのでいつかは朽ちるということで、個人的には気にするほどでもないのかなと思っています。

ポリプロピレン製収納ボックスと言われると、まず初めに思いつくのが「無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス」だと思います。

その無印良品ポリプロピレン頑丈収納ボックスのうたい文句は、

ベランダなどの屋外でも使用できる収納ボックスです。簡易的な腰掛けとしてもご使用頂けます。
引用:無印良品

ということなので、ある程度の屋外使用を想定した上で作られているようです。

無印良品以外にも、同じ形状だとTRUSCO(トラスコ)のトランクカーゴや、リスのトランクカーゴなどがあります。

無印良品との違いは、カラーと価格になります。

カラーは、無印良品ポリプロピレン頑丈収納ボックスのホワイトグレーに対して、TRUSCO(トラスコ)のトランクカーゴがOD(オリーブドラブ)、リスのトランクカーゴがネイビー、ブラック、グリーン、ブラウン、アイボリー、ホワイトと様々なカラーから選べます。

また、価格は無印良品ポリプロピレン頑丈収納ボックスと比べると少々高くなっています。

個人的には、価格は安くてOD(オリーブドラブ)のようなカラーが欲しかったのですが、ちょうど収納ボックスを探していた頃は、本体の価格がそこそこでも、送料がバカ高くついてしまい、結果送料のかからない無印良品を選択した次第です。

¥2,500くらいの商品に、¥3,500くらいの送料がかかるという、沖縄ならではのプライスで泣けてきます。この時は、欲しいカラーがamazonプライム対象外だったので…(^^;)

今となっては、無印良品のホワイトグレーでも特に気になりません。

カラーをそこまで気にされないようでしたら、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスは価格も安く、手に入れやすいかと思います。(地域によるかもしれません。沖縄では売り切れていることを見かけたことがないので…)

まずは、私の所有している無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスから…

スポンサーリンク

ポリプロピレン頑丈収納ボックス / 無印良品

無印ポリプロピレン頑丈収納ボックス2

私が使用しているのは「」で、他に「」「特大」の合計3サイズがあります。

個々の仕様を見ていきたいと思います。

仕様

外寸 約幅40.5×奥行39×高さ37cm
収納スペースの内寸 約幅29×奥行29×高さ29cm
廃棄方法 粗大ゴミ(自治体確認)
重量 約2.0kg
耐荷重 ふた約100kg、収納部13.5kg
最大積み重ね段数 3段
カラー ホワイトグレー

外寸 約幅60.5×奥行39×高さ37cm
収納スペースの内寸 約幅49×奥行29×高さ29cm
廃棄方法 粗大ゴミ(自治体確認)
重量 約2.8kg
耐荷重 ふた約100kg、収納部13.5kg
最大積み重ね段数 3段
カラー ホワイトグレー

特大

外寸 約幅78×奥行39×高さ37cm
収納スペースの内寸 約幅67×奥行29×高さ29cm
廃棄方法 粗大ゴミ(自治体確認)
重量 約3.9kg
耐荷重 ふた約100kg、収納部20kg
最大積み重ね段数 2段
カラー ホワイトグレー

価格

  • 小:¥1,290(税込)
  • 大:¥1,790(税込)
  • 特大:¥2,590(税込)
2018年10月31日現在

主な特徴

フタの耐荷重が100kg

無印ポリプロピレン頑丈収納ボックス5

最大の特徴は、なんと言ってもフタの耐荷重が約100kgあるというところ。

フタを裏返すと納得ですね!

かなり頑丈なので、簡易な腰掛けとしての利用も可能です。また、耐荷重が100kgあるため、うちはファミリーキャンプの際にogawaのトンネル型テント「シュナーベル5」を、ポリプロピレン頑丈収納ボックスの上に載せて運んでいます。

頑丈なロック式取っ手

無印ポリプロピレン頑丈収納ボックス4

取っ手を横にするとフタが外れる仕組みで、取っ手を縦するとロックがかかり、フタが外れません。

無印ポリプロピレン頑丈収納ボックス3

頑丈な取っ手なので、持ち運びがスムーズに行なえます。

高さなんと37cm!

キャンプ収納7

高さがなんと37cmなんです!

お気付きの方は、焚き火テーブルを持っている方だと思います。あのユニフレームの焚き火テーブルと同じ高さなんです!

それで?と言われれば、それだけなのですが…(^^;)

続いてトランクカーゴです。

トランクカーゴ / TRUSCO(トラスコ)

トラスコ 70

Quotation: amazon

実は、一番最初に欲しかったのが、このTRUSCO(トラスコ)のトランクカーゴ。

上の画像は70Lサイズですが、これの50Lサイズが欲しかったのですが、何度も言うように、税込¥2,500ぐらいの価格で送料が¥3,500という沖縄ならではのプライスだったため、現地の無印良品で購入ができるポリプロピレン頑丈収納ボックスにした次第です。

サイズが大きいので仕方がないのですが、本体よりも送料が高いとどうも手が出せません 汗

こちらも合計3サイズあります。

カラーはOD(オリーブドラブ)のみになります。amazonなどショップの画像を見ると、サイズによってはブラウンにも見えますが、実際には光の当たり方によってブラウンっぽく見えたり、グリーンっぽく見えたりするカラーのようです。

実際のカラーについては、TRUSCOのショップサイトを御覧ください。

公式TRUSCOオレンジブック.com(トランクカーゴ)

2018年10月31日現在

仕様

30L

外寸 400×390×370mm
収納スペースの内寸 304×306×293mm
容量 30L
重量 1.94kg
耐荷重 ふた約100kg
材質 ポリプロピレン
カラー OD(オリーブドラブ)

50L

外寸 600×390×370mm
収納スペースの内寸 504×306×293mm
容量 50L
重量 2.71kg
耐荷重 ふた約100kg
材質 ポリプロピレン
カラー OD(オリーブドラブ)

70L

外寸 780×390×370mm
収納スペースの内寸 680×305×292mm
容量 70L
重量 3.89kg
耐荷重 ふた約100kg
材質 ポリプロピレン
カラー OD(オリーブドラブ)

価格

  • 30L:¥2,390+税
  • 50L:¥3,540+税
  • 70L:¥5,340+税
2018年10月31日現在、上記価格はメーカー希望価格になります。

特徴

フタの耐荷重が100kg

無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス同様に、フタの耐荷重が100kgあります。こちらも簡易な腰掛けとしての利用も可能です。

頑丈なロック式取っ手

こちらも、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス同様に、取っ手を横にするとフタが外れる仕組みで、取っ手を縦するとロックがかかり、フタが外れない構造なので、持ち運びがスムーズに行なえます。

高さもなんと37cm!

これまた、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス同様に、高さが37cmで統一されています。

トランクカーゴ / RISU(リス)

リス 50 ネイビー

Quotation: amazon

リス 50 ブラック

Quotation: amazon

カラーにこだわる方は、RISU(リス)のトランクカーゴがおすすめです!

アイボリー(取っ手がブラウン)、ホワイト、ブラウン、グリーン、ブラック、ネイビーと合計6カラーあり、きっと好みのカラーがあるはず!

今回調べていて、初めて知ったカラーもあり、ちょっと悔しいです(T^T)

ただショップによって、取り扱いのカラーが違うようです。

仕様

30L

外寸 W400×D390×H370(mm)
収納スペースの内寸 W304×D306×H293(mm)
容量 30L
重量 1.945kg
耐荷重 ふた約100kg
材質 ポリプロピレン
カラー アイボリー、ブラウン、ホワイト、グリーン
ネイビー、ブラック

50L

外寸 W600×D390×H370(mm)
収納スペースの内寸 W504×D306×H293(mm)
容量 50L
重量 2.630kg
耐荷重 ふた約100kg
材質 ポリプロピレン
カラー アイボリー、ブラウン、ホワイト、グリーン
ネイビー、ブラック

70L

外寸 W780×D390×H370(mm)
収納スペースの内寸 W680×D305×H292(mm)
容量 70L
重量 3.865kg
耐荷重 ふた約100kg
材質 ポリプロピレン
カラー アイボリー、ブラウン、ホワイト、グリーン
ネイビー、ブラック

価格

  • 30L:¥1,980(税込)
  • 50L:¥2,980(税込)
  • 70L:¥3,980(税込)
2018年10月31日現在、RISU ONLINE SHOP価格

特徴

フタの耐荷重が100kg

無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス同様に、フタの耐荷重が100kgあります。こちらも簡易な腰掛けとしての利用も可能です。

頑丈なロック式取っ手

こちらも、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス同様に、取っ手を横にするとフタが外れる仕組みで、取っ手を縦するとロックがかかり、フタが外れない構造なので、持ち運びがスムーズに行なえます。

高さもなんと37cm!

これまた、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス同様に、高さが37cmで統一されています。

続いて比較です

比較

それぞれの仕様の比較をしてみました。

30L(小)

  無印良品
ポリプロピレン頑丈
収納ボックス
TRUSCO
トランクカーゴ
RISU
トランクカーゴ
 外寸 約幅40.5×奥行39×高さ37cm W400×D390×H370(mm) W400×D390×H370(mm)
 収納スペースの
内寸
約幅29×奥行29×高さ29cm W304×D306×H293(mm) W304×D306×H293(mm)
 容量 明記なし 30L 30L
 重量 約2.0kg 1.94kg 1.945kg
 耐荷重 ふた約100kg ふた約100kg ふた約100kg

50L(大)

  無印良品
ポリプロピレン頑丈
収納ボックス
TRUSCO
トランクカーゴ
RISU
トランクカーゴ
 外寸 約幅60.5×奥行39×高さ37cm W600×D390×H370(mm) W600×D390×H370(mm)
 収納スペースの
内寸
約幅49×奥行29×高さ29cm W504×D306×H293(mm) W504×D306×H293(mm)
 容量 明記なし 50L 50L
 重量 約2.8kg 2.71kg 2.630kg
 耐荷重 ふた約100kg ふた約100kg ふた約100kg

70L(特大)

  無印良品
ポリプロピレン頑丈
収納ボックス
TRUSCO
トランクカーゴ
RISU
トランクカーゴ
 外寸 約幅78×奥行39×高さ37cm W780×D390×H370(mm) W780×D390×H370(mm)
 収納スペースの
内寸
約幅67×奥行29×高さ29cm W680×D305×H292(mm) W680×D305×H292(mm)
 容量 明記なし 70L 70L
 重量 約3.9kg 3.89kg 3.865kg
 耐荷重 ふた約100kg ふた約100kg ふた約100kg

外寸はほぼ同じで無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスだけ、内寸が少し小さくなています。

無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス以外は、重量以外の仕様が同じため、購入の決め手はカラーと価格になるかと思います。

また、比較結果どちらかのメーカーのOEM商品ではないかと推測されます。

私が収納ボックスに収納しているもの

全くといって参考になるかは不明ですが、私がソロキャンプというか常に収納しているキャンプギアは以下の通りです。

キャンプ収納3

一番下から

を入れて、その上に

キャンプ収納2

載せて、最後に

キャンプ収納

を載せて、押さえたらもう少し入る感じがするので、結構入ります。

個人的に火器類やクッカー類は、スノーピークのシェルコンに入れていますが、整理をして、クッカーや火器類も最低限にすれば、ソロキャンプ用のギアはこれ一つで収納ができそうな感じです。

たぶん参考にならないこと…

キャンプ収納4

たぶん参考にならないかと思いますが、以前にもご紹介しました、ニトリのキッチンラックが脚を立てた状態で入ります。シンデレラフィットまではいきませんが、そこそこな感じです。(個人的感想)

この上に、一時期はプリムスのツーバーナーを入れていましたが、ソロキャンプの際は使用しないため、現在はファミリーキャンプの際は収納せずに持っていくようにしています。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

ポリプロピレンの収納ボックスを一つ使用するだけでも、何処に何を入れたかがわかるので、個人的にはかなり便利だと感じました。

車載に余裕のある方は、こちらを2〜3個使用してカラー分けにするのも面白いかもしれませんね。

以上より、キャンプギアの収納にはありきたりですが、無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスを始めとする、ポリプロピレンの収納ボックスがおすすめです。

  • スポーツオーソリティにて、【トレッキング応援フェア】開催中!
    購入点数に応じて最大30%OFFに!
    期間:2018年12月24日まで icon
  • 使っていない登山用品や、キャンプ・アウトドア用品をマウンテンシティ で、無料査定してみませんか?
    今なら買取強化アイテム・ブランドの買取金額が20%UPのキャンペーン実施中!
    期間:2018年11月末まで

スポンサーリンク

関連コンテンツ

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

おすすめの記事

takibi-tarp-tc-wing 1

今年もかなり魅力的な新製品のタープやテントなどを発表した、tent-Mark DESGINSのTCタープ・コットンタープを中心に、現在発売されているものから今年発売されるものまでを、素材別に一覧にまとめてみました。

YETI2 2

最近かなり気になっている、YETIを代表する頑丈系クーラーボックスを比較してみました。

買ってよかったキャンプ用品 3

買ってよかったと思うキャンプ用品・道具をまとめてみました。

モノポールテント12選 4

人気のモノポールテント(ワンポールテント)を、ソロ向きサイズとファミリー向きサイズに分けてご紹介します!

トンネル型テント 5

快適な空間を演出するトンネル型テントの中から、少人数向けとファミリー向けのサイズ別に、14種類のテントをご紹介します。

カーミットチェア、ウッドフレームチェア比較 6

見た目のフォルムが似ていれど、価格や仕様が結構違うカーミットチェアとハイランダーのウッドフレームチェアを、勝手に比較してみました。

-キャンプ収納, 比較・まとめ

Copyright© Yosocam - キャンプ用品を中心に紹介するブログ , 2018 All Rights Reserved.