キャンプ飯

キャンプで自家製ベーコンを作成!大自然の中で燻製してみませんか

先日作成した自作ダンボールスモーカーを早速キャンプに投入して初燻製

大自然の中で、初燻製にて初の自家製ベーコンを作成しました。

意外と仕込む日数はかかりますが、完成した際は喜びもひとしおです!

作り方もいろいろとあるかと思いますが、私がやった方法を解説致します。

RICOH THETA SC2 バナー
スポンサーリンク

自家製ベーコンの作り方

今回はキャンプの7日前から仕込みを開始する方法を取りました。

材料

今回自家製ベーコンを作成の際に使用した材料です。

  • 豚バラ肉:700g (今回はこの大きさにしてみました)
  • 血抜き用塩:70g (肉に対して10%ぐらい)
  • 塩漬け用塩:25g (肉に対して3.5%ぐらい)
  • ハーブミックス:適当 (これでもかというくらい)
  • 砂糖:大さじ2杯くらい (漂白されていないもの)
  • 粗挽き黒胡椒:適当 (これでもかというくらい)

豚バラ肉

ベーコン2

精肉店へ行ってバラ肉を700g購入してきました。

血抜き(キャンプ7日前)

豚バラ肉の重量の約10パーセントの塩を肉にふり、まんべんなくこすりつけます。今回は肉700gなので、塩を70gを使用しました。

そしてジップロックに入れて、冷蔵庫に入れます。この際に、約1kgぐらいの物を重しとして豚バラ肉の上に乗せました。

約半日経ったら上下を逆にして、もう半日重しを乗せて冷蔵庫保管します。

ベーコン3

合計一日経ったら、水で洗い流します。

この際、結構薄まった血が出てきます。

塩漬け(キャンプ6日前)

豚バラ肉の重量の約3.5パーセントの塩と大さじ2杯くらいの砂糖(漂白されていないもの)を混ぜて肉に、まんべんなくこすりつけます。

ベーコン4

続いて、ハーブミックスをこれでもかというくらいこすりつけました。

とどめに黒胡椒を粗挽きでまんべんなくこすりつけ、これをジップロックに入れて冷蔵庫で保管します。

一日経ったら「美味くなれよ、このヤロウ!絶対だからな…」と言う言葉はかけずに、「美味しくなってね!」と心から言葉をかけましょうw

そして、モミモミしながら表裏を逆にして一日置きます。

それの繰り返しを約6日間続けました。

端から見たら危ない人に見えるはずですw

 

塩抜き(キャンプ前日)

ベーコン5

3時間流水で洗い流します…というのは、経済的にキツいので、水をボールに貯めてそこへ約1時間チョロチョロの流水を入れる方法を取り、何回かボールに貯めた水を入れ替える方法を取りました。

調べたところ、ここでよく塩を抜いておかないと塩っぱくなってしまうとのことです。本来は少し切って焼いて味見をした方がいいとのことですが、私は時間の都合上次の行程の乾燥に移りました。

乾燥(キャンプ前日)

ベーコン6

次に乾燥です。

キッチンペーパーでよく拭き取り吊って乾燥させたいところですが、この時は3月でしたが沖縄は既に20℃を越しているので、干しての長時間乾燥ができないため、皆さんがよく使ってらっしゃるピチットシートを使おうと、大きめのスーパーに行きましたが取扱いがありませんでした。

ホームセンターにも見に行ったのですがなく、今回はこちらで代用を…

ベーコン7

本当に美味しくなるんだろうな…w

ちょうど一枚で全面覆うことが出来たので、そのまま冷蔵庫で約8時間放置しました。

ベーコン8

当日、そのままジップロックに入れてクーラーボックスで保管して、キャンプ場へ…

風乾(キャンプ当日)

ベーコン9

風乾用に買ったドライネットに、スモークエッグ用のゆで玉子と一緒に入れて風乾を行ないました。

この時は、テントとタープを張ってから風乾を行なったので、実質1時間程しかできていません。

 

温燻

風乾した豚バラ肉を、自作ダンボールスモーカーでまずスモークウッドを入れずに温乾するのですが、ダンボールのスモーカーのため直接火が使えませんので、BBQ用に木炭の火起こしをしていたため、その一つをスモーカーのトレイの上に置きました。

その後約1時間待ち、続いてスモークウッド(サクラ)を入れて温燻しました。

ここまでスムーズにいったように見えますが、とんでもないアクシデントが…

ベーコン11

自作ダンボールスモーカーの一番上の網と、油受け網の長さが豚肉の長さより短かったという事実が、吊ってから判明。全くそんなこと頭に入れていなかったもので…

切って吊る方法もありましたが、長いベーコンを作りたかったので、今回はダンボールスモーカーの網位置を変更することにしました。

ダンボールスモーカーでよかった(^^;)

ベーコン10

約3時間程温燻しました。

夕食のBBQは終了していたので、出来上がったベーコンはクーラーボックスに入れて、翌日朝に食べることにします。

実食

BLTサンド

ベーコン12

なんかいい感じにできました。(自画自賛w)

ベーコン13

自家製ベーコンとレタスとトマトでBLTサンドを作成しました。
ベーコンと一緒に作成した自家製スモークエッグも入れました。

ベーコン14

自画自賛ですが、自分で作ったからその辺もあってかめっちゃ美味い!

アスパラベーコン炒め

自家製BLTサンドとは別に、アスパラベーコン炒めも作成しました。

fan5duo6

もちろんfan 5 duoを使用して!

ベーコン15

こちらも美味かったですが、少々塩気が強いかなという感じでした。

量が結構あったため、クーラーボックスに入れ自宅に持ち帰り、日をおいて食べると塩気が和らぎ、更に美味しくなっていました。

ベーコンは作り立てよりも、少し冷蔵庫で寝かした方が美味しくなるということを学びました。

あとがき

初燻製でベーコンはハードルが高かったですが、やっていて楽しかったです。

今回実際にやってみて、肉の長さは測っておくべきだと思いました。

自作のダンボールスモーカーではなく、販売されているインスタントスモーカーなど小さめのスモーカーでも同じことが考えられます。

肉を短くすればええやんって話なんですが…(^^;)

あとベーコンは作った次の日よりも、少し冷蔵庫等で一旦冷やして熟成させた方が美味しいということがわかりました。

特に塩の加減が作った初日よりも、3日後ぐらいの方が落ち着きました。

初日に食べるよりも、2〜3日後の方が美味しいです!

自然の中で作る自家製ベーコンは、とても楽しく美味しかったので、是非おすすめします!

スペアリブ
BBQスペアリブをキャンプで簡単にすばやく作るレシピ

続きを見る

なっちゃってカルボナーラ7
メスティンでパスタ!なんちゃってカルボナーラの調理法!

続きを見る

赤貝炊き込みごはん5
メスティンで炊き込みご飯を!赤貝の缶詰で炊き込みご飯を調理!

続きを見る

RICOH THETA SC2 バナー
この記事も読まれています

いいね!をクリックすると
Yosocam 最新情報を
お届けします!

是非お試し下さい

Twitterでフォローしてみませんか?

-キャンプ飯

© 2020 Yosocam (よそキャン)

もくじ