焚き火料理に最適なビッグファイアクレードル!ドッペルギャンガー 2017新製品

BIG FIRE CRADLE

Quotation: DOD

今年のドッペルギャンガー アウトドア(DOD)は、攻めてきますね!もう出尽くしたかなと思っていたところに、また新しい製品の登場です!

焚き火台の機能をプラスした1台2役の焚き火トライポッド「ビッグファイアクレードル

気になる仕様などを調べてみました。

スポンサーリンク
もくじ

ビッグファイアクレードル

BIG FIRE CRADLE3

Quotation: DOD

ビッグファイアクレードルは、トライポッドに焚き火台の機能をプラスしたもので、ファミリーやグループで焚き火を囲んでの食事などに活躍しそうですね。

気になる仕様は以下の通りです。

仕様

BIG FIRE CRADLE9

Quotation: DOD

カラー ブラック
希望小売価格 オープンプライス
サイズ (約)W820×D620×H1220(880)mm
収納サイズ (約)直径90×長さ500mm
重量(付属品含む) (約)1.3kg
静止耐荷重 フック:20kg
焚き火網:5kg
材質 アルミ合金
付属品 キャリーバッグ、取扱説明書
その他特徴 焼き網サイズ:(約)W650×D565mm
フックの長さ:800mm
※製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合もあります。

トライポッドの本体重量が1.3kgに対して、静止耐荷重がフック20kg、焚き火網5kgもあります。見た感じ脚が細く感じたので、正直もう少し静止耐荷重が少ないと思っていました。

特徴

BIG FIRE CRADLE4

Quotation: DOD

様々な特徴がありますが、主立った特徴をまとめてみると…

組み立てがボタン式

BIG FIRE CRADLE10

Quotation: DOD

トライポッド本体はポールを引き伸ばすだけで組立完了。初心者や女性でも簡単に組み立てることができる構造です。

最初は「ボタン式って???」と思いましたが、カメラの三脚のような構造で、ポールにボタンがついており、それが伸ばした際にストッパーになる感じです。

高さ調整可能

BIG FIRE CRADLE5

Quotation: DOD

トライポッドの高さは88cm/122cmと2段階に調整ができます。

※88cmに設定した場合は焚き火網を取り付けることができなくなります。

焚き火スペースは特殊耐熱メッシュを採用

BIG FIRE CRADLE6

Quotation: DOD

焚き火スペースは超軽量で場所を取らない特殊耐熱メッシュを採用し、これによって収納もかさ張りません。通気性にも優れており細かい網目で火が落ちにくくなっています。

フックチェーン長さを自由に調整できる

BIG FIRE CRADLE7

Quotation: DOD

焚き火網の火力を調整する場合や、吊り下げる鍋の大きさに合わせてフックチェーンの長さを自由に調整ができます。

フックの静止耐荷重量は20kg

BIG FIRE CRADLE8

Quotation: DOD

フックの耐荷重は20kg、メッシュ網は5kg。ファミリーキャンプやグループキャンプなどの食事や団欒の際にトライポッドや焚き火台として活躍することでしょう。

価格 & 発売時期

価格:オープンプライス

発売時期:未定

2017年4月4日現在

あとがき

ダッチオーブンなどを使用した料理をするのに、大変便利なトライポッドですが、それに焚き火台の機能がついたビッグファイアクレードル。

焚き火台機能には、特殊耐熱メッシュを採用しているため、収納もコンパクトで軽いためファミリーキャンプやグループキャンプだけでなく、ソロキャンプの焚き火などにも使えますね!

スポンサーリンク
Facebookアカウントでコメントする